logo

第3四半期のビジネス用スマホ出荷は好調、タブレット販売は下落 Strategy Analytics

Strategy Analytics 2016年12月21日 13時13分
From 共同通信PRワイヤー

第3四半期のビジネス用スマホ出荷は好調、タブレット販売は下落 Strategy Analytics

AsiaNet 66956 (1648)

【ボストン2016年12月21日PR Newswire=共同通信JBN】
*2016年第3四半期のグローバルなビジネス用スマートフォン出荷台数は1億1220万台に。ビジネス用タブレットは1680万台と低調

2016年第3四半期のビジネス用スマートフォン販売は堅調な売れ行きを示した半面、ビジネス用タブレット市場は市場の飽和状態と製品ライフサイクルの長期化のため引き続き低調だった。第3四半期のBusiness Smartphone Quarterly Tracking(リンク )および同Global Business Tablet Quarterly Tracking(リンク )によると、世界のビジネス用スマートフォンの出荷は2016年第3四半期に前年同期比19.4%増の1億1220万台に達したのに対し、ビジネス用タブレット市場は前年同期の1930万台から12.9%減の1680万台に減少した。

Logo - リンク

シニアアナリストでStrategy Analytics Mobile Workforce Strategies(MWS)の著者、ジーナ・ルック氏は「ビジネス用スマートフォンは、アジア太平洋地域、中東、アフリカで多数のビジネスユーザーがiPhone7の発売に合わせてスマートフォンを購入したことにより成長が改善した。2016年第3四半期は、AndroidとiOSデバイスが世界のビジネス用スマートフォン出荷の99.5%を占め、Windows 10スマートフォン出荷は引き続き低調で、Blackberryは自社のスマートフォン製造からの撤退を発表した」と指摘している。

Strategy Analyticsの企業リサーチ担当執行ディレクターであるアンドリュー・ブラウン氏は次のように述べている。「2016年第3四半期におけるビジネス用タブレットの販売はがっかりする結果だった。Appleとサムスンはビジネス用タブレット市場をリードしてはいるもののiOSタブレットは前年同期比20.4%減となり、Androidビジネス用タブレットの出荷は同14.1%減となった。唯一プラス面はマイクロソフトで、Windowsタブレットの出荷が前年同期比10.8%増になった。Windowsタブレットのシェアは、新しいモデルが従来のPC販売店で発売されたため改善し続けている。これによって従来のビジネス用ノートブック型PC市場が浸食されてはいるが、ビジネス環境としては他のベンダーもWindowsが主流になっている顧客環境に進出しようとこれまで以上に奮闘していることも示している」

▽Strategy Analyticsについて
Strategy Analytics, Inc.は、新興の技術、モバイル、ワイヤレス、デジタル消費者、車載エレクトロニクス企業向けのアドバイザー・サービス、コンサルティング、実行可能な市場インテリジェンスによって競争力を提供する。Strategy Analyticsは北米、欧州、アジアにオフィスを構え、企業が成功する知見を提供する。www.StrategyAnalytics.com

▽問い合わせ先
Gina Luk
+44(0) 1908 423 632
gluk@strategyanalytics.com

別の問い合わせ先
Andrew Brown
+44(0) 1908 423 630,
abrown@strategyanalytics.com

ソース:Strategy Analytics

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事