logo

2017年版「ユネスコ世界遺産カレンダー」アプリの提供を開始~パナソニックがユネスコと共同制作

パナソニック 2016年12月20日 15時00分
From PR TIMES



[画像: リンク ]


ユネスコ世界遺産センターとパナソニック株式会社は、パソコンやタブレットに対応する「2017年版ユネスコ世界遺産カレンダーアプリ」を、日本語、英語、フランス語、中国語およびスペイン語の5カ国語で、2016年12月20日(火)より提供を開始しました。

「2017年版ユネスコ世界遺産カレンダーアプリ」をパソコンやタブレットにインストールすることで、2015年に修復が完了した姫路城や人気のアントニ・ガウディの作品群など、厳選された12の世界遺産登録地が登場する写真入りカレンダーが利用できます。

「ユネスコ世界遺産カレンダー」2017年版 ダウンロードはこちらから
▼PC用:
リンク

▼iPad用 / Android用:
リンク

ユネスコとパナソニックは、世界遺産保護を通じた環境教育を目的に、1995年から壁掛けカレンダーを制作、また2010年からはPC用、iPad用 / Android用を加え制作しています。これらのコンテンツは、特にユネスコスクール(世界180カ国、9,000校)を中心としたユース向けの教育を目標として開発・提供しており、今後もさらにコンテンツの充実をはかってまいります。

▼パナソニック ユネスコ世界遺産カレンダーサイト
リンク

■「2017年版ユネスコ世界遺産 壁掛けカレンダー」ネット販売
販売元:パナソニックのショッピングサイト「Panasonic Store」
販売期間:2017年1月末日まで
リンク

【お問い合わせ先】
パナソニック株式会社 ブランドコミュニケーション本部
宣伝部 企業宣伝室 コーポレート宣伝課
カレンダー事務局 whc_corporate_calendar@ml.jp.panasonic.com

<関連情報>
・パナソニックの広告・スポンサー活動
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。