logo

地元密着型のクラウドファンディング「まちくるファンド仙台」がスタート!

まちくる仙台 2016年12月20日 11時00分
From PR TIMES

全国から「仙台・東北」を応援してくださるサポーターを募集中です!

まちくる仙台(まちくる仙台は仙台市中心部商店街活性化パートナーシップ準備協議会の事務局の運営をしています)は11月28日(月)から独自のシステムを構築したクラウドファンディング・プラットフォームをスタートさせました。現在、3つのプロジェクトが挑戦中です。今後も、仙台・東北の賑わい創出や新名産が生まれるプロジェクトをサポートしていきます。



[画像1: リンク ]


「まちくるファンド仙台」
リンク

仙台はもともと全国でも市民活動が盛んな地域であり、市民の発意による様々なイベント等の取り組みが力強く進められています。

「まちくるファンド仙台」は、仙台市中心部商店街の活性化を目的としていますが、さらに広く市民による活動をも後押しし、仙台や東北全体の賑わい創りのために活用されることを目指していきます。

また、仙台市中心部商店街(仙台朝市商店街、仙台駅前商店街、本町商店街、ハピナ名掛丁商店街、クリスロード商店街、マーブルロードおおまち商店街、サンモール一番町商店街、ぶらんど~む一番町商店街、一番町四丁目商店街)と協力し、商店街のアーケード空間などのリアルな場所をPRやマーケティング、もしくはイベントを実施する場所として活用することができるという、ネットとリアルを融合した仕組みであり、これが通常のクラウドファンディングと比較した他にはない強みでもあります。

「仙台のまちなかをみんなでもっと過ごしやすく、楽しくしよう」「仙台の元気を東北全体に届けよう」「将来の仙台・東北を創っていく人を応援しよう」といった熱い熱いハートを持つ方をみんなで応援するための取り組みです。仙台のまちなかの魅力を高め、元気にして、これを東北全体へ届け、東北全体が元気になることで、さらに仙台のまちなかが元気になる、こういった好循環を創っていきたいと願っています。
[画像2: リンク ]

■ 「まちくるファンド仙台」の4つのテーマ
(1)起業支援
新規店舗や新事業・新商品販売を始めたい方を、「まちくるファンド仙台」を通じて応援し、本格事業実施前の実践的な機会を提供していきます。

(2)来街環境改善
買い物などの利用者が多い仙台市中心部商店街において、利便性、快適性、安全性の改善ニーズに応えていきます。

(3)賑わい創出
来街者が本当に求めているサービスやたのしみを、新たな魅力として付加していき、まちの魅力を高めます。

(4)地域資源活用
地域産品や地域資源を活用し、当該エリアオリジナルの新たな商品の開発や普及を行うことで、地域の魅力アップを図ります。


■ 現在、挑戦中のプロジェクト

[画像3: リンク ]

【保護猫支援!仙台市中心部で猫イベントを開いて保護活動の周知・支援につなげたい】
杜の都、猫の都。地域猫、保護猫についてもっと伝えたい。知ってほしい、考えていきたい。仙台市で猫フェスタを開催したい!
リターン例:描き下ろしポストカード、オリジナルステッカー、3月オープン予定のカフェで使えるドリンク無料券
リンク


[画像4: リンク ]

【女川で育てた柚子を活用した「柚子ソーセージ」をつくり新たな宮城の銘品にしたい!】
新たな1次産業“柚子農園”を運営し、そこから生まれる加工品をつくるプロジェクト。
リターン例:柚子を使ったソーセージ200g、柚子を使ったミートローフの詰め合わせ
リンク


[画像5: リンク ]

【外国人視点で、仙台まちなかの魅力を外国人にも伝える英語のフリーペーパーをつくりたい!】
2016年5月から運用している外国人向け情報ウェブサイト「Sendai Motions」のフリーペーパー版制作プロジェクト。
リターン例:完成したフリーペーパー版「Sendai Motions」創刊号、取材協力してくれたお店からセレクトしたミニギフト、取材チームが企画するSendai Motions Tourにご招待
リンク


■ まちくる仙台
仙台駅からすぐ近く、仙台市中心部に拠点を構え、仙台市中心部商店街の活性化と賑わいづくりを応援するとともに、将来のまちの担い手となる起業家支援に取り組んでいます。イベントの実施やWebサイトによる商店街の情報発信などを行っています。
リンク
[画像6: リンク ]

■ 仙台市中心部商店街活性化パートナーシップ準備協議会
平成22年に策定された「仙台市中心部商店街将来ビジョン」に基づき、仙台市中心部商店街が相互に連携し、活性化に資する事業活動を行うことにより、中心部商店街の魅力を発信し、賑わいを持続し、自立的に発展していくための新たな組織として設立しました。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事