logo

Black Hat Asiaが堅固な情報セキュリティー研究ラインアップでシンガポールに帰還

Black Hat 2016年12月19日 16時13分
From 共同通信PRワイヤー

Black Hat Asiaが堅固な情報セキュリティー研究ラインアップでシンガポールに帰還

AsiaNet 66932(1641)

【サンフランシスコ2016年12月19日PR Newswire=共同通信JBN】
*モバイルデバイス、トランジット・スマートカード、人気の電子メールクライアントなどに関連する脆弱性がテーマ
*2017年1月27日までに申請すれば、ブリーフィングパスの約500シンガポールドル節約

世界をリードする情報セキュリティー・イベントのBlack Hatは19日、Black Hat Asia 2017のブリーフィング第1弾のラインアップを発表した。追加されるプログラムは近く発表される。シンガポールに帰還するこのイベントは、世界で最も名高い情報セキュリティーの専門家と研究者を結集し、2日間の技術的なトレーニング、次いでApplied Securityの新たな軌跡を含むきわめて有益な2日間のブリーフィングを実施する。今年の世界レベルの講演陣はモバイルハッキング、マルウエア対策、リバースエンジニアリング、暗号などのテーマを取り上げる。Black Hat Asiaは2017年3月28日から31日まで、シンガポールのマリーナベイ・サンズで開催される。

Photo - リンク

詳しい情報および1月27日までの早割利用はblackhat.com/asia-17/ を参照。

▽これまでに固まったBlack Hat Asia 2017のプログラム概要
*モバイルハッキング:ユーザーの操作なしにiOSサンドボックスをバイパスしリモートWiFi経由でiOSデバイスを悪用(リンク )、ひもなしの9.0-9.3.x脱獄(untethered 9.0-9.3.x jailbreak)の挑戦考察(リンク )、下層の攻撃ベクトルを観察してAndroidプラグイン技術で基本的なセキュリティー問題を研究(リンク

*人気の韓国トランジット・スマートカードに侵入:サイドチャンネル攻撃で暗号機能をエンベデッドし、違法充電やプロフィール情報取得を可能にする

*電子メールクライアントの悪用:電子メールクライアント(リンク )および攻撃者のユーザー機密情報アクセスを許しかねないソフトウエアサービスの深刻な脆弱性を暴露

*自動診断調査:オープンソースPythonのUnified Diagnostic Services(統一診断サービス、UDS)スタック(リンク )を紹介してその機能を実演

現在の2017年プログラム・ラインアップおよびプレゼンテーション要約は以下で閲覧可能。
blackhat.com/asia-17/briefings.html

▽教室型コースのBlack Hat Trainings
Black Hat Asiaはブリーフィングに先立ち、業界最高頭脳の一部が指導する2日間の高度に技術的で実践的なトレーニングコースを開く。今年のトレーニングはインフラハッキング、侵入テスト、マルウエア分析などのテーマに及んでいる。ラインアップに関する情報、および1月27日以前の選択コース申込みで200シンガポールドルを節約するには以下を参照。
blackhat.com/asia-17/training/index.html

▽Black Hat Arsenalを実演、Call for Toolsの受け付けは2月6日締め切り
Black Hat Arsenalが高い人気のツール、デモエリアとともにシンガポールに戻り、オープンソース・コミュニティーの最新の進展を展示する。Call for Tools (CFT)は現在も受け付けているので、2月6日までに必ず申請を。詳しい情報と申請は以下参照。
blackhat.com/asia-17/arsenal-overview.html

▽Black Hat Asiaの後援社
Black Hat Asia 2017の主要後援社はダイヤモンドスポンサーのQualys、Tenable Network Security、プラチナスポンサーのCylance、SentinelOne、CrowdStrike、ゴールドスポンサーのMalwarebytes、Rapid7、Solida Systemsなどである。後援に関する詳しい情報と参加企業一覧は以下参照。
blackhat.com/asia-17/sponsors.html

Black Hatのフォロー:
*Twitter: twitter.com/BlackHatEvents- hashtag #BlackHat
*Facebook: facebook.com/blackhat
*LinkedIn: linkedin.com/groups?home=&gid=37658
*Flickr: flickr.com/photos/blackhatevents/

▽将来のBlack Hatイベント日程
*Black Hat USA 2017:2017年7月22-27日、米ネバダ州ラスベガスのマンダレイ・ベイ
*Black Hat Europe 2017:2017年12月4-7日、英国・ロンドン

▽Black Hatについて
Black Hatは19年以上前から、参加者に情報セキュリティー研究、開発、トレンドに関する最新情報を提供してきた。注目を浴びるグローバルなイベントとトレーニングはセキュリティーコミュニティーのニーズによって後押しされ、業界最高頭脳の結集を目指している。Black Hatはすべてのキャリアレベルのプロフェッショナルを刺激し、公共・民間部門の学者、世界レベルの研究者、リーダーの成長とコラボレーションを促す。Black Hatのブリーフィングとトレーニングは毎年、米国、欧州、アジアで開催されている。詳細はウェブサイトblackhat.comを参照。Black Hatは、Events Firstのマーケティングおよびコミュニケーション・サービス企業のUBM plc(UBM.L)の傘下にあるUBM Americaが主催する。詳細はリンク を参照。

ソース:Black Hat

▽問い合わせ先
Kimberly Samra
Black Hat PR
BlackHatPR@ubm.com
+1-415-947-6362

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事