logo

シャノン、組織階層で分断しているマーケティングをつなぐために「ゴール機能」を発表



株式会社シャノン(代表取締役社長:中村健一郎/本社:東京都港区、以下シャノン)は、国内マーケティング管理市場で6年連続シェア1位(*1)のマーケティングオートメーションツール「SHANON MARKETING PLATFORM(以下SMP)」に、マーケティングKPIの管理・活用ができる「ゴール機能」を搭載することを発表します。ゴール機能は、商談数、資料請求数、リード獲得数などのマーケティングKPIの登録から、登録されたKPIのリアルタイム予実管理と着地予測、さらには条件到達者の行動データを使った要因分析等が可能になります。なお、同機能は2017年2月より提供を開始いたします。

*1 出典:ITR「ITR Market View:マーケティング支援市場2013~2016」売上金額ベースでの2010年度~2015年度 (予測)シェア


【提供の背景と概要】
マーケティングに対する認識は、組織階層で断絶している
マーケティングのデジタルシフトや購買行動の変化など、困難な状況に対して、マーケティング責任者はさまざまなチャレンジをして成果の向上に取り組んでいます。

しかしながら、経営層はビジネス全体の成果の中でマーケティングが果たしている役割をうまく捉えることができていない状況が見受けられます。


[画像1: リンク ]


この問題に対応するには、

1.ビジネスのゴールを描く
2.ゴールと現状とのギャップを知る
3.課題の優先度を整理する
4.課題解決施策とKPIを設定する
5.実行
6.リアルタイムにKPIを測定して改善する

というように、きちんとビジネスのゴールを描いてから、それを実行に落としていく「ゴールドリブン」な課題解決アプローチが必要になります。


マーケティングデータの見える化を進めてもマーケティング成果は見えない
マーケティングオートメーションなどのデジタルツールにより、マーケティングデータの見える化は進んでいます。そのような中、メールのCTRやCVR、SNSのエンゲージメント、広告のアトリビューションなどのデータを日々意識しながらマーケティング活動を実施しているマーケターが増えてきています。

しかし、マーケティング部門が感じているマーケティング費用対効果の悩みは解決したとは言い難い状況です。

事実、シャノンが毎年実施しているアンケートをまとめた「国内BtoBマーケティングの現状と課題レポート」によると、3年連続で「マーケティングの成果が見えない」が3年連続で課題のトップに選ばれています。

[画像2: リンク ]

※ シャノン 「国内BtoBマーケティングの現状と課題レポート2016」より抜粋

これは、CTRなどの細かいマーケティングデータは見えるようになっても、それがマーケティングゴールと結びついていないことが原因です。昨日送信したメールのCTRはわかっても、それが商談の獲得にどのように影響するのか? という肝心の成果が見えないのです。

「マーケティングデータは見える」のに「マーケティング成果が見えない」という状況を改善するには、マーケティングデータをマーケティングゴールに紐付けることが必要不可欠です。


月次集計によるPDCAサイクルでは改善スピードが遅すぎる
マーケティングを取り巻く環境は急速に変化しており、ますます素早い改善サイクルを求められるようになっているにもかかわらず、まだまだ多くの企業ではマーケティングKPIの集計は月次で行っています。その結果、目標未達がわかったときにはすでに修復が不可能であったり、改善のスピードが上がらないという状況になっています。

素早く改善サイクルを実行して目標を達成し続けるためには、KPIをリアルタイムに把握することが不可欠です。


【シャノンが提供する「ゴール機能」とは】
以上のような状況を改善するために、シャノンは「ゴール機能」を開発しました。ゴール機能は、商談数、資料請求数、リード獲得数などのマーケティングKPIの登録から、登録されたKPIのリアルタイム予実管理と着地予測、さらには条件到達者の行動データを使った要因分析等が可能になります。

[画像3: リンク ]

※ 画面は開発中のものであり予告なく変更する場合があります。

シャノンのゴール機能をご利用いただくことで、クラウド上でマーケティングKPIの予実管理を実現し、マーケティングに関わるすべてのメンバーが共通の指標、認識をもってコミュニケーションをとることが可能になります。

また、各数値情報はリアルタイムに更新されるため、目標値に未達が予測される場合に迅速なリカバリプランの検討と実施が可能になります。

ダッシュボード上では、ゴール条件に到達した見込顧客や顧客が閲覧していたウェブページやメール、セミナー、キャンペーンが分かるビジュアルレポートが提供されるため、マーケティング施策がゴールに貢献しているのかが直感的に理解できます。

これらのゴール機能を通じて、シャノンは、マーケティング実務者・管理者から経営層まで、幅広い階層の方々が共通のゴールを設定し、マーケティング成果の最大化に向けて相互協力できる環境をご提供いたします。また、今後も企業のマーケティング活動に関わる方々の本質的な問題をご支援し続けることをお約束いたします。


【シャノンマーケティングプラットフォームについて】 (リンク
マーケティングオートメーションと統合データ管理・活用を実現するクラウドアプリケーションです。申込フォームや告知サイトの作成、セミナー/イベントでの申込・来場管理、キャンペーン運営業務やメール配信など、マーケティング業務全般の一元的な実施・管理を実現します。オンライン・オフラインを問わず、行動履歴を自動で見込み客データと紐づけて蓄積データの管理を一本化。属性や履歴を横断したリードの検索・抽出やスコアリング機能でリード評価の品質を向上させることにより、商談機会の創出に貢献します。データを可視化する標準ダッシュボードも搭載。データ分析、共有環境やABMを実現し、セールスと連携した企業のマーケティング支援行うプラットフォームです。

【株式会社シャノン】
シャノンは、クラウドテクノロジーをコアに、企業のマーケティング活動をサポートする製品・ソリューション・サービスを提供しています。イベント・セミナー運営やマーケティング業務の効率化・自動化や、見込み客管理の最適化などを実現するシャノンの製品・ソリューション・サービスは、国内における導入実績数960以上、キャンペーン実績数22万以上で、大規模イベント・展示会からマーケティング統合管理まで多様なシーンでご利用いただいています。

会社名 : 株式会社シャノン
所在地 : 東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル4F
代表者 : 代表取締役社長 中村 健一郎
設 立 : 2000年8月25日
UR L : リンク
事業内容 : 1 クラウド型マーケティングソリューションの企画・開発・販売・サポート
      2 マーケティングに関わるコンサルティングおよびサービスの提供

■お問合せ
株式会社シャノン マーケティング企画室 長崎
TEL 03-6743-1565 FAX 03-6673-4302  E-mail marketing@shanon.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。