logo

Gemini Rosemont、シアトルのオフィスビルOne Twelfth @ Twelfthを取得

Gemini Rosemont Commercial Real Estate 2016年12月19日 10時54分
From 共同通信PRワイヤー

Gemini Rosemont、シアトルのオフィスビルOne Twelfth @ Twelfthを取得

AsiaNet 66876(1625)

【サンタフェ(米ニューメキシコ州)2016年12月14日PR Newswire=共同通信JBN】
*シアトルのサブマーケットはオフィス用途で持続的成長へ

商業オフィススペース約1360万平方フィートを持つ大手不動産投資会社のGemini Rosemont,LLCは、米ワシントン州ベルビューのシアトル・サブマーケットで3棟のオフィスビル群、One Twelfth @ Twelfthを取得した。

Photo-リンク

このクラスAのオフィスビル群の取得によって、Gemini Rosemontは賃貸スペースを48万389平方フィート増やし、保有資産は全米20州の67物件、109棟になった。

Gemini Rosemontは香港証券取引所上場の投資会社Gemini Investmentsと提携し、このオフィスビル群を購入した。取得価格は未公表。

Gemini Rosemontのマイケル・マホニー最高経営責任者(CEO)は「保有資産にOne Twelfth @ Twelfthを加えたことは、米西部で事業を広げたいというGemini Rosemontの願いを支える。シアトル・ベルビュー大都市統計圏(MSA)は多彩な産業が立地する魅力的な職住娯楽のコミュニティー。高い技術と学歴の労働力がここを住む場所に選ぶことで、オフィスセクターの力強い拡大をサポートしている。近い将来ピュージェット湾地域で別の物件の取得を予定している」と話した。

2016年にGemini Rosemontが取得したオフィスビルはこれが3件目になった。11月前半にはローリーダーラムで6階建て13万1976平方フィートのSouthCourtオフィスビルを、4月にはサンディエゴのダウンタウン、リトルイタリーで19階建て17万7489平方フィートの610 West Ashオフィスタワーを購入している。

Gemini Rosemont最高執行責任者(COO)兼最高投資責任者(CIO)のドン・ヘンリー氏は「投資の観点から見てOne Twelfth @ Twelfthは完全な物件。われわれが投資家向けにターゲットにしてきた躍動的なサブマーケットに立地する完全リースの物件だ。安定した利益リターンを生むだけでなく、その立地と成長過程によって資産価値が高まる可能性もある」と語った。

LEEDゴールド認証を受けたオフィスビル群は、イーストサイド主要交通幹線であるインターステート405号線に沿っており、便利なアクセスとハイウエー景観を提供する。2001年の建築で、高級オフィススペースと、大きくて効率的なフロア設計、建物内外のアメニティー施設、市場平均を上回る駐車場比率、優れた交通アクセスと景観が特徴だ。

Gemini Rosemontの物件取得担当シニア・バイス・プレジデントのジエイソン・キュースター氏は「One Twelfth @ Twelfthでは幾つか賢い投資ができると確認した。それはテナントが使いやすくなるポイントとして、建物のアメニティー施設を改善することや、共用中庭の活用などだ」と指摘した。

今回の取引を仲介したのは、マネジング・ディレクターのジェイソン・フリン氏、シニア・バイス・プレジデントのケイルン・マクルア氏、バイスプレジデントのリード・レーダー氏のEastdil Securedチームだった。

この物件はKG Investment Properties地域ディレクターのジョシュ・シアラー氏を中心に、現地ではシニア・プロパティー・マネジャーのショーン・ギルソン氏(電話425-559-3024)が管理する。リース業務はBroderick Groupのグラント・ヤーク氏(電話425-646-5264)とジェフ・ワトソン氏(電話425-646-5264)担当する。

ソース:Gemini Rosemont Commercial Real Estate

▽問い合わせ先
Jeanne Hasenmiller
+1 (602) 714-9338
JHasenmiller@GeminiRosemont.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。