logo

GMOインターネット:ブロックチェーン上に分散型アプリケーションが構築できるPaaS型のブロックチェーンプラットフォームを開発

GMOインターネットグループ 2016年12月16日 12時05分
From PR TIMES

~「Z.com Cloud」と「ConoHa byGMO」でβ版を無料で提供開始~



2016年12月16日
報道関係各位

GMOインターネット株式会社
=======================================================
ブロックチェーン上に分散型アプリケーションが構築できる
PaaS型のブロックチェーンプラットフォームを開発
~「Z.com Cloud」と「ConoHa byGMO」でβ版を無料で提供開始~
=======================================================
 GMOインターネット株式会社(以下、GMOインターネット)は、ブロックチェー
ン技術を活用したサービスの普及を図るべく、イーサリアム(※1)を利用し
てブロックチェーン上に分散型のアプリケーション(Decentralized Apps:
以下、DApp)を構築できる、PaaS型のブロックチェーンプラットフォームを
開発いたしました。本日2016年12月16日(金)より、企業向けクラウドプラッ
トフォーム「Z.com Cloud」およびVPSサービス「ConoHa byGMO」より、それ
ぞれ「Z.com Cloud ブロックチェーン」、「ConoHa ブロックチェーン」とし
てβ版を無料で提供いたします。

(※1)イーサリアム(Ethereum)とは、ビットコインの次に時価総額が大き
   い仮想通貨「イーサ(Ether)」での取引を行える、ブロックチェーン
   プラットフォーム。ビットコインと異なり、スマートコントラクト
   (契約)の実現やDAppの構築ができるといった特長を持つ。


------------------------------------------------
【ブロックチェーンプラットフォーム開発の背景】
------------------------------------------------
 ブロックチェーンは、仮想通貨の一つであるビットコインの中核技術とし
て考案された、データを複数のコンピューター(ノード)に分散して記録・
保持する技術です。複数のノード間でデータを相互に監視するP2P(※2)方
式により、「改ざんできない」「消えない」「停止しない(ゼロダウンタイ
ム)」環境を低コストで実現できるとして注目されており、実際にビットコ
インは2009年から7年間、取引の改ざん・停止なく記録・保持され続けています。
 最近では、世界の大手ITベンダーや金融機関などを中心に、ブロックチェー
ン技術を用いた開発プロジェクトが進行しており、その一環として、イーサ
リアムのようなオープンソースのブロックチェーンプラットフォームも稼動
しはじめています。イーサリアムは以下の特長を持つことから、金融業界に
とどまらず、物流やIoT、公文書の保管などでの応用が期待されており、様々
な企業・団体で研究開発が行われています。

(※2)peer to peerの略で、専用のクライアントサーバーを介さず、接続さ
   れたコンピューター同士で直接通信を行うネットワークシステムのこと。


■イーサリアムの特長
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)スマートコントラクトの実現
----------------------------------------------------------------
 スマートコントラクトとは、予め定められた条件を満たした際に、その契
約(コントラクト)に沿って自動的に実行されるプログラムのことです。作
成したコントラクトをブロックチェーン上に記録しておくことで、「商品の
受け取りが完了した際にAからBに送金する」といったプログラムが自動で実
行されるようになります。契約の実行内容に加え、通貨や権利の移行履歴も
半永久的に記録・公開されるため、透明性が高く、電子コンテンツの貸与や
権利の移行、株式・債権の授受などにも活用が期待されています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2)分散型アプリケーション(DApp)の構築
----------------------------------------------------------------
 イーサリアムを利用することで、ブロックチェーン上に分散型アプリケー
ション(DApp)を構築・運用することができます。これにより、スマートコ
ントラクトと組み合わせることで、取引の中間管理者の介在の必要なく、ブ
ロックチェーン上のみでビジネスフローを公正に回す仕組みを構築できます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 しかし、ブロックチェーン技術は様々な可能性を秘めているものの、実際
にサービスに組み込むには様々な課題があり、ブロックチェーンを利用した
サービスはまだほとんど登場していないのが現状です。そこでGMOインターネッ
トは、ブロックチェーン技術を活用したサービスの普及を強力にサポートす
るべく、より簡単にイーサリアム上にDAppを構築できるPaaS型のブロックチェー
ンプラットフォームを開発いたしました。


------------------------------------------------
【ブロックチェーンの課題を解決する、
PaaS型のブロックチェーンプラットフォーム】
------------------------------------------------
 GMOインターネットが開発したブロックチェーンプラットフォーム(以下、
本サービス)は、イーサリアムの利用における課題を解決し、ブロックチェー
ン上にDAppを構築できるPaaS型サービスです。
[画像: リンク ]


┏━━━┓
┃特長1┃APIによるブロックチェーン付加機能のラッピング
┗━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本サービスでは、ブロックチェーン上に付帯する、以下をはじめとする特
長的な機能を包括してコントロールできるAPIを用意しています。これにより、
複雑なブロックチェーン技術を活用したサービスをより簡単に構築できます。

┏━━━┓
┃特長2┃データのアクセスコントロールが可能
┗━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ブロックチェーンは、P2P方式という特性上、透明性が高く改ざんによる不
正を防げる一方で、記録されたデータが全てのノードにオープンになってし
まうという課題がありました。
 本サービスでは、ブロックチェーンとは別に、機密情報を保管するデータ
ストア(データ格納領域)を設置することで、データストア内に保存したデー
タのアクセスコントロールを実現(特許出願中)。ブロックチェーンの各ノー
ドにはトランザクション(取引)のハッシュ値のみが記録され、データスト
アに保存された機密情報などのデータファイルは、権限を与えられたユーザー
だけが呼び出して閲覧することが可能です。また、ユーザーの権限管理はブ
ロックチェーン上で行われるため、意図しないユーザーへ情報が公開される
ことを防ぐことができます。

┏━━━┓
┃特長3┃ブロックチェーンプロキシを設定可能
┗━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ブロックチェーンを活用したサービスでは、サービスを利用する一般ユー
ザーのコンピューターも、データを記録・保持するノードの1つになります。
そのため、トランザクションやプログラムの実行の度にデータが記録され、
膨大なデータの保存に適していないIoTデバイスなどでは利用しづらいことが
課題となっていました。
 本サービスでは、ブロックチェーン上にプロキシを設定することで、ノー
ドになっていない外部のデバイスからでも、プロキシを経由してノードに接
続できるため、一般ユーザーがノードにならなくてもサービスを利用でき、
IoTデバイスと連携したサービスも構築可能です。

┏━━━┓
┃特長4┃サービス運営者がトランザクション手数料を代払い可能
┗━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 イーサリアムを利用したブロックチェーン上でトランザクションやプログ
ラムが実行される際、「Gas」と呼ばれる手数料を仮想通貨「イーサ」で支払
う必要があります。しかし、一般のユーザーがこうした仮想通貨を購入する
ことはまだ敷居が高く、サービスの利用が敬遠されてしまうことが予測され
ます。
 そこで本サービスでは、サービス運営者が「Gas」手数料を一般ユーザーの
代わりに支払うことができる仕組みを導入。これにより、ブロックチェーン
技術を活用したサービスのさらなる普及を促進いたします。

┏━━━┓
┃特長5┃コントラクトのバージョンアップが可能
┗━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 イーサリアムの特長の1つであるスマートコントラクトでは、一度コントラ
クト(プログラム)をブロックチェーン上に記録すると基本的に変更ができ
ないため、プログラムにバグがあった場合の対応が困難です。
 本サービスは、独自のコントラクト管理システムが構築されているため、
プログラムのバグやフローの変更が発生した場合に、チュートリアルに沿っ
て作業するだけでコントラクトのバージョンアップを行えます。

+--------------------------------------------------+
<本サービスの利用例>
 PaaS型のブロックチェーンプラットフォームを利用することで、以下のよ
うな様々なシーンでの応用が考えられます。
 また、すでに本サービスを利用したIoTサービスの実証実験を行っており、
近日発表する予定です。

・地域通貨や電子クーポンなどの仮想通貨の構築、その取引に基づく再配分
 のコントラクト実行
・閲覧権限のコントロールが必要な機密書類の管理
・IoTデバイスなど様々な機器へのプログラム配布
・ペーパーレスによるチケット販売サービスの効率化、偽造や転売の防止
+--------------------------------------------------+


------------------------------------------------
【サービスのβ版を提供開始】
------------------------------------------------
 本日より、GMOインターネットの企業向けクラウドプラットフォーム
「Z.com Cloud」もしくはVPSサービス「ConoHa byGMO」をご利用の方向けに、
それぞれ「Z.comブロックチェーン」、「ConoHaブロックチェーン」としてβ
版を無料で提供いたします。以下のサービスサイトで詳細をご確認のうえお
申し込みください。

・「Z.com Cloud ブロックチェーン」URL:リンク
・「ConoHaブロックチェーン」URL:リンク

以上

------------------------------------------------
【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOインターネット株式会社 ホスティング事業部 呉
E-mail:info@conoha.jp URL:リンク

●GMOインターネット株式会社 クラウド事業部 本間
TEL:03-5458-8157 FAX:03-5489-1038
E-mail:biz.cloud.jp@z.com
------------------------------------------------
【報道関係お問い合わせ先】
●GMOインターネット株式会社
グループ広報・IR部 石井・島田
TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp
------------------------------------------------

【GMOインターネット株式会社】 (URL:リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
     ■インターネット広告・メディア事業
     ■インターネット証券事業
     ■モバイルエンターテイメント事業
資本金  50億円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2016 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.

■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事