logo

計画立案・パフォーマンス管理のクラウドプラットフォームをグローバルで提供するAnaplanと協業を開始

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 2016年12月16日 10時00分
From PR TIMES

従来の予算・予測システムの数値精度・業務スピード・業務負荷を改善した、計画立案・パフォーマンス管理のクラウドプラットフォーム導入を迅速かつ低コストで実現

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:近藤 聡、以下DTC)は、米Anaplan社の日本法人であるAnaplan Japan株式会社(本社:東京都港区 カントリーマネジャー:中田淳)とサプライチェーン・ファイナンス・IT領域を中心とした協業を開始します。

【協業の背景と狙い】
不確実な経済環境下において、予算・予測管理の重要性は高まっています。しかし、数値精度の低さ、マネジメントや現場と繰り返される調整、膨大なエクセルでの作業などの課題に疲弊している企業は数多く存在します。これらの企業がパフォーマンス管理のためにシステム導入を行うとき、従来のアプローチでは長い期間と大きな初期投資を必要としていました。また実際に運用をしてみると、パフォーマンス管理を可視化するためのデータ加工やグラフ化等に時間がかかる、ユーザビリティが低いシステムになるなどのケースも見られます。
今回、こうした諸課題の解決のため、パフォーマンス管理の改革において実績とグローバル先端事例の経験を有するDTCと、イノベーティブでユーザビリティの高いプラットフォームに定評のあるAnaplan Japanが協業します。両社は業務設計からプラットフォーム導入まで一気通貫でクライアント企業をサポートし、早期に改善効果を体感できるプラットフォーム導入を支援します。

【Anaplanのプラットフォームの強み】
Anaplanは、グローバルで600社以上に活用されているクラウドベースの計画立案・パフォーマンス管理プラットフォームで、本国米国では「Excelキラー」と称されるほど高いユーザビリティが評価されています。
Anaplanは特許取得済みの独自のインメモリデータベースがエンタープライズソリューションに求められる大規模運用やリアルタイム性を実現しています。既存システムの周辺でIT化から漏れていたExcelベースのプロセスをAnaplan化することで、計画立案のサイクルタイムの短縮、マニュアルプロセスからの脱却による生産性向上、着地見通しの正確性向上、リアルタイムでのシミュレーションによる意思決定の高度化などを実現します。
Anaplanは複雑なビジネスプロセスをモデリングする汎用性に優れているため、企業内のあらゆる計画・実績管理業務(予算計画、人員計画、営業計画、マーケティングパフォーマンス管理、需給計画等)をカバーし、なおかつそれぞれの計画業務を連携した統合計画を実現することができます。

【Anaplan 社について】
Anaplan社は米サンフランシスコに本社を置き、ビジネスのスマート化を実現する計画立案・パフォーマンス管理クラウドプラットフォームを16か国に展開しています。2016年1月期には前年比で売上高が100%成長を遂げるなど、近年急成長を遂げ、Forbesの「世界で最もイノベーティブな企業向けソフトウエア会社トップ 10」 の 1 社に選出されています。業界最高の計画及びビジネスモデリングエンジンや予測分析、クラウドでのコラボレーションやビジネスユーザーのための使い勝手の良いインターフェイスを提供しています。

【Anaplan Japanについて】
会社名 :Anaplan Japan株式会社
所在地 :東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル12階
代表者 :中田 淳
設立  :2016年
事業内容:計画立案・パフォーマンス管理クラウドプラットフォームの販売
URL :リンク

【サービスに関するお問い合わせ先】
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
TEL: 03-5220-8600
Email: dtc_performance_management_contact@tohmatsu.co.jp

Anaplan Japan株式会社
TEL: 03-4360-9150

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。