logo

トレーディングデスク事業にてマーケティングデータ統合ソリューション「Datorama」を導入

株式会社PrmaCeed(プレマシード:東京都新宿区、代表取締役 CEO:岩田彰人)は、本社を米国に置くDatorama Japan株式会社(デートラマジャパン:東京都千代田区、代表取締役:布施一樹)の提供するマーケティングダッシュボード「Datorama」を導入いたしました。



トレーディングデスクサービスを展開する株式会社PrmaCeedは、Datorama Japan株式会社の「Datorama」を導入することで、各種広告をはじめとするマーケティングデータの素早い統合・分析を行い、よりスピーディなPDCAサイクルを実現いたします。

ー <Datorama Inc.について> ー
2012年にイスラエルにて創業、米国拠点のマーケティング・アナリティクス企業。創業者は旧MediaMind(現Sizmek)のテクノロジーのリーダーシップを務めたRan Sarig(ラン・サリグ)氏とEfi Cohen(エフィ・コーエン)氏、及びフランスの大手広告代理店Havas digitalのCSOを務めたKatrin Ribant(カトリン・リバン)氏。川下から川上までのデータ・マネジメントと機械学習(AI)技術、高機能なアーキテクチャが組み合った唯一無二のソリューションが、あらゆるマーケティングデータを接続・統合・分析・意思決定することを容易に実現します。数千のトップ企業のマーケティング分析を支え、現在全世界14拠点でビジネスを展開中。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
Datorama Japan 日本語公式ブログ: リンク
ーーーーーーーーーーーーーーーー

当社の提供するトレーディングデスクサービスは、管理画面上のCPAにのみ囚われるのではなく、クライアントのゴールを理解した上での広告運用・プランニングを基本姿勢としております。リスティング広告やディスプレイ広告、ソーシャルメディア広告といった広告配信データのみならず、各種アクセス解析データ、クライアントサイドの申込数や売上データ等を素早く統合できる点で、当社が必要とするレポーティングや分析の方向性と合致していると考えております。

▼Datoramaの画面イメージ
[画像: リンク ]

今後は経営層、マーケッター、広告担当者など各ビジネスレイヤーに合わせた形でデータ成型を行い、トレーディングデスクの立ち位置から、クライアントのビジネス加速に貢献して参ります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事