logo

形に応じて伸びるから、見た目スッキリ。伸縮素材で自転車をサッと収納できる小径車用輪行袋、発売。

ビーズ株式会社 2016年12月15日 14時15分
From 共同通信PRワイヤー

2016/12/15

ビーズ株式会社

車体の形に応じて伸びるから、見た目スッキリ。
伸縮素材で自転車をサッと収納できる小径車用輪行袋、発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2016年12月15日、同社自転車ブランド「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」より、伸縮素材で自転車を柔軟に包み込む「伸びる輪行キャリングバッグ(小径車用) DCB334-BK」を発売します。

 「伸びる輪行キャリングバッグ(小径車用)」は、その名の通り、生地を伸ばして自転車を包む輪行袋です。 多方向に引き伸ばせる伸縮性の高い生地をバッグ本体に採用したことで、メーカーやモデルによって折りたたみ形状・サイズが異なる小径車に対し、柔軟に対応できるようになっています。 その伸縮性により、自転車の突起部が納まらないといった心配も少なくなり、収納状態では生地のだぶつきが抑えられ、スッキリとしたシルエットで輪行を楽しむことが可能です。 伸ばしてフィットするよう計算し、最小限の生地を使用しているため、重さはわずか約315グラムと軽量。 自転車に直接ショルダーベルトを装着し吊り下げる方法をとっており、薄い生地でも破損を心配することなく安心して持ち運べるようになっています。 バッグ底面には固定ベルトが装備されているため、自転車がバッグ内部でずれてしまわないように留めることが可能。 ハンドルやシートポスト、トップチューブなどに取り付けられる専用の収納袋つきで、使わないときにもコンパクトになり携帯にも便利です。

 近年、自転車にまつわるイベントやサイクリング企画、自転車を利用した町おこしなどが盛んに行われており、自転車に乗るために遠方へ外出したり、旅行先で自転車に乗って観光したりできる環境が整備され、自転車を楽しむ裾野が広がってきました。 自動車にも積みやすく保管も便利な折りたたみ自転車は、それらの手段として親和性が高いといえます。 その小径車のコンパクトさを活かす選択肢として挙げられるのが「輪行」。 公共交通機関を利用し自転車を手回り品として運び、お出かけ先を愛車とともに旅をする体験は、今後更に注目が高まるのではないかとDOPPELGANGER(R)は考えています。 それを応援すべく、スポーツバイク用の先行製品「伸びる輪行キャリングバッグ」に続き、今回小径車用の製品をリリースしました。

【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)
【商品名】伸びる輪行キャリングバッグ(小径車用) DCB334-BK
【カラー】ブラック
【サイズ】対応自転車サイズ:~20インチ折りたたみ自転車
    (伸縮により袋のサイズは変化します)
     収納時:W90×H230×D90mm
【本体重量(付属品を除く)】約315g
【本体材質】ポリエステル
【付属品】フレーム固定ベルト2本、ショルダーベルト、収納袋
【希望小売価格】3,700円(税別)
【製品ページ】リンク
※大径車用の兄弟製品「伸びる輪行キャリングバッグ DCB298-BK」も好評発売中。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事