logo

農業のシェアリングエコノミーを形成するサービス第一弾、「ファーマーズ・ナレッジ」を開設

田園社会イニシアティブ株式会社 2016年12月15日 11時17分
From PR TIMES

田園社会イニシアティブ株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役:楢木 隆彦、以下「当社」)は本日、農業経営の知恵・知識・経験をシェアするWEBメディアサイトの開設およびアプリの提供を開始しました。



[画像1: リンク ]


▼サイトURL: リンク

<開設の背景>
当社は農業とそれを支える農資源・地域資源を次の世代に引き継ぐことをテーマに、農業内外の幅広い方々の協力を集め、これからの農業や地域のあり方・課題解決を考える農業経営者応援プロジェクトを展開しております。
プロジェクトを推進する中で、農業分野においてもシェアリングエコノミーの需要と重要性が高まりつつありながら、農業専門の本格的なサービスが見当たらず、当サービスの構築に至りました。

<サービスの概要>
農業経営者に対し経営資源である「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」に「コト」「経験」を農業内外のステークホルダーと共有するシェアリングエコノミーを提供するOtoO(オンライン・ツー・オフライン)プラットフォームサービスです。
新規就農者ならびに経験の浅い農業経営者、またもっと農業を面白くしたい、稼ぎたい、地域と共に成長したい農業経営者を対象にしています。
新規就農者の確保・支援に悩む地方自治体等のサポートサイトとしての利用も見込まれます。

<サービスの展開>
農業シェアリングサービス第一弾として、農業内外の幅広い「知」を共有しこれからの農業を学び考える「情報」共有サービス『ファーマーズ・ナレッジ』をリリースしました。
堅くなりがちな農業情報をわかりやすく、動画を効果的に用いることで、明るく楽しい切り口での情報提供と企画を随時開催。
これから農業を始めたい人や新規就農者にとっての農業の入り口として先輩農家さんの経験を学んだり、協力を得たり、悩みを発信する場として、また、農業の新しい可能性を求める人々のイノベーション・インキュベーションの場としての活用を見込んでいます。

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]



2017年1月には第二弾として農家さんの夢を叶えるために専門知識を持った人を集めたり(農業プロボノ)、農業器具の貸し借りや人手の募集、収穫体験の案内、など「ヒト」「モノ」「カネ」「コト」「経験」をシェアする『ファーマーズ・シェア』を、また同時期に、農家さんの声から生まれた直感的に画像・動画で記録しシェアできる栽培記録アプリ『ファーマーズ・ノート』のリリースを予定しています。

<会社概要>
商号   : 田園社会イニシアティブ株式会社
代表者  : 代表取締役 楢木 隆彦
所在地  : 〒460-0007 名古屋市中区新栄2−2−24 あいちベンチャーハウス205号室
設立   : 2015年5月1日
事業内容 : 農業経営者のためのソーシャルプラットフォームおよびマッチングプラットフォーム提供
資本金  : 990万円
URL   : リンク

▼詳細な会社情報とこれまでの取り組み: リンク

▼ファーマーズ・ナレッジ コンテンツ動画の事例 農業経営者リレー:

[動画: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事