logo

株式会社フリーデンがドイツ農業協会主催の品質競技会(DLGコンテスト)において13回連続で金賞受賞

株式会社フリーデン 2016年12月15日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年12月15日

株式会社フリーデン

やまと豚の生産者であるフリーデンがドイツ農業協会主催の国際品質競技会「2016年DLGコンテスト」にベーコン、ポークウインナーをはじめ8品目を出品。金5、銀1、銅2と、その全てにおいてメダルを獲得しました。

養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する株式会社フリーデン(本社:神奈川県平塚市/代表取締役社長 森 延孝)は、ドイツ農業協会主催の国際品質競技会(以下DLGコンテスト)日本開催にベーコン、ハム、ソーセージなど8品目を出品。10月4日~10日に麻布大学で行なわれた審査の結果、出品した全てが金賞などを受賞しました。

弊社では、2004年よりDLGコンテストにエントリーし、今年で13回連続の金賞受賞となりました。これは自社農場産のやまと豚を主原料に、本場ドイツの伝統製法にこだわって製造した商品の品質と技術の高さが認められた証しともいえます。

【金賞受賞】
ベーコン
ポークウインナー
ポークソーセージ
グロッサーブルスト(ブラックペッパー)
グロッサーブルスト(チーズチョリソー)

【銀賞受賞】
ロースハム

【銅賞受賞】
グロッサーブルスト(プレーン)
やまと豚 炭火焼豚

 また、フリーデンと福島県田村市が第三セクター方式で運営する株式会社ハム工房都路も2005年よりエントリーを開始し、出品したすべてのコンテストで金賞を受賞。本年は金3、銀4のメダルを獲得しました。

■DLGコンテストについて
DLG(ドイツ農業協会)は、1885年にドイツで「農業」と「食品産業の発展を促進する科学技術」をつなぐ組織として発足し、フランクフルトに本部を置いています。近年は24,000人の会員を擁し、ヨーロッパの食品業界を牽引しています。
DLGコンテストは、食品の品質評価に関して世界で最も歴史と権威のある、最大級の競技会で、1993年からは出品国を世界に開放しています。2013年、2014年、2016年には日本でも開催され、その審査は本国と同様の厳格な基準で行なわれました。

■審査方法
 「DLG5点方式」は、ドイツ標準化庁によって認定された官能分析方法です。評価を行なう審査官は(1)試験を受け審査官としての資格を有すること、(2)定期的な官能トレーニングに参加していること、(3)対象分野(ハム・ソーセージ、パンなど)の業界で働いていること、などが必須条件になります。審査官は匿名化された製品を外観、内観、食感、風味、味の各項目について5点~0点で評価し、すべての項目で5点を獲得した製品のみが金賞となります。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。