logo

12月17日(土) にいがた暮らしセミナー「食と農の魅力PR & 移住相談会」

新潟県庁 2016年12月14日 19時27分
From Digital PR Platform


新潟県はこの度、新潟へのU・Iターン検討者等を対象に、「食と農の魅力PR セミナー& 移住相談会」を開催いたします。本イベントでは新潟県で働く若手農業者らによる「食」と「農」の魅力を伝えるセミナーや、新潟県へのU・Iターンを検討されている方々を対象とした相談会を開催します。

【概要】
日時:2016年12月17日(土) 17時30分~

●第I部「食と農の魅力セミナー」
新潟県三条市の果樹栽培農家らで結成される『三条果樹専門家集団』より講師3名が登場。ル レクチエのおいしさの秘密や果樹経営の実際について紹介します。

●第II部『移住相談会』
新潟県では、『新潟県U・Iターンコンシェルジュ』を配置し、新潟へのU・Iターンをご希望される方に対して新潟県内での“働き方”や“仕事”の情報といった生活に必要な情報を提供し総合的にサポートしています。

【新潟県のU・Iターン促進に向けた取り組み】
新潟県では、Uターンする若者の奨学金返還(最長6年×最大20万円/年)を支援するほか、県外学生が県内で就職活動をする際の交通費を補助するなど、若者のU・Iターンを促進する取組を強化しています。本イベントを通じて、新潟県の更なる魅力の発見、また新潟県のU・Iターン支援策等をお伝えできれば幸いです。

★第I部 食と農の魅力セミナー ゲストプロフィール
・伊丹 ひろこ 氏
新潟県三条市在住。専用のナイフ1本だけで、果物に装飾的な彫刻を施すフルーツカービングの教室「Pastel Green」主宰。タイのカービングコンテストにて団体戦総合優勝。「日々の暮らしに彩りを」をテーマに地元農産物を使ったカービングの展開などを行っている。

・石黒 貴久 氏
新潟県三条市の果樹専業農家「石黒農園」の8代目。「美味しさ」への徹底した追及、品質へのこだわりを掲げ、独自ブランド『果物物語』を展開中。ル レクチエや地元の果物を使用した加工品、果物物語アイスクリームを開発。果物の生産と販売を通じて世代や地域を超えた家族のコミュニケーションが広がる活動に取り組んでいる。

・土田 広樹 氏
新潟県三条市の梨専業農家「土田農園」の三代目であり、西洋なし「ル レクチエ」と日本なしを栽培!日本なしは「樹上完熟」、ル レクチエは「自然追熟」にこだわり、果物の旬と本来の美味しさをお客様に届けることをモットーとしている。野菜ソムリエの資格も取得している園主が厳選した梨を販売している。

★第II部 相談会出展団体
<就農の相談>
○新潟県新規就農相談センターが、就農相談や支援策・体験・研修先の紹介などを行います
○三条果樹専門家集団が、果樹経営・栽培等の相談に応じます。

<生活の相談>
○市町村が、各市町村の住生活環境・移住施策等を説明し、疑問点や不安を解消します。
※参加予定市町村:新潟市、三条市、十日町市、上越市、佐渡市

<転職の相談>
○県U・Iターンコンシェルジュが、U・Iターン転職を考えている方々に仕事をはじめ生活に必要な情報までバックアップ。希望に沿った仕事を見つけます!
○にいがたUターン情報センターが、就職相談をはじめ求人情報や企業情報を提供します。

<住まいの相談>
○新潟県宅地建物取引業協会が、賃貸物件情報など住まいのご相談に応じます。

【本イベントへのお問合わせ・お申込】
新潟県 新潟暮らし推進課 U・Iターン促進班
電話:025-280-5635 メール:ngt030220@pref.niigata.lg.jp
お申込: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。