logo

バニーホップ、接続するだけで既存機器をIoT化する「IoTコネクター」を発表

株式会社バニーホップ 2016年12月14日 09時00分
From PR TIMES

~VPN設定が不要で安全なリモート接続が可能に~

株式会社バニーホップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:澤 規仁、以下 バニーホップ)は、接続するだけで機器をIoT製品化するLANコネクター製品「IoTコネクター」の提供を開始したことを発表します。



IoTコネクターを接続した機器は、PCやスマートフォンからインターネット経由での遠隔操作が可能になります。IoTコネクター自身がクラウドとの暗号化通信を確立するので、VPNやファイアウォールなどの設定は不要です。すでに設置済みの機器にも取り付けが可能です。

これにより、様々な業界・分野で簡単に製品のセキュリティを確保した遠隔操作、IoT化が可能になります。


IoTコネクターで可能な遠隔操作の例


IoTコネクターは、接点(入出力)および、シリアル通信が可能な機器に接続し、遠隔操作が可能です。例えば住宅設備関連では、自動ドア、電気錠、警報装置、漏電や水位などの建設設備センサー、電動バルブなどへの接続が可能で、遠隔から以下のような操作が可能です。

・カレンダーや時刻設定によるタイマー起動
・一度にたくさんの機器を制御
・動作状況の確認や通知
・スマートフォンからの遠隔操作


セキュリティを確保した通信の仕組み


IoTコネクター自体が、クラウドとの暗号化トンネル通信(TLS)を確立するため、VPNやファイアウォールなどのネットワーク工事は不要です。

機器の制御プログラムを、クラウド上に設置することで、PCやスマートフォンからの遠隔操作が可能になります。クラウドはアマゾン ウェブ サービス (以下、AWS)IoTプラットフォーム(※)に対応しています。今後、バニーホップでは、以下のような制御プログラムのライブラリも提供予定です。

・死活監視
・動作ログ管理
・メール、チャット通知
・グラフ表示
・データストレージ機能

[画像1: リンク ]

※ Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、AWS、Amazon Workspaces、およびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。(リンク


IoTコネクターの製品仕様


・インタフェース:接点出力×2、接点入力×2、シリアル通信×2(※シリアル通信はオプション)
・電源:5V
・動作保証温度:-40℃~85℃
・消費電流:typ 180mA
・サイズ:縦77mm、横36mm、高さ28mm

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]


■株式会社バニーホップについて

株式会社バニーホップはIoT製品の企画、開発を行っています。
六本木ヒルズけやき坂イルミネーションのスマートフォン操作や、戸田建設のIoT地震センサー「ユレかんち」(リンク)
など、様々なIoT製品を提供しています。


■本リリースに関するお問い合わせ

株式会社バニーホップ 担当:石川
【TEL】 03-6407-1866 【E-mail】 info@bunnyhop.jp
【住所】 〒151-0053 東京都渋谷区代々木5-67-1 Jビル B2
【公式サイト】 リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事