logo

アンバサダーを発掘するオールインワンマーケティングツール「ART」SNSの普及により高まった顧客の影響力を、満足度向上サイクルとサービスの魅力発信の両方に活用

株式会社コンファクトリー 2016年12月13日 16時00分
From ValuePress!

Webデザイン・システム開発を手掛ける株式会社コンファクトリー(本社所在地:大阪市中央区、代表取締役:宮本敦史、URL:リンク)は、BtoC企業向けに顧客のリピート率アップに役立つ、新しいマーケティングツール「ART(Ambassador Relations Tool)」(アート)を2016年12月12日にリリースしました。

Webデザイン・システム開発を手掛ける株式会社コンファクトリー(本社所在地:大阪市中央区、代表取締役:宮本敦史、URL:リンク)は、BtoC企業向けに顧客のリピート率アップに役立つ、「ART(Ambassador Relations Tool)」(アート)を2016年12月12日にリリースしました。

「ART」(リンク)は顧客管理からスコアリング、アンバサダー育成、新規顧客の開拓までをオールインワンで行えます。中でも顧客との関係性を重視し、顧客満足度向上サイクルのスタート地点となる、NPS(ネットプロモータースコア=顧客推奨度)(※1)計測結果を反映したアンケートを迅速に実施・集計できる機能が特色です。また、クラウドプランとサーバー設置型プランの2種類を用意しており、クラウドプランでは低価格での導入が可能です。


[資料: リンク ]


「ART」では、登録された既存顧客に対してアンケートメールによるNPS計測を行い、熱量の高いファン「アンバサダー」(※2)を見つけ出します。「アンバサダー」からはサービスの魅力を、それ以外の顧客からは改善点を募るといった顧客のグループに合わせたアンケートを実施。顧客からのフィードバックを重視することでより満足度の高いサービスへの改善サイクルに繋げ、クチコミなどで応援してくれるファンを増やしていくことが可能になります。こうした熱量の高いファンの声を、アンケートフォームからFacebookページへ自動投稿し、さらにFacebook自動シェア機能で拡散することでサービスの魅力をより広く発信していきます。

顧客分析指標やアンケートフォーム・メールのテンプレートは、旅館やホテルなどの宿泊業、ECショップなどの小売業、飲食業や美容・サロン業といった各業種に応じた独自のものを用意しており、マーケティング業務専任者がいない中小企業でも簡単に扱うことができます。また、顧客管理・スコアリング、メール配信、Web分析といったCRMや、行動ログやシナリオ設定で顧客の特定の行動に対して、ステップメールの送信、ポップアップのアラート機能など、様々なマーケティング施策を自動化できる機能(MA:マーケティングオートメーション)など、マーケティングツールに求められる機能を満たしながら、クラウドプランであれば月額9,900円から利用可能で、初期費用もかかりません。
元々「ART」は、当社のWebサービスの顧客満足度を上げるべく作成した社内システムをプロトタイプとしています。そのシステムが効果を挙げたことから、各社マーケティング担当者へのヒアリング結果を反映し、汎用化・機能追加したものが「ART」です。今後の展望としては「各種DMPとの連携強化」「AIによる顧客情報解析の精度アップやアンケート結果の要約化」などを目指し、開発中です。

※1 NPS…「あなたはこのサービス(製品)を親しい人に薦めますか?」という“究極の質問”に0~10点の11段階評価で回答してもらい、その数値によって“推奨する立場”“中立的な立場”“批判的な立場”の3グループに顧客を分類した結果得られる指標。
※2 アンバサダー…商品やサービスに対して興味・関心を持ち、企業やブランドに積極的にかかわり、自発的に発言・推奨する熱量の高いファンを「アンバサダー」と呼びます。「ART」ではアンバサダーメール機能でNPS測定を行い、その結果から「アンバサダー」となりうる顧客を抽出します。

[運営会社]株式会社コンファクトリー(リンク
[サイト名]AmbassadorRelationsTool
[URL]リンク
顧客管理からスコアリング、アンバサダー育成、顧客のリピート率アップ、新規顧客の開拓までを効率よく実現する最新のマーケティングツール「ART」

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。