logo

自分をネタにした80フレーズで一生モノの英会話力が身に付く、『自分のことを英語で伝える! 基本フレーズ80』12月13日発売

生活に密着した語彙や表現が自然に身に付き、会話が弾む

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:安嶋 明、以下アルク)より、新刊『自分のことを英語で伝える! 基本フレーズ80』のご案内を申し上げます。



[画像: リンク ]

自己紹介から気持ち・意見まで、自分について話すための80のトピックを取り上げ、各トピックにつき4~6つのフレーズを紹介。そのまま使えるシンプルなフレーズと豊富なバリエーション表現で、自分のことならなんでも英語で言えるようになります。

●80トピック×シンプルフレーズで、自分のことをどんどん英語で言いたくなる
自分のことを話すための基本トピックを80扱い、1トピックにつき、4~6つのフレーズを紹介しています。多彩な入れ替え語句や関連表現を組みあわせることで、自分に合わせたフレーズを作ることも可能。全英文を収録した付属CDに合わせて練習し、自分のことをどんどん英語で言えるようになりましょう。ダイアログ形式の穴埋めExercisesは、会話の際の問いかけフレーズの参考にもなります。

●自己発信力と日常会話力が同時に身に付く
まずPart1(全4Section)で、自分の外見から趣味や家族のことなど、自信を持って自己紹介するためのフレーズを学びます。続いてPart2(全5Section)では、目で見るものや肌で感じるものなど、身の回りのものを自分がどのようにとらえているか、感覚的な印象や好みまで、きちんと言葉にできるようにします。仕上げのPart3(全4Section)では、自分の感情や意見を効果的に伝えるフレーズを紹介。一歩進んだコミュニケーションを実現する発信力が身に付きます。
これ1冊で、生活に密着した語彙や表現はもちろん、日常会話の内容まで、ムリなく無駄なくカバーすることができるよう、構成されています。

●目次
【Part 1】 About me 私はこういう者です
[Section 1] My profile 私のプロフィール
[Section 2] What I wear 身に着けているもの
[Section 3] My personality 私の個性
[Section 4] My background 私の背景

【Part 2】 About my senses 五感でとらえるものを表現する
[Section 1] Sight 目で見るもの
[Section 2] Sound 耳で聞くもの
[Section 3] Smell 鼻でとらえるもの
[Section 4] Taste 舌で感じるもの
[Section 5] Touch 肌で感じるもの

【Part 3】 About my feelings 感じたこと、思ったことを表現する
[Section 1] Expressing feelings 気持ちを表現する
[Section 2] Expressing appraisal 評価を伝える
[Section 3] Expressing opinions 意見を述べる
[Section 4] Adding emphasis 意見を強調する

Column
1.業界名 2.性格・人柄を表す言葉 3.家族構成の表現4.学部名
5.役職名・部署名 6.味覚・食感の表現

*本書は『自分のすべてを英語で言える本 基本編』(成瀬武史著 2007年刊行)の内容を刷新し、改題したものです。

<商品情報>
【タイトル】『自分のことを英語で伝える! 基本フレーズ80』
【URL】リンク
【価格】1,944円(税込)
【サイズ】A5判、224ページ
【付属商品】CD1枚、音声ダウンロード
【ISBNコード】978-4-7574-2847-8
【編集】アルク 英語出版編集部

≪電子書籍版も Amazon kindle、楽天kobo、Google Play Booksなど主要電子書店で同日発売≫
[Amazon kindle]
リンク

<本件に関する報道関係者向けお問合せ先>
アルク 広報担当 河合(かわい)
e-mail:ko-ho@alc.co.jp
TEL: 03-3556-2711

[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた出版社です。創刊から45年の『ENGLISH JOURNAL』など学習情報誌をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。