logo

グランプリ発表!「笑顔になるビデオメッセージ」コンテスト

笑顔になるビデオメッセージコンテストの結果を発表いたします。135件の応募作品の中から、5件が入選し、その中からグランプリと準グランプリ各1件が決定されました。また別途、9件が特別賞を受賞しています。審査期間中にFacebookで公開された入選5作品に対しては「笑顔になって3回繰り返し見ました」「元気がない時に観たら泣いてしまうかも!」といった200件のコメントが寄せられました。また特別審査員の前野隆司教授からは「面白いコンテンツなので、千、万の単位で作品が集まるようなムーブメントになると良い」といったコメントをいただいています。受賞作品に対しては、総額約40万円の賞金が授与されます。



■コンテスト概要

「職場での出退勤時、及び、自宅での外出・帰宅時に、出入口などに設置された端末で自動再生されるビデオメッセージ」という設定での動画作品を募り、優秀な作品を発表する。作品はクラウドワークスにて募集し、予選を通過した5作品をFacebookで公開、一般の方々の意見も参考にして本選審査を行い、グランプリと準グランプリを決定する。

コンテスト名:
笑顔になるビデオメッセージコンテスト

コンテストの目的:
・人を笑顔にするビデオメッセージ作品を募り、優秀な作品を広く紹介することにより、社会の幸福度の向上に貢献する
・当社製品「タブレット タイムレコーダー」活用のヒントを提供する

賞金:
グランプリ 180,000円
準グランプリ 80,000円
入選 30,000円
特別賞 5,000円

特別審査員:
前野 隆司
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科委員長・教授
東工大卒、同校にて博士(工学) 学位取得。キヤノン(株)を経て、カリフォルニア大学 バークレー校客員研究員、ハーバード大学客員教授を歴任。2011年4月より現職。研究テーマは、ヒューマンマシンインタフェース、イノベーション教育、感動学、幸福学。著書に『幸せのメカニズム』『幸せの日本論』『脳はなぜ「心」を作ったのか』『思考脳力のつくり方』など多数。

主催:
株式会社ネオレックス

一般コメントを募集したFacebookページ:
リンク

■入選作品

受賞作品まとめ動画
[動画: リンク ]



グランプリ
・「おつかれっさま~」 製作:yoc97
[画像1: リンク ]


準グランプリ
・「傘、置いておくね!」 製作:sayu_sumiya
[画像2: リンク ]



入選
・「フレー!フレー!」 製作:koumama1
[画像3: リンク ]


・「プレゼンがうまく行く魔法」 製作:nonori
[画像4: リンク ]


・「1週間のはじめに」 製作:sayu_sumiya
[画像5: リンク ]



※上記の他、9件の作品が特別賞を受賞しました
※作品内容と製作者によるシチュエーション解説に基づき主催側でタイトルを決めました


■特別審査員、前野隆司教授(慶應義塾大学)のコメント

全体としては、色々な笑顔があるんだなと感じられた。

グランプリを受賞した「おつかれっさま~」は、素の笑顔。こどもの笑顔も「素」だし、見ているこちらも自然と素の笑顔になる。「つい笑顔になってしまう」という度合いとしては、やはり一番強かった。Facebookでたくさんのコメントが寄せられたことも納得。お姉ちゃんに負けたくない弟の登場、「いつもの踊りやって!」と言っている親など、家族の幸せな様子が目に浮かぶ深さというか、広がりがあった。

それに対して準グランプリの「傘、置いておくね!」は大人の笑顔。頼りになる感じがある。また、短いメッセージの中に気配りや優しさ、親しみ、力強さなど、色々な愛情を込めてくれている。世の中を円滑にするのはこういう人だなと思われた。

逆に「フレー!フレー!」のシンプルさも良い。単位時間あたりで言えば、一番強力。元気をもらえる。

「プレゼンがうまく行く魔法」は、一生懸命やっている感じが良かった。力が入っていて、ちょっと不器用さも出ていて、そして夫への応援の気持ちが強く感じられる。妻からこんなメッセージが入っていたら、とても嬉しいと思う。Facebookでのコメントは少なかったが、個人的にはグランプリでも良いくらい。

「1週間のはじめに」も素敵なメッセージ。職場で後輩からこんなメッセージが入っていたら、もちろん笑顔になる。こんな後輩が欲しいなと思われた。

今後に向けては、ぜひ男性にもがんばってもらいたい。男性からのメッセージが入選に残らなかったのは残念。それから、おじいちゃんやおばあちゃんからのメッセージも見てみたい。

面白いコンテンツなので、千、万の単位で作品が集まるようなムーブメントになると良い。ちょっと落ち込んだ時に「あのビデオを見よう」と思う人が出てくるような。こういうビデオメッセージを100個くらい続けて見たら、どんな人でも元気になるのでは?と思われた。


■一般ユーザーからのコメント(一部の抜粋)

「おつかれっさま~」
・笑顔になって3回繰り返し見ました。
・これ絶対頑張れるやつでしょ!!
・疲れもふっとびます。
・自然と笑顔になっている自分がいました。

「傘、置いておくね!」
・こういうさりげない言葉と行動、きますねw
・こんな気遣いが飛び交う職場を作りたいですね
・同じく働く女子としてこんな優しい先輩がいたら明日も仕事頑張れるっ
・最後のグータッチ、こんなメッセージを送られたら笑顔になれると思いました。

「フレー!フレー!」
・一瞬で笑顔になるチカラがあります!
・出勤が楽しくなりますね。動きや声を思い出しながら、ニコッと笑顔になって通勤すると思います。
・元気がない時に観たら泣いてしまうかも!
・私も新しい職場で仕事が始まるのでドキドキしてます。そのタイミングでこちらのムービーを観れて元気もらいました!

「プレゼンがうまく行く魔法」
・一番良かったです
・だんなさんラブな感じがいいです!
・見習いたいです

「1週間のはじめに」
・ぜひ僕に言ってほしい
・可愛くて元気をもらいました


■主催者からのメッセージ

何よりも嬉しかったことは、作品を見た多くの方々に「笑顔になった」と言ってもらえたことです。みなさんに笑顔になってもらうことが、このコンテストの大きな目的でした。

またこうした皆さんからの反響を通して、「数秒のビデオメッセージで、人はちょっと幸せになれる」と確認できたことも、大きな収穫でした。ビデオメッセージを送り合う機能を持つ「タブレット タイムレコーダー」を開発・提供するという私たちの仕事が、誰かの幸せにつながっているとの確信を得ることができました。それは私たちにとって、とても幸せなことです。

ご応募くださった皆さん、コメントいただいた皆さん、特別審査員を引き受けてくださった前野隆司先生、コンテストの企画・運営に協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

株式会社ネオレックス
CEO 駒井 研司


■タブレット タイムレコーダーについて

タブレット タイムレコーダーは、iPadをタイムレコーダーにする勤怠管理アプリです。従来のタイムレコーダーよりも便利で、楽しく、またクラウド勤怠管理システムよりも安価で使いやすいソリューションとして開発されました。
(3人までは完全無料。10人ごとに@10,800円のライセンス買取方式で、月額費用などは一切不要)

企業における給与計算向けの勤務実績の集計をきめ細かな設定で自動化できるなど、プロ向けの実用品としての性能を備えつつ、毎日の写真撮影や各種のグラフ、ビデオメッセージ、天気予報など、従来のタイムレコーダーにはなかった新しい発想の機能を加えることにより、タイムレコーダーにイノベーションを起こすことを目指しています。

現在でも毎年10万台近く販売されている従来型のタイムレコーダーに代わる、働く人を笑顔にする新しいタイムレコーダーを普及させる。そしてさらに、家庭や塾、スポーツクラブ、研究室、企業内の部門やチームなど、従来はタイムレコーダーを利用しなかった場所や単位でタイムレコーダーが利用される世界をつくり、タイムレコーダー市場の刷新と拡大を実現していきます。

グッドデザイン賞受賞 (2015年9月)
ITproEXPO AWARD受賞 (2015年10月)
中小企業優秀新技術・新製品賞受賞 (2016年4月)


■ネオレックスについて

ネオレックスは、自社企画のクラウドサービスやアプリケーションを開発するIT企業です。勤怠管理システム市場においては、2003年以来、クラウド勤怠管理システム「バイバイ タイムカード」を提供しています。バイバイ タイムカードは、1,000人以上の企業を対象としたクラウド勤怠管理システム市場において、国内トップのシェアを持っています。(2016年、ミック経済研究所調べ)。タブレット タイムレコーダーは、当社の10年以上に及ぶ勤怠管理システムの経験を踏まえて開発されています。


■お問い合わせ

株式会社ネオレックス
タブレット タイムレコーダー サポート担当
EMAIL:support@tablet-time-recorder.net
TEL:052-681-2121
URL:リンク

名古屋本社
〒456-0034 名古屋市熱田区伝馬1-4-25 ネオレックスビル
TEL:052-681-2121 FAX:052-681-2129

神楽坂ショールーム
〒162-0818 東京都新宿区築地町4 神楽坂テクノスビル
TEL:0120-200-681


※ 掲載されている社名および製品・サービス名は、各社の商標 または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。