logo

東大阪の製造業を助けてください! 「マチコウバx美少女レイヤー」カレンダーで若者の雇用を促進!

株式会社オーミヤ 2016年12月13日 13時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016/12/13

株式会社オーミヤ

東大阪の製造業を助けてください!
「マチコウバx美少女レイヤー」カレンダーで若者の雇用を促進!

 株式会社オーミヤ(所在地:大阪府東大阪市、代表:道野弘樹)は、コスプレイヤーをモデルに採用したカレンダーをリリースし、東大阪の製造業における若手労働者不足の問題提起をします。

 カレンダーの内容は、1 月から12 月にかけてのシナリオ仕立て。実際の町工場で新入社員が経験する、面接から入社、仕事での挫折と成功の姿を描いています。 インターネットで人気の美少女コスプレイヤーをモデルに起用することで、若者に製造業をより身近に感じてもらい、ひいては町工場を就職先の選択肢の一つに加えてもらう狙いがあります。

 東大阪市は、工場密度が全国1 位(※1)、工場事業所数が全国5 位(※1)。 「なんでも造れる」「なんでも揃う」ものづくりの町として知られてきました。 しかし、労働力の安価なアジア圏への製造拠点変更などのあおりを受け、1986 年から2006 年にかけて東大阪市内の製造業の事業所数は31.7%減、従業者数も25.8%減(※2)となっています。 製造現場の3K(きつい、きたない、きけん)のイメージも従業者数の減少の一つの要因とされています。
 一転して近年、為替の変動リスクや、海外の労働賃金上昇などにより、大企業を中心に国内回帰の動きが見られ、国内製造業
の受注量も増加傾向にあります。 また東大阪の中小町工場の多くは、職場美化の徹底、ワークライフバランスの充実、家族のようなあたたかみのある企業づくりなど、若者にも働きやすい環境を目指して改善を繰り返しています。 しかし、労働力不足は依然として続いているため、せっかくの受注案件を町工場が受け止めきれないのが現状です。

 上述の現状を打破すべく、この度のカレンダーを制作。撮影の舞台は弊社自社工場ですが、この取り組みを通じて、東大阪製
造業界全体のイメージアップや、若者の雇用促進につながることを切に願っています。
 ロケ地だけでなく、企画段階から東大阪にこだわりました。プロデューサーに同じく同市に本社を置くインドアグッズブラン
ド「BIBI LAB( ビビラボ)」を迎え、モデルに大阪府出身の人気コスプレイヤーの「肉球あやと」さんを起用しています。

[ カレンダー入手方法 ]
1. 新規採用において書類選考を通過し、一次面接に進まれた方。
2. 新しくお問い合わせいただいた、法人の方。
3. 弊社企業サイト、特設ページにて数量限定で一般向けに販売。(※3)

※注釈
(※1)平成24 年度経済センサス活動調査
(※2)総務省「事業所・企業統計調査」
(※3)数量限定一般販売価格 2,400 円(税・送料込)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。