logo

IDT、DOCSIS 3.1ケーブルネットワーク機器対応のRFスイッチを発表

Integrated Device Technology, Inc. 2016年12月13日 10時30分
From JCN Newswire


SAN JOSE, CA, Dec 13, 2016 - ( JCN Newswire ) - IDT(R)(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は本日、最新のケーブルネットワーク機器に最適な新しいSPDT(単極双投) 吸収型スイッチを発表しました。IDT(R) F2970 は、高線形性の 75Ω 広帯域スイッチで、DOCSIS3.1規格に対応しており、ヘッドエンドからファイバーノードおよび分配増幅器まで、次世代のケーブルテレビ機器やブロードバンドアプリケーションに最適です。

DOCSIS(Data Over Cable Service Interface Specification)は、高帯域幅ケーブルモデムを経由したデータ転送のための国際規格です。新しい3.1規格では、ビットあたりの価格を低く抑えて各家庭とのデータのやり取りが可能なデータパイプを増大させています。

「DOCSIS 3.1規格の要件を満たすことにより、F2970は、多数の高度なケーブルシステムやその他の高性能RFアプリケーションに展開することが可能となりました。」と、IDTのRF Divisionのゼネラルマネージャ、 Duncan Pilgrimは述べています。「このデバイスは、低挿入損失と高アイソレーションの優れた組み合わせを提供し、クロストークや信号劣化を抑えながら、経路損失を最小限にします。」

F2970は、5~3000MHzの広範な周波数範囲に渡って高線形性を実現しており、CATVネットワーク全体を通じて、上り・下りの両方のシグナルチェーンでスイッチを使用できます。44dBmVの出力の77および110チャネルで、-90dBcの複合三次歪(CTB)および複合二次歪(CSO)特性があります。

このデバイスは、-40度~+105度の広範な動作温度範囲、1200MHz時にわずか0.32dBの低挿入損失、1200MHz時に68dBの高アイソレーションを特徴としています。F2970は、正の単一供給電圧で動作し、3.3Vのロジックをサポートします。

F2970は、4mm×4mm 20ピンQFN パッケージにパッケージングされており、サンプル、量産についても対応しています。価格は1,000個発注時に1個93セント、評価ボードは 125米ドルです。

IDTについて

IDT社(Integrated Device Technology, Inc.)はお客様のアプリケーションを最適化できるシステムレベルのソリューションを開発しています。RF、タイミング、ワイヤレス給電、シリアルスイッチ、インタフェース、車載用のASIC、バッテリマネジメントIC、センサーシグナルコンディショナICや環境センサーなどの市場をリードするIDT製品は、通信、コンピュータ、コンシューマ、車載、産業向けの用途に広範囲なミックスドシグナルソリューションを提供しています。本社はカリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点があります。IDT社 の株式は NASDAQ Global Select Stock Market(R)で取引されています。証券コードは「IDTI」。詳しくは www.idt.com をご参照ください。Facebook、LinkedIn、Twitter、YouTube、Google+もご参照ください。

Facebook: リンク
LinkedIn: www.linkedin.com/company/integrated-device-technology-inc
Twitter: リンク
YouTube: リンク
Google+: リンク

IDT、IDTのロゴおよびZMDIは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使用されるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

<本プレスリリースに関するお問合せ先>
日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社
〒105-0012 東京都港区芝大門1-9-9 野村不動産芝大門ビル6F
マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美
TEL: 03-6453-3039
FAX: 03-6453-3011
E-mail: mayumi.honda@idt.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。