logo

2016年11月 転職求人倍率 2.59倍(前月比+0.08pt)~求人数は24カ月連続で最高値を更新。転職市場は活況が続く~

転職サービス「DODA」 2016年12月13日 10時30分
From PR TIMES

転職サービス「DODA(デューダ)」調べ

総合人材サービス、パーソルグループの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾太郎)が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」< リンク >は、2016年11月の転職求人倍率をまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」を発表しましたのでお知らせします。



※DODAサイト「DODA転職求人倍率レポート」に詳細なデータや考察を掲載しています。
リンク

■2016年11月の概況
2016年11月の転職求人倍率は、前月比+0.08ポイントの2.59倍となりました。求人数は前月比+1.9%、前年同月比+26.1%となり、24カ月連続で調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新しました。転職希望者数は前月比-1.2%、前年同月比+27.7%でした。

業種別にみると、求人数が増加したのは9業種のうち「IT・通信」「メディア」「金融」「メディカル」「メーカー」「小売・外食」「サービス」の7業種でした。特に伸びたのは「小売・外食」(前月比+4.9%)、「メディカル」(前月比+4.2%)でした。職種別では、求人数が増加したのは11職種のうち「技術系(電気・機械)」を除く10職種となりました。求人数が特に伸びたのは、「専門職」(前月比+6.0%)、「営業系」(前月比+4.9%)でした。

■解説 ~年末にかけて求人倍率は上昇傾向。転職活動を開始するなら年内から
11月は、求人数は増加しましたが、転職希望者数が前月比-1.2%と減少したため、求人倍率が上昇する結果となりました。転職希望者数の減少は、例年と同じ動きで時期要因と言えます。ただ、転職希望者数は前年同月比では+27.7%と求人数の増加幅を上回っており、転職市場は依然活発な状態が続いています。
12月も、求人数は引き続き増加し、転職希望者数は年末にかけてなだらかに減少が予想されるため、求人倍率は上昇する見込みです。12月は1年の中で応募者数が最も落ち着く月にあたるため、通常よりも面接に進めるチャンスが高まる可能性があります。転職を考えている方は年明けを待たずに、今すぐ活動を開始するのが良いでしょう。4月を目途に転職を考えている方も、年内から求人のチェックを始めておくことをおすすめします。特に、初めて転職をする方は、この時期にさまざまな求人をチェックし転職活動の優先順位づけを具体的にしておくことで、転職活動をよりスムーズに進められるでしょう。(DODA編集長 木下 学)
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


※ DODAサイトでご覧いただける「DODA転職求人倍率レポート」では、詳細なデータや考察を掲載しております。
リンク
※ 調査は2008年より行っております。過去のデータをご覧になりたい場合は、広報室までお問い合わせください。


■「DODA」について < リンク >
「DODA」は、「いい転職が、未来を変える。」をブランドスローガンに掲げ、転職希望者と求人企業の最適なマッチングを提供する転職サービスです。求人数は10万件以上。求人情報が探せる転職サイトとしての機能に加え、転職のプロが一人ひとりに合った求人を紹介するエージェントサービスや、オファーが企業から直接届くスカウトサービス、日本最大級のDODA転職フェアをはじめとするイベントや各種診断サービスなど、多様なサービスをワンブランドで展開しています。

■「PERSOL(パーソル)」について
2016年7月に誕生した、国内外80社を超える「テンプグループ」の新たなグループブランドです。ブランド名の由来は「PERSON=人の成長を通じて」と「SOLUTION=社会の課題を解決する」。「人は仕事を通じて成長し、社会の課題を解決していく。だからこそ、はたらく人の成長を支援し、輝く未来を目指したい」という想いを込めています。当グループは今後「PERSOL(パーソル)グループ」として、グループビジョン「人と組織の成長創造インフラへ」を実現すべく、グループ一体となって労働・雇用の課題の解決に全力で取り組んでまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事