logo

ソーラーフロンティア、国内住宅市場に向けた戦略商品 「SmaCIS(スマシス)」の発売決定


【東京-2016年12月13日】–ソーラーフロンティア株式会社(代表取締役社長:平野敦彦、本社:東京都港区台場2-3-2、以下:ソーラーフロンティア)は、太陽光発電の需要増が見込まれる国内住宅市場に向けた戦略商品として、住宅専用太陽光発電システム「SmaCIS(スマシス) 」(*1)を発売いたします。同システムは、日本の寄棟屋根にフィットしやすいサイズのCIS薄膜太陽電池に、当社が独自開発した専用架台および工法を組み合わせた住宅専用太陽光発電システム商品です。2017年4月から宮崎県の生産拠点においてソーラーパネルの生産を開始し、7月より同システムの販売開始を予定しています。

SmaCIS(スマシス)の商品名は、Smart(スマート)に設置できるCIS薄膜太陽電池という意味で命名しました。Smartな(住宅の屋根にフィットする)ソーラーパネルにより日本の寄棟屋根などの複雑な形状の屋根でもソーラーパネルの搭載量を増やせること、Smartな(洗練された)外観で屋根との親和性があること、新たに開発したSmartな(賢い)施工方法で施工時間を約20%短縮できること」(*2)が特長です。

国内の住宅用太陽光発電システムの市場は、消費者の電力自給自足への関心の高まりや、政府が進める2020年のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)標準化政策を受け、今後も堅調な需要が期待されます。ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池は国内生産の品質や実発電量の高さが評価され、大手をはじめ各地の住宅メーカーに採用されています。当社では既築も含めた日本の住宅市場を重要なターゲットと見据え、同サイズの従来品より出力を向上させた新商品投入を決定いたしました。

CIS薄膜太陽電池は、実発電量の高さ、デザイン性、環境性により、様々なニーズにフィットした太陽光発電を実現することが可能です。ソーラーフロンティアは今後も、太陽によるクリーンで快適な暮らしをお客様にお届けしてまいります。

(*1)当該の商標は2016年12月13日現在登録出願中です。
(*2)特定のサイズ・形状の屋根におけるソーラーフロンティア検証結果に基づく


以上


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。