logo

Strategy Analytics:車両プラットフォーム戦略、規格、新アプリがEthernetの市場の潜在能力を引き出す

Strategy Analytics 2016年12月13日 10時05分
From 共同通信PRワイヤー

Strategy Analytics:車両プラットフォーム戦略、規格、新アプリがEthernetの市場の潜在能力を引き出す

AsiaNet 66853 (1614)

【ボストン2016年12月12日PR Newswire=共同通信JBN】
*需要は2023年には約5億8800万コネクテッド・ソケットに増加する

IEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineers)は2016年10月にパリで最新の車載Ethernet会議を開催した。

Logo - リンク

前回の会議は車載Ethernet開発の緩慢な進展を示したが、Strategy Analyticsのリポート「Automotive Ethernet: Vehicle Platform Strategies, Standards and New Applications to Boost Demand(車載Ethernet:需要を喚起するための車両プラットフォーム戦略、規格、新しいアプリケーション)」は、ハイスピードネットワーキング・プロトコルに関してより明るい展望を提示した。

このリポートは、ウェブサイトリンク を参照。

多くの自動車OEMが高コスト、データ圧縮、ライバルのプロトコルの有用性について懸念することが、診断ポートにEthernetを利用することを控えてきた主な要因である。しかし、最近の進展は自動車メーカーがこれまで以上にEhternetを採用する要望が高まってきたことを示している。

Strategy AnalyticsのAutomotive Practiceの上級アナリスト、ケビン・マック氏は「新しいハイスピード規格の登場、相互運用性試験、より多くのベンダーの参加は、自動車メーカーのEthernet採用を促進する。これらの要因は、Ehternetがコストを低減し、競争を促すために不可欠である。自動運転、コネクテッド・サービス、高解像度カメラおよびディスプレーなどギガビット・スピードの多重化を必要とする新しいアプリケーションが登場する前に、これが実施される必要がある」と語った。

マック氏はさらに「しかし、さらに重要なことは、新しい車両プラットフォームの標準規格として展開できる効率的かつスケーラブルなE/Eアーキテクチャーの導入である。このアーキテクチャーはデータ『バックボーン』を搭載し、これによってコスト削減が可能となり、自動車メーカーがアーキテクチャーを再設計しなくても、新しい高帯域、アプリケーションを将来に追加する柔軟性を提供する。このような戦略によって、早ければ2018年にも高級ブランドのハイモデル分野以外で、実装がより普及する可能性がある」と語った。

▽Strategy Analyticsについて
Strategy Analytics, Inc.は、新興の技術、モバイル、ワイヤレス、デジタル消費者、車載エレクトロニクス企業向けのアドバイザー・サービス、コンサルティング、実行可能な市場インテリジェンスによって競争力を提供する。Strategy Analyticsは北米、欧州、アジアにオフィスを構え、企業が成功する知見を提供する。www.StrategyAnalytics.com

▽問い合わせ先
欧州:
Kevin Mak
+44-(0)1908-423-644
kmak@strategyanalytics.com

米国:
Mark Fitzgerald
+1-617-614-0717
mfitzgerald@strategyanalytics.com

中国:
Kevin Li
+86-186-0110-3697
kli@strategyanalytics.com

ソース:Strategy Analytics

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。