logo

神田外語大学が12月17日に「第11回タイ語弁論大会」を開催 -- タイの伝統音楽や舞踊の発表も

神田外語大学 2016年12月13日 08時05分
From Digital PR Platform


神田外語大学(千葉市美浜区/学長:酒井邦弥)は12月17日(土)に「第11回日本でタイ語を学ぶ大学生のためのタイ語弁論大会」を開催する。これは、タイ語を学習する全国の大学生を対象としたもの。当日は、同大の学生によるタイの伝統音楽や舞踊の披露もあり、コンテスト参加者やタイ語を専攻する学生でなくても、タイの文化にふれることができる。高校生や受験生、一般の観覧も募集中(定員20名)。


 神田外語大学では、専攻言語として設けている東南アジアの3つの言語(インドネシア、ベトナム、タイ)について、それぞれのスピーチコンテストを主催している(※)。参加者は同大で各言語を学ぶ学生だけでなく、他大学からも多くの学生が集まり、例年非常にレベルの高いコンテストが行われている。
 タイ語弁論大会は今回で11回目の開催。語学学習時間の違いなどでカテゴリーを分けて行われ、それぞれの優秀者に表彰と賞品が贈呈される。

(※)ベトナム語は11月5日(土)、インドネシア語は11月12日(土)にスピーチコンテストが開催された。

◆「第11回タイ語スピーチコンテスト」概要
【テーマ】 希望
【内 容】
 参加者各人が5分間の弁論を発表。その後、審査員からタイ語で質疑応答(約2分間)
 ※タイ伝統芸能 (舞踊・音楽)の発表と軽食の提供もあり。
【会 場】 神田外語大学5号館1階 ミレニアムホール
【日 時】 12月17日(土)12:30~17:00(予定)
【主 催】 神田外語大学、在京タイ王国大使館
【協 力】 味の素、タイ国際航空、日本タイ協会、日本タイビジネスフォーラム(50音順)
【参加校/参加人数】
 宇都宮大学、大阪大学、神田外語大学、立命館アジア太平洋大学/参加者22名
【審査員】
 ソムジャイ・クラーイスバン氏(在京タイ王国大使館 公使参事官(学生部))
 ラニダー・シャムシャラーム氏(在京タイ王国大使館 参事官)
 パッタラアノン・ナチェンマイ氏(タイ国政府観光庁東京事務所 所長)
 小野寺(宮脇)麻希子氏(外務省南東アジア第一課課長補佐)
【募集対象】
 大学生
・カテゴリー1:大学2年生
・カテゴリー2:大学3、4年生
・カテゴリー3:6カ月以下のタイ留学経験を持つ大学生
・カテゴリー4:6カ月より長いタイ留学経験を持つ大学生
・カテゴリー5:タイ人の親を持つ大学生
【 賞 】
・全カテゴリーから最優秀賞2名:認定証とタイまでの往復航空券
・各カテゴリー1等賞:認定証と賞金1万円
・各カテゴリー2等賞:認定証と賞金7千円
・各カテゴリー3等賞:認定証と賞金5千円
・努力賞:認定証と賞品
【観覧について】
・定員:20名
・観覧に関する問い合わせ先:
 神田外語大学広報部
 TEL: 043-273-2826
 E-Mail: prdept@kanda.kuis.ac.jp

▼本件に関する報道関係の方の問い合わせ先
 学校法人佐野学園 学園広報部
 TEL: 03-3258-5837(平日9:00~17:30)
 E-mail: media@kandagaigo.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。