logo

「働き方改革」実現のジレンマを解決する新クラウドサービスを発表~⽣産性向上と⻑時間労働の抑制を⽀援するTeamSpirit WSP~

株式会社チームスピリット 2016年12月12日 11時00分
From PR TIMES

株式会社チームスピリット(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:荻島 浩司、以下チームスピリット)は、「働き⽅改⾰」を実現するためのプラットフォームとなる、新たなクラウドソリューション「TeamSpirit WSP」(チームスピリット・ダブリュー・エス・ピー)を、2017年4⽉よりサービス開始する予定と本日発表しました。



「働き⽅改⾰」の実現には、まず第⼀に「⽣産性の向上」が求められます、無駄な仕事を極⼒削減し、⽣み出した時間を最優先事項に割り当て、質の⾼いアウトプットを創り出すことで、⻑時間労働が是正できます。次に⼥性の活躍⽀援や介護⽀援など様々な働き⽅に対応できるワークスタイルを導⼊することが必要となります。

これまでチームスピリットは、社員にとって⾯倒な事務作業から開放するために、経費精算/勤怠管理/⼯数管理などを⼀体化させて作業を効率化するフロントウェア「TeamSpirit」をSalesforce のクラウドプラットフォームを利⽤して提供してきました。

今回、その実績を活かして新たに提供するTeamSpirit WSP は、「プランナー」というカレンダー形式のビューを中⼼にして、経費精算/勤怠管理/⼯数管理などを連携させることで、事務作業の負荷を最⼩限に軽減し、知的⽣産のための時間を創出することに成功しました。
[画像1: リンク ]

《図》プランナーを中心としたオフィスワーク・オートメーション

さらに、この新サービスは、カレンダー機能を中核にしたタイムマネジメントと、経費精算/勤怠管理/⼯数管理など社員の活動データの⾒える化が統合され、マネージャーは社員各⾃へ時間管理の的確なアドバイスも可能になります。そのため社員の⾃主性を活かしながら、個⼈の創造性を発揮する企画型やプロジェクト型の業務を⾏う企業に適しています。

この新サービスを12 ⽉13 ⽇(⽕)~14 ⽇(⽔) 開催される『Salesforce World Tour Tokyo』(会場: ザ・プリンスパークタワー東京)で紹介します。新機能となる「プランナー」は、個⼈のタイムマネジメントとマネージャーとの1 on 1 のコミュニケーションを⾏う機能を備えています。プロジェクトの進捗や個⼈の⽬標を意識しながらカレンダーで⾏動計画を⽴てることで、働く⼈にとって最も貴重な「時間」を、業務の優先度と緊急度の関係を適切に考えて配分することができ、⻑時間労働の是正と成果の達成を同時にバランスよくプランして実現することが可能となります。
[画像2: リンク ]

《図》プランナーを使ったワークフォース・サクセス

※チームスピリットではこのカレンダーを起点とした経費精算/勤怠管理/⼯数管理を⼀体化して
「働き⽅改⾰」を実現する仕組みについて特許を申請しています。

チームスピリットでは、経費精算/勤怠管理/⼯数管理などの⼀体化による事務作業の効率化を図るため、クラウドでERP を強化するフロントウェアであるTeamSpirit を開発、提供してきました。すでに⾼成⻑のベンチャーや先進的企業をはじめ、国内600 社75000 ユーザが利⽤している実績があります。
TeamSpirit WSP は社員が⾃律した働き⽅をした⽅が⽣産性が⾼まると認識していながら、マネージャとしてエンパワメントすることを躊躇してしまうという「働き⽅改⾰」のジレンマを「オフィスワーク・オートメーション」「ワークフォース・サクセス」の観点から解決し、リモートワークなどのワーススタイルの変⾰を⽀援するものです。また内部統制、コンプライアンス遵守も同時に達成されます。
TeamSpirit WSP の詳細:
リンク

■将来構想
さらに将来構想としてTeamSpirit WSP に蓄積された組織と働く⼈のビッグデータとAI テクノロジーを使い、さらなる事務処理の⾃動化や「働き⽅改⾰」のための分析サービスを提供する予定です。
チームスピリットは事務処理を⼀体化し基幹系システムと連携するサービスを提供してきた実績を活かして、従業員の視点で個⼈のパフォーマンス向上を⾏うためのサービスで培われたノウハウから、真の「働き⽅改⾰」を実現いたします。

■TeamSpirit WSP を使ったメリット
1.無駄なプロセスを効率化(オフィスワーク・オートメーション)
・プランナーから出張申請や休暇申請を⾏い、経費精算や勤怠管理と連携
・プランナーで出張や接待が共有され相互牽制を実現
・プランナーの予定をGoogle Calendar やOffice 365 の予定表と連携
・勤怠管理/⼯数管理/経費精算/電⼦稟議などの⼀体化による内部統制実現
2.知的⽣産の可視化とゴールの明確化(ワークフォース・サクセス)
・組織の成果⽬標と個⼈⽬標のアラインメント
・最優先事項に従った⾏動を促すタイムマネジメント
・個⼈起点で強みを⽣かすピープルマネジメント
・創発的な突然変異を起こすような環境を整えるコラボレーション
・組織と働く⼈のデータを可視化し、仮説検証を可能にする

■Salesforce を採⽤するメリット
TeamSpirit WSP はSalesforce のクラウドプラットフォームForce.com を利⽤したSaaS(サービスとして提供されるソフトウェア)として提供されます。Force.com の利⽤により以下のメリットが得られます。
・《実績》⾦融機関やエンタープライズ企業も含め10 万社以上が採⽤
・《安全》運営をSalesforce が⾏いお客様の許可なく弊社もシステムには⼊れない
・《安全》セキュリティ対策、災害対策もSalesforce が実施
・《成⻑性》レポート、ワークフローなどForce.com の基本機能もバージョンアップ
・《拡張性》Force.com を利⽤したアプリ同⼠の連携が容易

【エンドースメント】
■株式会社セールスフォース・ドットコム
今回の新サービスの提供に関して、株式会社セールスフォース・ドットコム 常務執行役員 アライアンス本部 本部長 手島 主税 氏は次のように述べています。

『セールスフォース・ドットコムは「TeamSpirit WSP」の発表を歓迎します。政府の重点施策でもある「働き方改革」は喫緊の課題となっています。そうした状況の中、当社のApp Cloudを基盤としたTeamSpirit WSPは時節に応じたサービスだと期待しています。
特に当社のお客様が多い広告、コンテンツ制作、システム開発といった知的生産を中心とした業種においては、長時間労働の是正を行い、創造性の発揮に注力していくことが求められています。また当社が目指す「カスタマー・サクセス」は働く人の成功がなければ成り立ちません。セールスフォース・ドットコムは、TeamSpirit WSPがそうしたお客様の成功に貢献することを期待しています。』

【株式会社チームスピリットについて】
株式会社チームスピリットは、TeamSpiritを提供する企業向けクラウドサービス企業です。2011 年秋にsalesforce.com, Inc.と資本提携を締結し、Salesforceで実現する本格的な企業向け業務アプリケーションを開発・提供しております。「変化に挑戦するすべての企業と従業員の成功に貢献する」ミッションの実現に努めて参ります。
コーポレートページ:リンク

*チームスピリット、TeamSpirit、フロントウェアは株式会社チームスピリットの登録商標です。
*Salesforce、Chatter、Sales Cloud、Service Cloud、Marketing Cloud、Salesforce Work.com、AppExchange、Salesforce Platform、および関連する全てのロゴは、salesforce.com,inc.の商標です。
*その他各種製品名は、各社の製品名称、商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事