logo

武蔵野大学スポーツマネジメントゼミが「障がい者スポーツチャレンジ2016 in KOTO」を開催 -- オリンピアン・パラリンピアンも登場

武蔵野大学 2016年12月12日 08時05分
From Digital PR Platform


武蔵野大学(江東区有明、学長:西本照真)のスポーツマネジメントゼミでは、有明キャンパスのある江東区で“2020年以降のレガシーの創造”“ダイバーシティ社会の実現”に貢献するため、昨年から2020年東京オリンピック・パラリンピック関連のイベントを行っており、今年も障がい者スポーツ体験イベントを12月18日に開催する。


 本イベントのスポーツ体験会では、パラリンピック正式種目であるボッチャとブラインドサッカーを体験できる。また、パネルディスカッションには、オリンピック・パラリンピックに出場した選手を招き、その魅力や2020年に向けた想いを語っていただく。

 本イベントを主催する武蔵野大学スポーツマネジメントゼミは、2・3・4年生が学部横断でスポーツマネジメントを座学と実習で学ぶキャリア系のゼミとなっている。

◆障がい者スポーツチャレンジ2016 in KOTO◆

【開催日時】 12月18日(日)13:00~17:30(12:45開場)
【会  場】 有明スポーツセンター
        (〒135-0063 江東区有明2-3-5 03-3528-0191)
【プログラム】
■ 開会式(大体育室)        13:00~13:15(12:45~開場) 
■ 障がい者スポーツ体験会(大体育室)13:15~14:45 ボッチャ
                   15:45~17:15 ブラインドサッカー
■ パネルディスカッション(大体育室)14:45~15:45 
■ パラリンピック写真展(7階廊下) 13:00~17:30
■ クイズ抽選会(大体育室)     17:15~17:30
【パネルディスカッション出演選手】
田中琴乃選手(新体操)
廣瀬隆喜選手(ボッチャ)

・参加費無料、事前申込不要。上履きをご持参の上、当日会場まで直接お越しください。
・小学校3年生以下のお子さんは保護者同伴でご参加ください。
・大体育室内には水筒、ペットボトル等ふたの付いた容器のみご持参いただけます。
・混雑が予想されますので、ご来場の際はできる限り公共交通機関をご利用下さい。

【主  催】 武蔵野大学スポーツマネジメントゼミ
【共  催】 公益財団法人 江東区健康スポーツ公社
【後  援】 江東区、江東区教育委員会
【協  力】 特定非営利活動法人 日本ブラインドサッカー協会、一般社団法人 日本ボッチャ協会
【協  賛】 NEC(2020年オリンピック・パラリンピックゴールドパートナー)

◇イベントの詳細はこちらからご覧ください。
 リンク

▼本件についてのお問い合わせ先
 武蔵野大学 企画部 企画・広報課(担当:冨山)
  TEL: 03-5530-7403
  FAX: 03-5530-3818
  E-mail: kouhou@musashino-u.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。