logo

【FRONTIER】ラインナップ最小のゲーミングPC 新発売

インバースネット株式会社 2016年12月09日 12時30分
From PR TIMES

~ マイクロタワーより小さい筐体に最新版グラフィックカードを搭載可能 ~

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、2016年12月9日(金)より、グラフィックカードを搭載できるデスクトップパソコンとしてはラインナップで最も小さいゲーミングPCの先行販売を開始します。



■製品の概要
このたび発表する新シリーズ≪GTシリーズ≫は、マイクロタワーよりも小さいわずか「幅:約160mm x 高さ:約278mm x 奥行:約343mm」の筐体にグラフィックカードを搭載できる小型のゲーミングPCです。12月9日(金)から25台限定で先行販売を開始します。
≪GTシリーズ≫は、前面に12cmと背面に8cmの2基の冷却ファンを搭載することでケース内の熱の蓄積を防ぎ、小さい筐体でありながらゲームを快適に楽しめるように設計しています。
ラインナップにはZ170をベースに、第6世代CPUを備えた3機種をご用意しています。また、グラフィックカードはGeForce GTX 1050、GeForce GTX 1050Ti、GeForce GTX 1060(3GB/6GB)の搭載が可能です。用途や予算にあわせてご希望に近い構成から、お好みのグラフィックカードやパーツのカスタマイズをお楽しみください。
[画像: リンク ]
■製品の特長
<ECS製 Z170IU-C43マザーボード採用>
耐冷熱温度検査などの耐久テストをクリアした信頼性のあるECS製 Z170IU-C43マザーボードを採用しています。
Z170IU-C43マザーボードは、最大32GB(16GB×2)までのメモリを搭載可能なDDR4-2133に対応したメモリスロットを2つ装備し、4K映像の出力に対応したHDMI2.0(タイプA)を搭載しています。またDisplay portやDVI-Dなどの映像出力端子も利用できます。
コンパクトなPCケース向けのMini-ITXマザーボードは、サイズに縛られない機能とインターフェースを備えています。

<第6世代インテル プロセッサー・ファミリー搭載>
第6世代 インテル Core プロセッサーシリーズ(開発コードSkylake)は、最新の14nmプロセスを採用したCPUです。最新のプロセスラインの採用で省電力化と演算能力の向上を両立しています。最新のグラフィックカードと組み合わせることでゲームや動画編集等でも最高のパフォーマンスを発揮します。

<用途で選べる多彩なグラフィックカード>
GTシリーズは、筺体サイズが「幅:約160mm x 高さ:約278mm x 奥行:約343mm」とコンパクトでありながら、多彩なグラフィックカードを搭載することが可能です。CPU内蔵グラフィック(オンボード)でもインターネットやOfficeソフトの利用には十分ですが、リアルな3Dゲームプレイや動画編集にはグラフィックカードが欠かせません。最新のGeForceシリーズのラインナップからお好みのグラフィックカードをご選択いただけます。


尚、こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア(リンク)にて、2016年12月9日(金)より先行販売を開始します。

▼マイクロタワーよりも小さいゲーミングPC≪GTシリーズ≫はこちらから
リンク


●インバースネット株式会社 概要
■本社所在地 : 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8階
■設立 : 昭和26年12月14日
■資本金 : 1億2245万円
■代表者 :山本 慶次郎(代表取締役)
■事業内容 : 自社製パーソナル・コンピュータの開発・製造および販売、リユースパソコンの販売
■取扱商品 : 自社製パーソナル・コンピュータ(FRONTIERシリーズ)、パーソナル・コンピュータ用周辺機器、リユースパソコン(ノート、デスク、一体型、液晶セット、パーツ、その他)、各種情報機器

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。