logo

VMware 海外動向 > 第11回 組織の要求を叶え続けたいITチームのためにvCloud Airができる5つのこと

CTC教育サービスはコラム「 VMware 海外動向 > 第11回 組織の要求を叶え続けたいITチームのためにvCloud Airができる5つのこと」を公開しました。

###
こんにちはー。今回も海外のVMware関連のコラムを意訳してご紹介します。VMwareの海外動向を理解する上での参考になれば幸いです。

###

VMware vSphere®のワークロードを使用している複数のITチームが、パブリッククラウドを自分たちのインフラに統合し進化する組織の需要を満たすために、VMware vCloud ® Air™を選ぶようになってきました。なぜならvSphereに構築されるこのパブリッククラウドはいつでも稼働できる準備が整っており、アプリケーションをリライトしたり、セキュリティやコンプライアンスを妥協したり、新しい管理ツールや技術を学ぶ必要がないからです。

以下に挙げるのは、パブリッククラウドによる高い費用効果や運用効率を実現するためにはvCloud Airが最速の手段になると思われる理由のトップ5です。

No.1: 短期間でキャパシティを増加できる-vCloid AirはvSphereの強固な基盤の上に構築されるので、パブリッククラウドのアーキテクチャは社内のデータセンターとの一貫性を持ちます。そのためクラウドへのスケールアップやスケールダウンが素早く簡単にできます。

No.2: セキュリティが提供され、管理しやすいように社内のデータセンターが反映される-VMware NSX技術によって動くAdvanced Networking Servicesは、vCloud Airにおけるエンタープライズ級のクラウドネットワーキング及びセキュリティのサービスです。これにはパブリッククラウドの柔軟性、セキュリティ、顧客が社内製に期待するような管理のしやすさがあります。これらのサービスの特徴はvCloud Airにおけるセキュリティとネットワークの能力だけではなく、組織がパブリッククラウドに移行する妨げとなっている、ネットワーク統合における主要な課題をいくつか解決できることです。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。