logo

岩手が誇る最高級プレミアム米の名称「金色の風」に決定!

岩手県 2016年12月08日 17時55分
From 共同通信PRワイヤー

平成28年12月8日

岩手県

岩手が誇る最高級プレミアム米の名称「金色の風」に決定!

 岩手県は平成28年12月8日(木)、岩手県産米の最高級品種として開発を進めてきたオリジナル水稲新品種「岩手118号」の 名称・ロゴマーク発表会を女優ののんさんをスペシャルゲストに迎え、東京・銀座の時事通信ホールで開催した。

 岩手県オリジナル水稲新品種 岩手118号の名称「金色の風」(こんじきのかぜ)

 この名称の「金色」は、”黄金文化”や”黄金の國”など、岩手県をイメージさせる言葉であり、また、たわわに稔った黄金色(こがねいろ)の”稲穂”を連想させるもの。
「風」は、豊かな岩手の”風土”を表すとともに、日本の食卓に新たな”風”を吹き込むイメージを表現している。

 ロゴマークは、流線型の金色に彩られた風が、至高を極めるお米をやさしく包み込むイメージを表現している。
 また、風に舞うように配置された10個の色面は、お米のおいしさを生み出す10のポイントを象徴している。
 ◎10のポイント:『ハイテク、太陽、銀河、空、大地、肥料、水、土、人、豊かな稔り』
 
 発表会に出席した達増拓也岩手県知事は「おいしいごはんにこだわる人から愛され続けるお米になるよう、関係者が一丸となって取り組みを進めていく」とブランド化に向けた意気込みを語った。

 なお、「金色の風」は、平成29年度以降の本格販売に向け、全国的なプロモーションを展開していく。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。