logo

はてなのオウンドメディアCMS「はてなブログMedia」を株式会社AIRDOが採用。北海道や旅をテーマにした「Yorimichi AIRDO」公開



株式会社はてな(代表取締役社長:栗栖義臣/本社所在地:京都市中京区)が提供するオウンドメディアCMS「はてなブログMedia」は、株式会社AIRDOが本日12月8日より公開した新しいWebメディア「Yorimichi AIRDO」に採用されました。「Yorimichi AIRDO」は、北海道に拠点を置く航空会社であるAIRDOが「旅」「航空」「北海道」をテーマにした情報を紹介するオウンドメディアです。

▽ Yorimichi AIRDO トップページ
[画像: リンク ]


リンク

▽ はてなブログMedia ガイドページ
リンク

はてなでは、コンテンツマーケティング支援としてオウンドメディアCMS「はてなブログMedia」、自社編集チームによるコンテンツ制作支援、コンテンツ拡散のためのネイティブ広告などを企業向けメニューとして提供しています。「はてなブログMedia」は、「はてなブログ」などの個人ユーザー向け大規模Webサービスの開発や運営で培った技術力やノウハウをもとに開発し、2014年よりサービス提供を開始しました。
企業が自社メディア(オウンドメディア)でコンテンツを継続的に発信していくにあたり、担当者は「エンジニアなどの専門職の工数確保」「脆弱性対策」「SEO対策」「定期的なアップデート」などメディアサイトの構築・運営に関わる複雑かつ専門的な対応に追われ、工数や費用の負担が大きくなるという課題がありました。「はてなブログMedia」では、これらの課題を気にすることなく、オウンドメディアの担当者が注力すべき本来の業務であるコンテンツの制作に集中できるCMSです。シンプルで書きやすい編集画面、検索エンジンに配慮したサイト構造、トレンドにフィットした自動的な機能アップデートなどが特徴の最先端CMSとして導入企業を増やしています。
(導入企業例:リンク

株式会社AIRDOは、2016年4月より展開していた「AIRDO旅行記~公式ブログ~」のコンテンツを引き継ぎ、より充実・拡大したオウンドメディアを目指す「Yorimichi AIRDO」のCMSに「はてなブログMedia」を採用しました。「Yorimichi AIRDO」では、「旅」「航空」「北海道」をテーマとし、旅に関連するヒト・モノ・コトにスポットを当て、エアラインならではのコアな情報や、旅行者や現地に住む人々の魅力的なストーリーを紹介予定です。はてなでは「Yorimichi AIRDO」開始にあたり「AIRDO旅行記~公式ブログ~」からのコンテンツ移行や「はてなブログMedia」の導入支援を担当しました。
株式会社AIRDOでは、「Yorimichi AIRDO」での積極的な情報発信を通じて、旅行需要の促進と地域社会の発展を目指しています。

はてなでは引き続き、個人ユーザー向けサービスの開発・運営で培った技術力やユーザーコミュニティを活用し、企業のオウンドメディア構築やコンテンツマーケティング活動を支援してまいります。

■ 株式会社AIRDOについて
リンク
本社:北海道札幌市中央区北1条西2丁目 オーク札幌ビル8F
代表取締役社長:谷寧久
設立:1996年11月
事業内容:定期航空運送事業
AIRDOは、本年11月14日に設立20周年を迎えた北海道の航空会社。現在、新千歳-羽田線を始めとする12路線、1日72便を運航しており、「北海道の翼」として地域に根差し、地域と共に成長し続ける「オンリーワン」の航空会社を目指して、お客様にご安心・ご満足いただける空の旅の提供に努めている。

■ 株式会社はてな 概要
リンク
本社:京都府京都市中京区高宮町206 御池ビル9F
東京オフィス:東京都港区南青山6-5-55 青山サンライトビル3F
代表取締役社長:栗栖義臣
設立:2001年7月
事業内容:
合計訪問ユニークユーザー数:約5,400万人/月(※2015年7月時点)、登録ユーザー数:約500万人(※2016年3月時点)のコンテンツプラットフォームサービスを運営。代表的なサービスは国内最大級のソーシャルブックマークサービス『はてなブックマーク』や最新鋭のブログサービス『はてなブログ』など。
コンテンツプラットフォームサービスで培われた技術力やユーザーパワーを活かした様々なソリューション&サービスも提供中。オウンドメディア専用CMS『はてなブログMedia』、新世代のSaaS型サーバー監視サービス『Mackerel』、ページ単位でコンテンツ内容を判定・広告表示を適切にコントロールできるアドベリフィケーション『BrandSafe はてな』ほか。また、おもにコンテンツプラットフォームなどのWebサービスおよびアプリの共同開発事例も多数。

※記載されている会社名、製品名、サイト名は各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事