logo

実感できる「快適性能」を実現した低燃費タイヤDUNLOP「LE MANS V」新発売

住友ゴム工業株式会社 2016年12月08日 17時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年12月8日

住友ゴム工業株式会社

実感できる「快適性能」を実現した低燃費タイヤ
DUNLOP(タ゛ンロッフ゜)「LE MANS V(ル・マン ファイフ゛)」新発売

 住友ゴム工業(株)(社長:池田育嗣)は、乗り心地性能と静粛性能を大幅に高め、実感できる快適性能を実現した上に、耐偏摩耗性能を27%向上したDUNLOP「LE MANSV」を2017年2月から順次発売します。発売サイズは61サイズ、価格はオープン価格です。

 DUNLOP「LE MANSV」は、サイドウォールとトレッド部のクッション性を向上させることでタイヤの振動を吸収する新技術「SHINOBIテクノロジー」と、タイヤ内部の空気振動に起因するノイズを低減する「サイレントコア(特殊吸音スポンジ)」の搭載により、快適性能(乗り心地性能、静粛性能)を大幅に高めています※。さらに左右非対称パターンを採用することで外側ブロックの剛性を上げ、耐偏摩耗性能を27.0%向上しています。低燃費性能ではラベリング制度における転がり抵抗性能で「AA」を達成しています。
 ※ 従来品「LE MANS 4」との比較

■特長
○実感できる「快適性能」
新技術「SHINOBIテクノロジー」と世界初技術「サイレントコア」を採用することで、突起乗り越し時の入力を10.0%低減、ロードノイズを36.9%低減、パターンノイズを32.4%低減し、乗り心地性能と静粛性能を高めています。

「SHINOBIテクノロジー」
タイヤの骨格(プロファイル+パターン)を一から見直しサイドウォールとトレッドのクッション性を向上させた新技術で、路面からの衝撃によるタイヤの振動を抑え、乗り心地性能と静粛性能を向上。

「サイレントコア」(特殊吸音スポンジ)
タイヤ内部の空気振動をスポンジが吸収することでノイズを低減し、高い静粛性能を実現。

○偏摩耗を抑制し、トータルライフ向上
左右非対称パターン採用により、外側ブロックの剛性を上げ、耐偏摩耗性能を27.0%向上。

※詳細は添付のリリースPDFファイルをご参照下さい。

<商品・イベントに関するお問い合わせ先>
 タイヤお客様相談室  TEL:0120-39-2788



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事