logo

着ると誰でも忍者になれるジャージ【忍者ージ】米国・日本2ヵ国同時に支援募集スタート

株式会社CAMPFIRE 2016年12月08日 11時35分
From PR TIMES

日本のロックバンド・milktub(ミルクタブ)のボーカルbamboo氏がプロデュースする、忍者の黒装束デザインのジャージ「忍者ージ」を制作するプロジェクトの支援募集を、2016年12月8日、クラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」にて開始致しました。同氏は過去に甲冑デザインの「武者パーカー」制作プロジェクトで270名から$83,472を集めた実績を持ち、本作は「不審者パーカー」シリーズの最新作です。これを着ると、はるか昔に大名や領主など権力あるものに仕え諜報部隊として活躍した「忍者」が21世紀によみがえります。



[画像1: リンク ]

○全世界の忍者ファンへ贈る「忍者ージ」
▶着るだけで忍者になれる?!
隠密行動が必須とされる忍者の、すっぽりと顔を隠す「頭巾」、全身を闇に潜ませるための「黒装束」をパーカーで再現。動きやすさ・保温性・軽さ・肌触りを重視したジャージー素材を使用することで、目立たず素早く行動できるよう仕上げました。フロント部分に目の下まで上がるファスナーをあしらうことで顔を隠し、黒装束らしさを増す前身頃部分もプリントではなく切り替え仕様。前作の「武者パーカー」で好評だった手の甲を隠すギミックを引き継ぎ、深めのフードをかぶれば、誰でもすぐ忍者に早変わり!赤・青・黄の3色のカラーバリエーションを生かせば、ARゲームやサバイバルゲームをプレイする際のチーム分けでも活用できます。
[画像2: リンク ]



▶「忍者ージ」特徴
・忍者の頭巾を模した、存在感のある色付きのフード
・顔か゛隠れるよう目の下まて゛上がるファスナー
・プリントではなく、切り替え仕様の前身頃
・手甲をイメーシ゛した手の甲まて゛隠れる袖と指掛け
・「忍者ーシ゛」と同し゛シ゛ャーシ゛素材のボトムスのすそ部分は、脚絆(きゃは ん)をイメーシ゛したリフ゛仕様
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]



○「忍者ージ」プロジェクトについて
東京・浅草にスタジオを構え、グッズやアパレルの企画・製作を行うSTUDIO696 と、日本のポップカルチャーを世界に発信する Tokyo Otaku Mode が共同で製作。日本国内は「CAMPFIRE」、国外は「Indiegogo」という2つのクラウドファンディング・プラットフォームを利用し、CAMPFIREでは先着30名限定の特別価格の忍者ージもご用意しました。

○「忍者ージ」プロジェクト詳細
プロジェクト名:忍者になれる『忍者ージ』制作プロジェクト -NINJACKET PROJECT-
URL:リンク
目標金額:1,000,000円
期間:2016年12月7日(水)~2017年1月31日(火) 23:59まで
リターン(返礼品)一例:
・「忍者ージ」トップス1着 ¥14,000 ※送料・消費税込(販売予定価格は ¥15,000)
・「忍者ージ」トップス1着+ボトムス1着 ¥20,000 ※送料・消費税込(販売予定価格は ¥22,000)

○「忍者ージ」詳細
商品名:忍者ージ
サイズ:M、L、XL、XXL(パーカー・パンツ共に4サイズ / 男女兼用 / ジャージー素材)
カラー:黒×赤、黒×青、黒×黄(パンツは黒のみ)


○フ゜ロモーションムーヒ゛ー「NINJACKET Justice, Parkour Style」
▶プ゜ロシ゛ェクト専用のアクション・ショートムーヒ゛ー
女子高生か゛ NINJACKET を着ることて゛「忍者」に変身し、仲間とともに敵を追い詰めていく様を描いたアクション・ショートムービー「NINJACKET Justice, Parkour Style」を制作。本プロジェクトのコンセプトを伝えることを目的としており、フランス発祥のエクストリームスホ゜ーツ「ハ゜ルクール」を用いてアクロハ゛ティックに現代版忍者を表現しました。
□NINJACKET Justice, Parkour Style:リンク

○CAMPFIREについて
▶日本最大のクラウドファンディング・プラットフォーム
“あたらしく何かを始めたい人” をサポートする、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」を2011年より運営。製品開発やクリエイティブ分野で利用される事が多く、国内最安値の5%の手数料 (競合他社平均15~20%) と最短即日での掲載期間 (競合他社平均5営業日) という2つの特色を持ち、日本一の掲載数を誇ります。これまでに3,600件以上のプロジェクトを掲載し、プロジェクトに対する総支援者数は約14万人、流通金額は14億円に達しました。
□CAMPFIRE:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事