logo

大京の戸建てブランド「アリオンテラス」シリーズ千葉県に初登場! 「アリオンテラス北小金」販売開始

株式会社大京 2016年12月08日 11時02分
From Digital PR Platform


株式会社大京(本社:東京都渋谷区、社長:山口 陽)は、戸建てブランド「アリオンテラス(ALION TERRACE)」シリーズの千葉県で初となる「アリオンテラス北小金」(千葉県松戸市、総戸数12戸)を12月9日(金)より販売することとなりましたので、お知らせいたします。

「アリオンテラス北小金」はJR常磐線「北小金」駅を最寄りとし、駅からフラットなアプローチで徒歩6分という利便性ながら落ち着いた住宅街に誕生いたします。徒歩圏内には大型商業施設や医療施設、レジャー施設などの生活利便施設が充実しており、街の穏やかさと利便性を享受できる環境にあります。また、本物件は街並み全体が大きな中庭(パティオ)の中にあるような街区創造をしており、プライバシーに配慮しつつ住民同士のコミュニティ形成をサポートする計画としています。

さらに本物件ではマンション事業で採用しているパッシブデザイン(太陽光や風などの自然エネルギーを利用した建築方法で室内環境を快適にする手法)を取り入れています。通風機能付き玄関ドアや風を取り入れることを考慮した開口デザイン、開閉可納なトップライトなどを通じて、自然エネルギーを活用した快適な住空間をご提供いたします。間取りに、「インナーテラス」付きの住戸をはじめ、それぞれに注文建築風のプランを取り入れているのも特徴です。

今後も当社ではマンション開発で培ってきたノウハウを活かした立地・品質の都市型戸建て住宅を 提供してまいります。


■「アリオンテラス北小金」の特徴
1.駅の近さを享受―「北小金」駅徒歩6分の立地
本物件は、「大手町」駅まで直通38分という快適アクセスが可能なJR常磐線「北小金」駅を最寄りとし、駅南口から徒歩6分の立地に誕生します。徒歩6分でありながら、物件周辺は駅から一歩離れた戸建て住宅を中心とする閑静な住宅地となっており、利便性と落ち着きを享受できる環境です。また、下総台地の安定した地盤に立つ高台にありながら、駅から現地まではフラットなアプローチが続いており、年を重ねても生活がしやすい立地にあります。

2.快適性を追求―パッシブデザインを採用
当社では新築マンションの全物件にパッシブデザイン(太陽光や風などの自然エネルギーを利用した建築方法で室内環境を快適にする手法)の自社基準を設け、産学共同で開発、実証実験・効果検証を進めております。本物件にもパッシブデザインを採用し、通風機能付き玄関ドアや風を取り入れることを考慮した開口デザイン、開閉可納なトップライトなどの導入により快適性を実現しています。

3.各住戸にこだわりを―注文住宅風の間取りを採用
2号棟では玄関部分を前面に出し、プライバシーと日当たりを確保できるテラスを設置、3号棟では2階廊下の両側を吹き抜けとすることで、空中廊下のイメージを演出、また、4号棟ではバスルーム前に拝庭を配しビューバス仕様にするなど、各住戸に注文住宅のような間取りを取り入れました。全12戸中8戸にはガーデンテラスを採用し、それぞれに特徴を持たせたプランとしています。

4.プライバシーと交流へのこだわり―コミュニティ作りをサポートする街区創造
街並み全体がまるで大きな中庭(パティオ)の中にあるような街区創造をしており、プライバシーに配慮しつつ住民同士のコミュニティ形成をサポートします。また各住戸内にもインナーパティオを設けており、ご家族やゲストの方々とのコミュニティをお楽しみいただけます。

5.大切な家族と住まいを守る―安心のセキュリティ
各住戸のポーチ灯・門灯・外部アッパーライトを一斉に照らして、街区全体をライトアップする「アカリテラス協定」を推奨し、街区全体の防犯を高めています。また防犯センサーカメラの設置や、1階部分はシャッター、もしくは防犯ガラス、鍵穴を探さなくてもかざすだけですぐに開錠できるカードキーを採用しており、街、各住戸ともに防犯性を高めています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事