logo

「第66回 全国小・中学校作文コンクール」(主催:読売新聞社)イーブックジャパン賞が決定!!



世界最大級のマンガ品揃えを誇る、電子書籍販売サイト「eBookJapan」(リンク)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、2014年から同コンクール協賛会社として参加し、小学校低学年の部、小学校高学年の部、中学校の部の3部門にイーブックジャパン賞を開設しています。

12月3日、第66回 全国小・中学校作文コンクール(読売新聞社主催)の表彰式が行われ、イーブックジャパン賞受賞者3名が表彰されました。

受賞者には、文部科学大臣賞、JR賞受賞者とともに、賞状と記念品が贈呈されました。表彰式に来賓として列席された高円宮妃殿下は、「文書を書き続けることによって、本を読み続けることによって、みんなの理解度も上がり、いろいろな観点から物事を考えることができるようになります」とお祝いの言葉を述べられました。


[画像1: リンク ]


今回のイーブックジャパン賞の受賞者は下記の通りです。(敬称略)


◆小学校低学年の部 「わたしの心とおじいちゃん」 栃木県・栃木市立栃木第四小学校3年 齊藤綾香(さいとう あやか)
[画像2: リンク ]

【作品の内容】 夏のお盆を迎える時期、母と姉の手伝いのため仏壇の掃除をしていて、亡き祖父に思いを馳せます。筆者が生まれて間もなく亡くなった祖父の日記を初めて目にし、自分への深い愛情を感じ取り、命と心のつながりによる絆が描かれています。
「お盆にいろいろと整理をしていたら、おじいちゃんの日記を見つけたんです」と齊藤さん


◆小学校高学年の部 「大きな壁をのりこえて」 山形県・酒田市立黒森小学校6年 佐藤歩岳(さとう ほたか)
[画像3: リンク ]

【作品の内容】 家で友だちと遊んでいると、そこに障がいを持つ兄が帰宅する。その時の友だちの兄への暖かい接し方をみて、障がい者をとりまく環境について今まで以上に思いを巡らせ、壁を乗り越えていこうという気持ちが生まれる様子がまとめられています。
「校長先生から『これ(作文コンクール)やってみたらどうだ?』と 勧められました」と佐藤さん


◆中学校の部 「特別支援の事を分かってください」 滋賀県・甲賀市立甲南中学校 特別支援学級3年 岩本樹利絵(いわもと じゅりえ)
[画像4: リンク ]

【作品の内容】 小学低学年時にクラスの勉強についていけなくなり、登校が負担になっていくさなか、支援学級に徐々に参加するようになります。自らも含めた支援学級の生徒が懸命に学ぶ姿勢を理解して欲しいというあふれる思いが伝わります。
「同じようなことをされた人が一人でも勇気づけられたらいいなと思っています」と 岩本さん


受賞作、および入賞作あわせて30作品は、『作文優秀作品集』として電子書籍でリリース予定です。また、全国都道府県で選ばれた優秀作品の電子書籍・紙書籍版を独占リリースします。これらの書籍は2017年3月までに発行される予定です。

◆読売新聞特設ページ
リンク
◆eBookJapan特設ページ
リンク


eBookJapanでは、新しい活字メディアである電子書籍の普及を通じて、今後も活字文化の振興に寄与したいと考えています。


■eBookJapanの主な特長
・世界最大級のマンガ作品数をはじめ、50万冊を超える “充実のラインナップ”
・購入した作品は複数端末(*)で楽しめ、My本棚は“背表紙表示”も可能
・手軽なブラウザでも、ダウンロード後はオフラインでも楽しめる “高画質リーダー”
*WindowsPC、Mac、iPad/iPhone/iPod touch、Androidに対応。


■株式会社イーブックイニシアティブジャパンについて
2000年に「SAVE TREES!」を合い言葉に創業した電子書籍業界の老舗です。2011年に東京証券取引所マザーズ市場に上場、2013年に東証一部へ市場変更。 (コード:3658 “365日ハッピー”)2016年9月より、Yahoo! JAPANグループの一員となりました。

コーポレートサイト: リンク
電子書籍販売サイト: eBookJapan (リンク)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事