logo

eBookJapanが入手困難な『ホフマン全集』を電子化し、独占販売。藤田和日郎&M・メントラインのインタビュー、逢坂剛のコメントを公開!



世界最大級のマンガ品揃えを誇る、電子書籍販売サイト「eBookJapan」(リンク)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、12月6日(火)より創土社(本社:東京都中野区、代表取締役:酒井武史)と共同でドイツ幻想文学の巨匠E・T・Aホフマンの『ホフマン全集』(訳:深田甫 1~11巻)の電子版の配信を開始いたします。


[画像1: リンク ]

『ホフマン全集 1~11』(E・T・A・ホフマン/著 深田甫/訳)創土社
各2,500円(税別)

『ホフマン全集』は1973年に創土社より発刊された、19世紀ドイツロマン派の作家E・T・Aホフマンの全集です。
ホフマンは作家、作曲家、画家、評論家、法律家といった様々な分野で才能を発揮した人物です。作家としては『砂男』や『黄金の壺』をはじめとした多くの小説を発表しました。その諸作品に漂う幻想性は、バレエ『くるみ割り人形』『コッペリア』など後世の名作に多大な影響をあたえました。
『ホフマン全集』は、この全集でしか読めない作品が収録されており、刊行当初から根強い人気がありますが、現在では大変入手しにくいシリーズです。より多くのホフマンファンが手に取れるよう、今回、電子化を行いました。


[画像2: リンク ]

▽『ホフマン全集』電子書籍化!特設ページ
URL:リンク
内容:
・作家、逢坂剛によるホフマン解説
・漫画家、藤田和日郎インタビュー「ホフマンという、想像の中で心を遊ばせる読書体験」&イラスト
・【職業はドイツ人】のマライ・メントラインによる解説「ドイツ人にとってのホフマン」
・「ホフマンの最晩年覚書」、「ホフマンの書簡」
「ホフマン全集12巻」(2017年刊行予定)に収録される予定の、ホフマンの書簡と最晩年の覚書を限定公開


eBookJapanは現在、入手困難な希少な文学、マンガ作品の電子化を行うことで、貴重な出版資産を後世に残す企画を引き続き行ってまいります。


■eBookJapanの主な特長
・世界最大級のマンガ作品数をはじめ、50万冊を超える “充実のラインナップ”
・購入した作品は複数端末(*)で楽しめ、My本棚は“背表紙表示”も可能
・手軽なブラウザでも、ダウンロード後はオフラインでも楽しめる “高画質リーダー”
*WindowsPC、Mac、iPad/iPhone/iPod touch、Androidに対応。


■株式会社イーブックイニシアティブジャパンについて
2000年に「SAVE TREES!」を合い言葉に創業した電子書籍業界の老舗です。2011年に東京証券取引所マザーズ市場に上場、2013年に東証一部へ市場変更。 (コード:3658 “365日ハッピー”)2016年9月より、Yahoo! JAPANグループの一員となりました。

コーポレートサイト: リンク
電子書籍販売サイト: eBookJapan (リンク)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事