logo

ソーラーフロンティアとデルタエレクトロニクス、タイ王国における太陽光発電プロジェクトで協力


【東京—2016年12月6日】-ソーラーフロンティア株式会社(代表取締役社長:平野敦彦、本社:東京都港区台場2-3-2、以下:ソーラーフロンティア)とデルタエレクトロニクス(タイ王国)は、タイ王国バンコク近郊のバンプー工業団地にあるデルタエレクトロニクスの工場敷地内において、合計510kWp となる4件の太陽光発電プロジェクトが竣工しましたのでお知らせいたします。

今回のプロジェクトでは、ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池が、デルタエレクトロニクスの2つの工場の屋上と駐車場に設置されました。建設は、現地の太陽光発電EPC専門会社であるエナジープロコーポレーションが担当し、2016年7月に着工し、同10月に完工しました。年間発電予想量の合計は793MWhで、デルタエレクトロニクスが全量を自家消費する予定です。

パワーコンディショナは、デルタエレクトロニクスの親会社であるデルタ電子が開発したトランスレス方式シリーズ(PRI M50A、PRI-M20A)を採用し、業界で最高レベルの発電効率を実現します。PRI M50Aモデルは、世界で最小かつ最軽量の50kW規模のパワーコンディショナでもあります。これらのパワーコンディショナは、優れた施工性や国際認証を得た安全基準に加えて、コストや設置スペースについても最適化された革新的かつ最先端の設計となっています。またデルタ電子が開発したソフトウェアと連係しており、電力消費の監視・管理が可能です。

デルタエレクトロニクス代表の Hsieh Shen-yen 氏は、次のように述べています。「タイにおけるデルタエレクトロニクスのすべての工場は、高い環境性能を満たしている建築物に与えられるLEED認証を取得する予定です。当社はソーラーフロンティアと2015年から協力関係にありますが、同社のCIS薄膜太陽電池はタイの強い日差しや雨季など多様な環境下で年間を通じて優れた発電性能を発揮します。今回のプロジェクトの成功は、タイにおけるソーラーフロンティアと私たちのパートナーシップを一層発展させるものと確信しています。」

ソーラーフロンティア執行役員の黒田雄一は次のよう述べています。「タイは太陽光発電による総電力量を2036年までに6GWへ引き上げることを目標としており、太陽電池市場のポテンシャルは膨大です。ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池は、実際の環境下において優れた実発電量を実現します。影に強い特性を生かし、バンコクの長い雨季の間も高い発電効率を期待できます。ソーラーフロンティアが誇るメイドインジャパンの技術力とデルタエレクトロニクスの地域に根差した実績を結集し、タイにおける太陽光発電の普及に貢献してまいります。」

デルタエレクトロニクスは、タイ王国におけるエレクトロニクス分野におけるトップブランド企業として表彰されているほか、環境・社会・コーポレートガバナンスの側面においてタイ王国内有数の優良企業として評価されています。ソーラーフロンティアは今後とも、世界各地において強固なパートナーシップを通じて、太陽による快適でクリーンな暮らしをお届けしてまいります。


以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事