logo

シニアの生活支援「朝日新聞Reライフサポート」を開始

株式会社朝日新聞社 2016年12月05日 17時00分
From PR TIMES

より楽しく、より便利に。個人向け福利厚生会員サービス

 株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は、シニア世代の日々の暮らしを応援し、人生を充実させるための会員制サービス「朝日新聞Reライフサポート」を12月から始めました。超高齢社会を迎え、できるだけ長く健康を維持し、生きがいをもって暮らすことを支える取り組みが社会的に必要とされるなか、朝日新聞社も、業界のパイオニア企業と連携しながら、シニアの生活サポート分野でのサービスを充実させます。
 会員サービスは、旅・グルメ・レジャー・エンタメなどの各種優待サービスが満載の「人生充実コース」と、家のトラブルへの緊急駆けつけ、ハウスクリーニングや家事代行などが優待価格で受けられる「くらし安心コース」の2種類です。
「人生充実コース」については、企業向けの福利厚生事業で実績のある株式会社ベネフィット・ワンと、「くらし安心コース」については、駆けつけサービスのパイオニアであるジャパンベストレスキューシステム株式会社などと業務提携し、サービスを提供します。

朝日新聞社は今年、アクティブシニアの生活を応援するため、全社横断で「Reライフプロジェクト」を立ち上げました。毎週月曜日朝刊のReライフ面を軸に、紙面やデジタルコンテンツの情報にとどまらず、イベント・講座や定期アンケートなどを通じて、シニア読者の暮らしに、よりリアルに役立つサービスに取り組んでいます。

<朝日新聞社Reライフサポートの概要>

・「人生充実コース」
 旅、グルメ、レジャー・エンタメなどのサービス・商品を優待価格でご購入・ご利用いただけます。取り扱いサービス・商品数は100万件以上です。シニア世代のために、電話相談を充実させました。レジャーやグルメのご予約を電話で受け付けるほか、ご要望や予算に応じて宿を探したり、レストランで使える割引クーポンを受け付けてご自宅にお届けしたりすることも可能です。

・「くらし安心コース」
 水回りや鍵、ガラスのトラブルが生じたら、24時間365日、無料で緊急に駆けつけするサービスです。また、ハウスクリーニングや家事代行などの生活支援サービスを優待価格でご提供します。家の中で何かトラブルがあったときに、電話でご相談していただければ、電球交換や給湯器の不調、建具の不具合、庭の手入れなどからお風呂場や換気扇の掃除、エアコンクリーニング、家事代行まで、専門業者をご紹介し、一般価格の3割引でご利用いただけるサービスです。

会費は、いずれも以下の通りです。
・月次会員(ウェブ申込・クレジットカード決済): 各コース・月会費400円(税抜き)
・年次会員(ウェブ申込・クレジットカード決済): 各コース・年会費3,980円(税抜き)
・年次会員(電話申込・コンビニエンスストア振込): 各コース・年会費4,800円(税抜き)
 ※月次会員・年次会員とも入会初月は会費無料です。入会の翌月より会費が発生します。

 サービスの詳細や入会方法などは「Reライフサポート」のページでお知らせしています。入会申し込みは、インターネットからでも電話からでも可能です。
リンク

●提携先企業について
・株式会社ベネフィット・ワン
 会員制福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を運営。
総会員数780万人、6813団体(2016年9月時点)に対し、宿泊施設や飲食店、レジャー施設、介護・育児など約100万件のサービスを優待価格で提供しています。

・ジャパンベストレスキューシステム株式会社
 家のカギ交換、窓ガラスの破損、水道の水漏れなど日常生活における様々な「生活トラブル」を解決する事業を全国展開しています。その他、緊急駆けつけサービスに特化した、24時間365日対応のコールセンター受託事業や少額短期保険事業も手掛けており、東証一部上場として安定した財務基盤をベースに「生活救急車」のブランド化を促進することで、困ったときに一番近くにいられる存在を目指しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事