logo

地方の下着小売店と協業する、新ビジネスモデル「ワコールガーデン」~8店舗目となる上越店がオープン~

株式会社ワコール 2016年12月05日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年12月5日

株式会社ワコール  広報・宣伝部

地方の下着小売店と協業する、新ビジネスモデル「ワコールガーデン」~8店舗目となる上越店が2016年12月5日にオープン~

 株式会社ワコール(本社:京都市/社長:安原弘展)は、株式会社べるあみ(本社:新潟県上越市/社長:石田一裕)と協業し、カフェ併設のインナーウェアショップ「ワコールガーデン上越店」を2016年12月5日(月)にオープンします。
「ワコールガーデン」とは、地方小売店の支援と当地におけるお客様との接点開発を目的に、商店街の振興や街の活性化といった地方創生の一助となることを目指して、ワコールが提案する新しいビジネスモデルです。地方小売店が主体となって運営し、ワコールは店内の装飾や外観のデザインの提供、接客教育や来店促進へのアドバイスや、ワコールが持つ販売データから季節や顧客にあった商品展開、販促計画など、幅広くサポートしています。2014年3月、松山市内の銀天街にオープンした「ワコールガーデン松山店」を皮切りに、現在までに合計7店舗をオープン。8店舗目となる上越店も、これまでの店舗「べる・あみ」を「ワコールガーデン」としてリニューアルオープンします。
 また、ロードサイドに立地する「ワコールガーデン上越店」では、お客様にインナーウェアの買い物以外でも気軽に来店いただくことを目的として、カフェを併設。カフェスペースのデザインや装飾などについては、ネスレ日本株式会社がサポートし、本格的なコーヒーマシンによっていつでも淹れたての「ネスカフェ」をお楽しみいただくことができます。「ワコールガーデン」としてカフェ併設は今回が初めてで、地域のさまざまなお客様に長く愛されるお店となることを目指します。
地方小売店とワコールの協業業態である「ワコールガーデン」は、地域とのつながりを大切にしてきた地方小売店の強みを生かしつつ、それぞれの商環境の変化に対応し、顧客との接点を維持・拡大するビジネスモデルとして、2019年までに計 約20店舗の展開を目指します。

■「ワコールガーデン」のショップコンセプトは、“近くのワコール”
下着を買うときは、気合を入れて、街まで出かけることもあるけれど、お散歩や、毎日のお買い物のついでに、ふらっと立ち寄れる、“気軽に行ける近くの下着屋さん。”

■「ワコールガーデン」出店の背景
ワコールでは、2012年から全国を都市別に細分化し、女性人口や年齢構成とその地域での売上などを詳細に分析してきました。その結果、特に地方においてワコールとお客様との接点が十分でない都市が存在することがわかり、また百貨店・大型量販店の撤退や商店街の衰退により、今後さらに接点が少なくなる恐れもありました。その対策の一つとして、地方におけるワコールと下着小売店、そして顧客をつなぐ新しいビジネスモデルとして構築したのが「ワコールガーデン」です。地域密着型の下着小売店の強みを生かしつつ、高齢化など地方の人口構造の変化に対応し、地域のお客様との新しい関係づくりを目的としています。

■ビジネスモデルの特長
ワコールと、「ワコールガーデン」を運営する小売店は、販売委託契約を締結しています。また、ワコールはグループ会社である株式会社七彩と共同で、店舗設計のノウハウ活用や価格を抑えた什器開発を行い、従来の約70%の施工コストを実現、ローコストでの開業を支援しています。さらに、その地域に暮らす人々、商店街を訪れる人々の年齢構成等を分析し、ワコールが展開する数多くのブランドから最適な商品構成・アイテム構成の提案を行ったり、効果的な販促策を実施するなど、さまざまな面から店舗運営をサポートしています。

■現在の「ワコールガーデン」展開店舗
統一された店舗イメージをベースに、立地や客層にあわせた店舗展開を行っています。


●ワコールガーデン松山店
住所:愛媛県松山市湊町3-8-22
TEL:089-931-8339
オープンは2014年3月。
松山市内の銀天街商店街にて展開。地域のお客様にもっとインナーウェアを届けたいという思いで開業した1号店。

●ワコールガーデン関マーゴ店
住所:岐阜県関市倉知516 サンサンシティマーゴ 2F
TEL:0575-21-0233
オープンは、2015年3月。
従来の店舗を「ワコールガーデン」としてリニューアルし、若い世代のお客様にも支持される店舗に生まれ変わった。

●ワコールガーデン山形店
住所:山形県山形市七日町2-1-8 イイナス 1階
TEL:023-666-7087
オープンは、2015年3月。
元ワコール販売員が早期退職して独立。培った接客技術を活かし、狭小ながら地元に愛される店舗に成長。

●ワコールガーデン高松店
住所:香川県高松市丸亀町5-4
TEL:087-822-0070
オープンは、2015年4月。
地元のアパレルショップ経営者がワコールの考えに賛同し、丸亀商店街にて開業。

●ワコールガーデン千葉 シーワン店
住所:千葉県千葉市中央区富士見2-25-1  Bブロック24
TEL:043-239-5535
オープンは、2015年7月。
従来の路面店からショッピングモール内に移転し、「ワコールガーデン」として再スタート。

●ワコールガーデン豊田T-FACE店
住所:愛知県豊田市若宮町1-57-1 B館T-FACE 3階
TEL:0565-42-3906
オープンは、2015年11月。
オーナーは熱心なワコールファンで、長年の夢であったインナーウェアショップ開業を「ワコールガーデン」で実現。

●ワコールガーデン八戸店
住所:青森県八戸市十六日町17 マイビル1F
TEL:0178-20-8308
オープンは、2016年3月。
閉店した大手得意先の元ワコール販売員と元ワコール直営店店長が開業。

■「ワコールガーデン上越店」について (※カフェ併設は、上越店のみ)
住所:新潟県上越市大豆1-12-1
TEL:025-522-7092
オープン日:2016年12月5日(月)
株式会社べるあみ様がより地域に愛される店舗を目指し、「ワコールガーデン」としてリニューアルオープン。
初のロードサイドタイプとして、ネスレ日本株式会社のサポートによるカフェを併設した。










本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。