logo

A10 、コンテナ・マイクロサービス対応のSaaS型アプリケーション配信管理プラットフォームを2017年第1四半期に日本市場で提供

~ マルチクラウドやハイブリットクラウド環境に対応したアプリケーション配信・セキュリティ・分析機能を提供 ~

A10ネットワークス株式会社は、あらゆるクラウド環境で最適なアプリケーション配信・セキュリティ・分析機能を提供する、SaaS型アプリケーション配信管理プラットフォーム「A10 Lightning Application Delivery Service」 を、日本市場にて2017年第1四半期より提供開始することを発表します。

セキュアアプリケーションサービスにおけるリーディングカンパニーであるA10ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、日本法人代表 兼 社長 米国本社ヴァイスプレジデント兼務:川口 亨、以下A10)は、あらゆるクラウド環境で最適なアプリケーション配信・セキュリティ・分析機能を提供する、SaaS型アプリケーション配信管理プラットフォーム「A10 Lightning Application Delivery Service (Lightning ADS)」 を、日本市場にて2017年第1四半期より提供開始することを発表します。

 Lightning ADSは、マルチクラウドやハイブリッドクラウド環境で提供されるアプリケーションのパフォーマンスを最適化し、WAFやDDoS攻撃防御などのセキュリティ機能を同時に提供する「Lightning ADC」と、Lightning ADCに対する設定やサービス状況の監視を一元的に管理できる「Lightning Controller」で構成されています。Lightning ADSは、コンテナやマイクロサービスベースのアーキテクチャに対応し、ChefやPuppet、Ansibleなどの自動化ツールと連携できるため、DevOpsを実践する組織などに最適です。

 アプリケーションを中心に考えるIT企業は、クラウドが持つアジリティとスピードを持ちつつ、従来のデータセンターも活用したハイブリットな環境へ移行する方法を模索しています。A10のLightning ADSは、「クラウドネイティブ」なアプリケーション配信コントローラーにより、従来の環境とクラウドアプリケーション環境をシームレスに統合し、ハイブリッドクラウドへの移行を支援します。

■Lightning ADSの構成要素:
 •Lightning Controller: 様々なクラウド環境にわたり、アプリケーション配信の管理やポリシー設定、ビッグデータのリポジトリ、およびアプリケーションごとの分析エンジンを提供するSaaS型コントローラー
 •Lightning ADC: Lightning Controllerにより管理され、各クラウド環境でレイヤー4-7のアプリケーション負荷分散、およびセキュリティ機能を提供する、軽量かつフル機能を備えたADC
 •Lightning Portal: アプリケーション単位でのインフラストラクチャ管理、ポリシー管理、可視化と分析機能を提供するポータル
 •Lightning API: Lightning ADCが持つ全ての機能を外部から利用可能にするRESTful API

<Lightning ADS構成要素 イメージ図>
リンク

■Lightning ADSの特徴:
•運用の効率化 — アプリケーションサービスのポリシー管理と状況監視を一元化
・複数のクラウド環境で展開されているLightning ADCクラスタを一元的に管理
・Lightning ADCとアプリケーションサーバーとの通信状況や、セキュリティインシデントの状況などをグラフィカルなダッシュボードで容易に把握可能
・マルチテナントとセルフプロビジョニング環境に対応し、複数のアプリケーション開発チームに独立した操作環境を提供
•DevOpsへの対応 — システム構築からサービスインまでの期間を短縮化
・コンテナやマイクロサービスベースのアーキテクチャに対応
・Lightning API のRESTful APIにより、Chef、Puppet、Ansibleなどの自動化ツールや、JenkinsなどのCI/CDツールと連携して、システム構成の自動化、高速化を実現
・Blue-Greenデプロイメントによる自由度の高いテスト環境により、システム更新の信頼性と新サービスへのスムーズな移行を実現
•コスト削減 — 自動化と効率的なリソースコントロールによる設備・運用コストの削減
・上述のCI/CDツールを使用した作業の自動化による運用コストの削減
・負荷状況に応じて自動的にADC/サーバインスタンスを拡張でき、過剰な先行投資を回避して需要に応じた最適なサービス提供を実現

■提供開始時期
Lightning ADSは、2017年第1四半期(1月~3月)に提供開始します。

■コメント
A10 Networksのクラウド部門ゼネラルマネージャーであるKamal Anandは、次のように述べています。「A10 Lightning ADSの発表は、パブリック/プライベート/ハイブリットの各クラウド環境においてセキュアなアプリケーションサービスを実現するという、A10の戦略的ビジョンを象徴しています。A10 Lightning ADSは、アプリケーションの可視化やインサイトを元に、最新のアプリケーションに配信管理とセキュリティを追加する、クラウドネイティブで費用対効果の高い、理想的な運用・開発環境を実現します。」

■A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について
A10 Networks(NYSE: ATEN)はセキュアアプリケーションサービスにおけるリーディングカンパニーとして、高性能なアプリケーションネットワーキングソリューション群を提供しています。お客様のデータセンターにおいて、アプリケーションとネットワークを高速化し可用性と安全性を確保しています。A10 Networksは2004年に設立されました。米国カリフォルニア州サンノゼに本拠地を置き、世界各国の拠点からお客様をサポートしています。
A10ネットワークス株式会社はA10 Networksの日本子会社であり、お客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションをご提供することを使命としています。詳しくはホームページをご覧ください。
URL:リンク
Facebook:リンク

A10 ロゴ, A10 Networks, A10 Harmony, A10 Lightning, A10 Thunder, Thunder および ACOSは米国およびその他各国におけるA10 Networks, Inc. の商標または登録商標です。その他上記の全ての商品およびサービスの名称はそれら各社の商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事