logo

東工大田町キャンパスで社会人向けMOTコース「クラウドソーシング入門・実践コース(土曜、全5日間)」が開講!

東京工業大学 CUMOT 2016年12月02日 11時00分
From PR TIMES

~クラウドソーシング分野における研究の第一人者 比嘉邦彦教授による監修~

東工大キャリアアップMOT(CUMOT)では、クラウドソーシング(CS)の仕組みを通して世界的潮流となっているオープン資源化とその活用方法について学習し、演習により実際にCSの利用を体験する、キャリアアップMOT「クラウドソーシング入門・実践コース(第一期)」を開催します。



[画像1: リンク ]



[画像2: リンク ]

「クラウドソーシング入門・実践コース」は、クラウドソーシング分野における研究の第一人者 比嘉邦彦教授による監修の元、クラウドソーシングを実践できるスキルの修得や戦略的活用の考え方を学びます。比嘉教授は、NHK「クローズアップ現代(2013年6月18日(火)放送)」の「企業も働き方も激変 ~クラウドソーシングの衝撃~」にスタジオ出演するなど、「働き方改革」が注目される中、いち早く各メディアでも活躍しています。



コース紹介Webサイト
 リンク
コース紹介パンフレット(PDF)
 リンク


[画像3: リンク ]

【比嘉教授「クラウドソーシング」関連出演、取材実績】


テレビ:NHK「クローズアップ現代」(スタジオ出演)、NHK「あさイチ」(写真パネルにてコメント紹介)、CSスカパー「ビジネス・ブレイク・スルー」
出版物:日経HR「日経キャリアマガジン」取材記事、日本経済新聞社「日経グローカル」取材記事
著書 :「クラウドソーシングの衝撃(インプレスR&D)」
ウェブ関連:NHK「クローズアップ現代(2013年6月18日(火)放送)」webサイト
ダイヤモンド「ハーバード・ビジネス・レビュー・オンライン」取材記事、
全研本社「ワークスタイル瓦版」取材記事、Crowdsourcing JAPAN 取材記事、
ちきりんさんのブログ

【コースの目的】
本コースは、働き方・雇い方を含め大きな社会変革をもたらすと言われているクラウドソーシングについて利点・問題点および機会・脅威などについて学習し、複数回の発注を体験することで、講義で学んだ概念をより深く理解し、実践できる力を身に着けることを目的とします。

【コースの学習目標】
クラウドソーシングの活用に関する基本知識と実践方法の修得

【コースの内容】
クラウドソーシング(CS)の仕組みを通して世界的潮流となっているオープン資源化とその活用方法について学習し、演習により実際にCSの利用を体験します。具体的には、海外における先進的な官民の活用事例を通してCSの可能性を理解します。講義では、CSが社会・組織・個人に与える影響について解説し、来るべきクラウド時代への備えについても学びます。
また、演習では、国内および海外のCSサイトで実際に発注を行い、利用方法を体験します。

【このような方に受講をお勧めします】
次の様な方々でクラウドソーシング(CS)未経験者を主な受講対象とします。
官民・業種・職種・年齢・性別、文系/理系は問いません。

1.コスト削減・人材調達・新規事業立ち上げなどにCSを利用したい方
2.官民を問わずオープンイノベーションの手段としてCSを利用したい方
3.個人で、受発注を問わず利用したい方

【コース実施概要】
受講期間: 平成29年1月14日~平成29年2月25日(5日間、全13回)
土曜開催(一部隔週)10時~17時15分 ガイダンス、修了式含む
※講義のほか、ワークショップ形式の演習をします。
※開催日により、開始および終了時間が一部、異なります。
受講対象者:クラウドソーシング(CS)未経験者を主な受講対象とします。
官民・業種・職種・年齢・性別、文系/理系は問いません。
受講場所: 東京工業大学 田町キャンパス713教室(港区芝浦3-3-6)
      リンク
募集人数: 20名(最少開催人数8名)
受講料:  162,000円(税込) 予定
申込期間: 平成28年12月5日(月)~12月26日(月)(締切日必着)
申込方法: 願書に必要事項をご記入のうえ、下記送付先の住所までお送りください(締切日必着)。
申し込み用紙はこちらからダウンロードできます。
PDF版  リンク
WORD版 リンク
送付先  〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6
キャンパス・イノベーションセンター 705 CUMOT事務局
クラウドソーシング入門・実践コース受講申込担当

【コース担当教員 メッセージ】
日本では、主婦などの簡単な小遣い稼ぎの方法として取り上げられることの多いクラウドソーシングは、海外(特に米国)では、オープンイノベーションの手法として官民を問わず活用されています。また、ベンチャーから大企業までが人材調達の有効手段として活用しており、クラウドソーシングの活用は企業の生存に直結する時代になると言われています。さらに、クラウドソーシングの仕組みは、人材から他の資源への適用も急激に広がっており、クラウドファンディング、ウーバー、Airbnb等は日本でも良く知られた適用例です。
[画像4: リンク ]

今回提供するコースでは、クラウドソーシングの本質を正しく理解して貰い、適用領域の広さと可能性を学習すること、国内外のクラウドソーシングサイトで実際に発注を体験することで、実践力を身に着けることを目指します。本コースを受講することで、戦略的なクラウドソーシング活用に踏み出せる方が一人でも多くなることを期待しています。


東京工業大学
環境・社会理工学院 技術経営専門職学位課程 教授 比嘉 邦彦


【説明会】
2016年12月19日(月)19時より田町キャンパス713教室にて開催予定
申し込み方法は下記URLにてご確認ください。

リンク

※当日参加も可能です。
※ご都合がつかない場合には、下記のお問合せフォームより「クラウドソーシング入門・実践コースについて」を選択していただき、「説明会資料希望」とお送りいただければ、説明会開催後にPDFファイルにてお送りさせていただきます。

リンク


【CUMOTとは】
CUMOT(キューモット)は、社会人アカデミーのコースとして、環境・社会理工学院技術経営専門職学位課程が実施するMOT(技術経営)に関するサーティフィケート・コースです。
平日夜、週1回の通学など、社会人の方が働きながらMOTの学びを通じて、キャリア形成を図ることを支援する取り組みです。多様な業界・業種から、経営者、マネージャー、若手など多くの社会人が受講しています。
受講場所は田町キャンパス(JR田町駅徒歩1分)です。平成20年度よりスタートし、これまで800名を超える社会人の方が受講、修了しています。
[画像5: リンク ]


【本学(東京工業大学)におけるコース紹介webサイト】
・東京工業大学
   リンク

・東京工業大学 環境・社会理工学院 技術経営専門職学位課程
   リンク

[画像6: リンク ]


【実施体制】
主催: 東京工業大学社会人社会人アカデミー
事業主体: 環境・社会理工学院(技術経営専門職学位課程)
修了認定: 修了者には社会人アカデミー長名の「修了証書」を交付いたします。
評価については、出席状況を含め、コースごとに行います。

【お問合せ先】
東京工業大学 CUMOT事務局 担当 古俣(コマタ)
e-mail: cumot-info@mot.titech.ac.jp
webサイト: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事