logo

受賞歴があるHigh-Density Outlet Technology(HDOT)PDUにPer Outlet Power Sensingを追加

Server Technology 2016年12月02日 10時14分
From 共同通信PRワイヤー

受賞歴があるHigh-Density Outlet Technology(HDOT)PDUにPer Outlet Power Sensingを追加

AsiaNet 66697(1547)

【レノ(米ネバダ州)2016年12月1日PR Newswire=共同通信JBN】
*Alternating Phaseを搭載したServer TechnologyのインテリジェントなHDOT Switched PDUは今後、Per Outlet Power Sensing(POPS)とともに利用できる

何万ものHDOT PDUがすでにインストールされているが、Server TechnologyはHDOT Switched POPS(Per Outlet Power Sensing)PDUを追加することによって、これまでで最も人気があり革新的な製品ラインを完成した。デバイスレベルのモニタリングが可能な市場で最も独自性のある価値を持つラックPDUは現代のデータセンターの密度、容量計握、リモート電力管理向けのナンバーワン・ソリューションを提供する。

Photo - リンク
Video - リンク

HDOT Alt-Phase PRO2ラックPDUは当社のモジュラーPDU設計を拡大し、カスタム化したユーザー設定を可能にする。完全なSwitched POPS, Smart POPS、SwitchedのみないしはSmartのみの高密度ラックPDUを設定するにはウェブサイトリンク にあるBuild-Your-Own PDUを参照。全く新しい当社の4ステップ設定手順はユーザーフレンドリーであり、電圧、アンペア、位相、プラグタイプ、入力コード・オリエンテーション、アウトレット設定、コネクティビティー、カラー選択などの選択をグラフィックによって説明する。数千の設定が可能であり、顧客は自らのアプリケーションにとって最適な製品を必ず見つけることが可能である。

Server Technologyのエンジニアリング担当ディレクターであるトラビス・アイアンズ氏は「電力測定を当社のHDOT Alt Phaseモジュラー製品ファミリーに組み込むことはエンジニアリング上の大きな課題であったが、品質や製造可能性を犠牲にすることなく達成できたことを誇りしている」と語った。

利用可能な機能の詳細は以下の通り。

Per Outlet Power Sensing
当社がHDOT製品ラインに最近追加したのがPer Outlet Power Sensing(POPS)であり、典型的なデータセンター設備荷重の各コンセントで請求可能な+/-1%の精度を提供する。POPSはそれぞれのコンセントで電流、電圧、有効電力、皮相電力、力率、波高因子も含んでいる。これは究極の効率および容量分析を提供する。POPSは低値、高値の両方の電流、電力、力率に関するアラーム、警告シグナルを可能にする。

High Density Outlet Technology(HDOT)
PDUがデータセンター・ラックで占有できる制約された物理スペースに対処するため、Server Technologyは最小スモールファクターのPDUであるHigh Density Outlet Technology(HDOT)を開発した。これは42Uハイネットワーク・マネージドPDUデバイスの中に42個ものC13を取り付けることによって、ラックの裏面の物的財産を大幅に拡大する。すなわち、標準的コンセントを使用する同等のPDUよりも20%以上小さい。HDOTの発売に合わせて、Server Technologyは短納期の製造プロセスを開発し、顧客が必要とする場所にC19とC13を正確に組み合わせることによってPDUの短いリードタイムを提供する。HDOT設計は12ポンド以上の張力がある本来の高いコード保持力も提供し、特注ないしは高価な補助のロッキング・コード・デバイスの必要性を軽減ないしは除去する。コンセント密度が増加するとともに、電力が増加し、熱も増加する可能性がある。HDOTはUL94 V-0難燃等級をサポートする堅ろうな高温素材によって製造され、これらのコンセントを最も厳しいデータセンター環境に最適なものにしている。

Alt-Phase
ロードバランシングとケーブル管理を簡略化するために、Server Technologyは(個別の分離したバンクではなく)レセプタクル・ベースごとに位相を分配するAlternating Phaseコンセントを完備したPDUを提供し、より短い電路の形で目に見えるメリットを提供、その結果としてより良い空気循環、より容易なロードバランシング、より大きな効率を生み出した。HDOTが登場する前は、Alternating Phase製品は市販の個別コンセント特有の低いコンセント密度のために製造することができなかった。

PRO2
PRO2は柔軟で機能豊富なハードウエアおよびファームウエア・プラットフォームであり、より高度なオンボード・コンピュートパワー、最新のセキュリティー・プロトコル、冗長性機能、製品にすべて内蔵された高度なカスタマイゼーションを完備している。この最新のPRO2アーキテクチャーは信頼性および稼働率が重要であり、とりわけ高温と高度なセキュリティー・アプリケーションにおけるあらゆる状況に最適である。PRO2を使えば、顧客は現在のデータおよび将来のトレンドにアクセスしながら稼働率を維持できる。

Switched Outlets
電源をオンオフしたり、コンセントを個別ないしはグループでリブートしたりする能力によって、コンセントへのアクセスとロックアウト、突入電流発生の可能性を軽減する電源入力コンセント順序付け、オプションのスマート・ロードシェッディングなどの特定機能が可能となる。

▽Server Technologyについて
Server Technologyの電源戦略専門家は、小規模のテクノロジー・スタートアップからフォーチュン100大企業まで、世界中の要求が厳しいデータセンター向けのRack PDUソリューションを提供できると信頼されている。6万を超える世界中の顧客が当社のラック配電ユニット、受賞歴があるリモート電源管理ソリューションに依存し、密度を増大させ、容量計画を促進するとともに、電源監視を向上させ、効率を高めている。電源がわれわれのすべての業務であり、当社は最高のクラウドおよびコロケーション・プロバイダー、先進的なラボ、通信オペレーションで事業を展開している。Server Technologyの顧客は、当社を最高品質のPDU、最高の顧客サポート、最も価値があるイノベーションを提供すると位置づけている。例を挙げると、当社はあらゆるデータセンターのニーズに応えることができる1万2000以上のPDU設定を保有しており、80%のPDUが10日以内に出荷される。Server Technologyだけが顧客をStay Powered、Be Supported、Get Aheadにすることができる。

ソース:Server Technology

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。