logo

~女子大生の力をセントレアの新たな活力に~ 限定オリジナルスープ「CHITAち(知)ゃうだ~」をセントレアイルミネーション観覧のお客様にふるまう

金城学院大学 2016年12月01日 08時05分
From Digital PR Platform


金城学院大学と中部国際空港株式会社は2016年5月に「産学連携に関する包括協定」を締結。マーケティング、販促・広告活動及びオリジナル商品の開発等に関して、学生が企画提案し協働して実施することにより、特に若い世代に対するセントレアの利用促進を目指すことを目的に「金城セントレアサポーターズ」を発足し、さまざまな活動を進めている。


 このプロジェクトのオリジナル商品開発第二号として、セントレアで行われる寒い季節のスカイデッキイルミネーションを、よりお楽しみいただくためのおもてなしとして、オリジナルの温かいスープ「CHITAち(知)ゃうだ~」を、イルミネーション観覧のお客様にふるまう企画を実施する。

 このオリジナルスープは、常滑の人気店「koicafe」との協働により実現したもので、今回は販売はなく、抽選でイルミネーション観覧のお客様に、無料でふるまう形となる。揃いのユニフォームを着た「金城セントレアサポーターズ」メンバーが、お客様のおもてなしをする予定。

 今後も、産学連携協定に基づき、さまざまな領域において、双方が協働して積極的に取り組み、地域社会の発展や国際交流に貢献していきたいと考えている。

<配布について>
■配布日: 2016年12月3日(土)、4日(日)、17日(土)、18日(日)
       ※4日間
■時  間: 1回目/18:00~  2回目/19:00~
■配布場所: 中部国際空港旅客ターミナルビル4階 SORAビジョン
※各回25組50名様限定、配布開始30分前から整理券を配布し、希望者多数の場合は抽選

<商品について>
■商品名: まるごと知多産「CHITAち(知)ゃうだ~」
■特徴:
 知多半島近海で獲れたあかしゃエビをメインとしたシュリンプ(えび)チャウダースープ。その他、 牛乳、玉ねぎ、にんじん、ベーコンなど、知多半島産 の材料にこだわった。アクセントとして、パセリの 代わりに知多半島近海産の海苔を散らす。
 スープに添えるバケットラスクはウイング(翼)を、 星型のデニッシュラスクは空を象徴し、空に羽ばたく セントレアをイメージした。
※天候などにより素材に変更がある場合があります。

<ご参考>
■「産学連携に関する包括協定」について
 2016年5月6日(金)、中部国際空港株式会社と金城学院大学との間で締結。さまざまな領域において双方が協働して取り組み、地域社会の発展や国際交流への貢献を目指すほか、相互の構成員の資質向上が目的。
 当面は「マーケティング、販促・広告活動及びオリジナル商品の開発」領域において活動すべく、国際情報学部国際情報学科 庫元(くらもと)ゼミ3年生10名による「金城セントレアサポーターズ」を組織。女子大生の視点からのセントレア活性化を目指す。

■開発の経緯
 セントレアのスカイデッキは、海や飛行機が近く、見晴らしもよく、セントレアのシンボルとも言える場所で、ちょうどサンフランシスコのフィッシャーマンズワーフに雰囲気が似ていると感じられた。このスカイデッキを若い女性にも魅力的な場所にするためには、フィッシャーマンズワーフのクラムチャウダーのように、名物料理が必要だと、商品開発をスタートした。
 この時期に知多半島産で準備できる素材をピックアップ、名物料理を「シュリンプチャウダー」とすることで、常滑の人気店「koicafe」に試作を依頼。11月上旬にサポーターズメンバーが「koicafe」を訪問し、打ち合わせを行い、味・提供方法までを決定した。

■koicafe(オーナー:鯉江恵子、所在地:愛知県常滑市かじま台)について
 常滑市かじま台の住宅地の一角にオープンし、8周年を迎えた、お客様の絶えない人気のカフェ。女性ならではの優しいほっこりとした気持ち、美味しい笑顔をモットーに、お客様をお迎えしている。季節限定のパフェやデザートが人気。
リンク

▼本件に関するお問い合わせ
・金城学院大学 国際情報学部 国際情報学科
 教授 庫元正博
 TEL: 052−798−0180
・中部国際空港株式会社 広報グループ
 TEL: 0569−38−7775

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。