logo

ーエンジニアの独り言 > 第62回 籠の鸚鵡

CTC教育サービスはコラム「ーエンジニアの独り言 > 第62回 籠の鸚鵡 」を公開しました。

###
先々月に上梓されたハードカバー本で「籠の鸚鵡」"Parrot in a Cage" という小説を探すために週末に数件の本屋を梯子する羽目に陥りましたが、今現在は見つけ出しており無事に手にしております。

「籠の鸚鵡(かごのおうむ)」"Parrot in a Cage" の著者は「辻原 登」(Noboru Tsujihara) という方です。

『プロローグ』:

不勉強で恥ずかしいのですが、辻原昇氏の作品を読んだことは無いです。ですがモノクロームの背景に薄手の生地で誂えた(あつらえた)真っ赤なドレスを装う「ファム・ファタール」"Femme Fatale" が現れる物語の場面設定を妄想して勝手に筆者好みだと理屈つけたので是非読みたいという欲求が沸いてきました。そこはかとなく「フィルム・ノワール」"Film Noir" の香りがしたからです。

知らない作家さんの書籍を突然見つけて惹かれた切欠の件(くだり)なのですが、週末に気分をリフレッシュするためと身体を少しは動かそうと近場の高尾山を目指して家を飛び出したのですが、到着してみるとそこはまるで原宿の様相を呈しており身動きできないほどの混雑振りで困惑してしまいました。久しぶりの晴れ間と紅葉の色づき具合とミシュランによる効果が絶大であったことを思い知らされました。

時間を遡りまして困惑の表情を醸し出す少しだけ前、目的地の混雑など露知らず意気揚々と高尾山行きの電車に乗り込む前に道中の暇潰しにコンビで購入した新聞で掲載された記事を見ました。日本経済新聞の紙面にあった新刊書籍レビュー

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。