logo

CGAPが第11回フォトコンテストの勝者発表

CGAP 2016年11月30日 13時38分
From 共同通信PRワイヤー

CGAPが第11回フォトコンテストの勝者発表

AsiaNet 66645 (1522)

【ワシントン2016年11月29日 PR Newswire=共同通信JBN】CGAP(貧困層支援協議グループ)は29日、2016年フォトコンテストの大賞にミャンマーのザイ・ヤー・リン氏が選定されたと発表した。「Lend a Helping Hand(助けの手を差し伸べる)」と題された大賞写真は、70カ国の3000を超える応募作品から、見事な構成と販売用の陶器製作を手助けする少女を温かい目で描写したことによって選ばれた。

インタラクティブなマルチメディア・ニュースリリースは以下を参照。
リンク

この写真はヤンゴンにあるリン氏の自宅近くのトゥワンテ郡区で撮影された。同氏は、自分は船乗りを職業としているが、本当の情熱の対象は写真撮影だと述べ、「私は、写真は人々が眺め、感じるのを助けているのだと思う。人々や各地の文化や彼らの日常生活を撮影するのが私は好きだ」と語った。

トゥワンテ陶器はミャンマー全土で有名で、需要は極めて大きいが、若い世代はトゥワンテ以外の土地に機会を求め続けている。審査団は、この写真は価値はあるが消えてゆく可能性のある技術が世代から世代へと伝えられる様子をうまくとらえている、と評した。

大賞作品はリンク を参照。

20億人の人々が依然、預金口座やクレジットなどの基本的な金融サービスを利用できないでいる(リンク )。質の高い教育の提供やジェンダー平等の推進などの国連で採択されたSustainable Development Goals(持続的開発目標)の多くを実現するために金融包摂が極めて重要だということを示す証拠が増えている。11年にわたり年次CGAPフォトコンテストは、金融包摂が世界中の人々の生活に与えることのできる影響を示すオリジナルで切実な画像を追求してきた。

2016年CGAPフォトコンテストは、金融包摂の前進に役に立つ以下の4つの主要分野で応募を呼びかけた。(1)デジタルファイナンスにおけるモバイルマネーとイノベーション(2)女性の経済的能力拡大(3)弾力性(4)スモールビジネス-である。審査団はナショナル・ジオグラフィック誌の上級フォトマネジャーであるニコール・カッペロ氏、アトランティック誌のビジュアルエディターであるエミリー・エプスタイン氏、ニュージアムの写真・ビジュアルリソーシズ担当ディレクターのウィリアムズ・バビック氏で構成されている。

審査団の3人は、選出プロセスの際に自分たちの考えを表明した。

ニコール・カッペロ氏は、この作品は「世界中の人々のプライド、弾力性、忍耐力を謙虚な姿勢から眺めている」と述べた。

エミリー・エプスタイン氏は「この作品は通信社上に存在する何かではない。そのメッセージは、自らの運命を引き受けている尊敬に値する人々の1人だということだ」と語った。

インディラ・ウィリアムズ・バビック氏は「写真はストーリーを語る最も強力な手段の一つ。誰にとってもアクセス可能な画像を通して自らのストーリーを語ることは、自分の任務を推進するのに適した方法である」と述べた。

2016年最優秀作品の賞品は写真機材が買える2000ドルの商品券。大賞写真はニューヨーク市タイムズスクエアのジャンボトロンに展示される。

▽大賞受賞者およびファイナリスト
*大賞:Lend a Helping Hand(助けの手を差し伸べる)ザイ・ヤー・リン(ミャンマー)
*2位:Life in Water(水中生活)スジャン・サルカル(インド)
*3位:Farmer's Family(農夫の家庭)ピャエ・ヒョ・テト・パイン(ミャンマー)

▽テーマ別勝者
*モバイルマネー・イノベーション:Coconut Farm(ココナツ農場)エアカリン・エカルチャリヤウォン(タイ)
*女性の経済的能力拡大:Floating Life(浮遊生活)ザキルイ・マゼド(バングラデシュ)
*弾力性:Dream Defeated Disability(夢破れた身体障害)ファイサル・アジム(バングラデシュ)
*スモールビジネス:Decorative Umbrella Maker(装飾傘メーカー)アグン・ラウェリッサ・セチアワン(インドネシア)

▽地域別勝者
*アフリカ:Imagination(想像)ウィム・オプミーア(ケニヤ)
*東欧・中央アジア:Felting(フェルト製品)ボレント・スベルク(トルコ)
*東アジア・太平洋:Old TV Re-Used(古いテレビの再利用)リ・ホアン・ロン(ベトナム)
*中南米・カリブ海:Warmi Jilaqata 3 デービッド・マーチン・フアマニ・ベドヤ(ペルー)
*中東・北アフリカ:Sacre Sacrifice(聖なる犠牲)ブラヒム・ファラジ(モロッコ)
*南アジア:The Responsibility(責任)スジャン・サルカル(インド)

CGAP(the Consultative Group to Assist the Poor、貧困層支援協議グループ)は金融包摂を進めることを目指す30超の有力組織による世界的パートナーシップである。CGAPは実践的研究と大規模なアプローチを可能にする金融サービス・プロバイダー、政策立案者、資金提供者との積極的な関わりを通じて、革新的ソリューションを開発する。CGAPは世界銀行の中に居を構え、責任ある市場開発への実践的アプローチと、貧困層が生活向上に必要とする金融サービスの利用を高める証拠に基づく支援プラットフォームを結びつける。詳細は以下を参照。

www.cgap.org

Logo - リンク

ソース:CGAP

▽問い合わせ先
Esther Lee Rosen, CGAP
erosen@worldbank.org

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。