logo

エフセキュア、KDDIのクラウドパッケージサービスにクラウド型セキュリティサービス「F-Secure Freedome」を提供

Android / iOS などスマートデバイスの情報漏洩やウィルス感染を防ぐ。Wi-FiセキュリティとVPNソリューションで外出先でも安心してモバイルを活用可能に

エフセキュア株式会社は、KDDI株式会社の法人のお客さま向けに提供するクラウドパッケージサービス「ベーシックパックプラス」に、エフセキュアの法人向けクラウド型セキュリティサービス「F-Secure Freedome(エフセキュア・フリーダム)」が採用されたことを発表します。

エフセキュア株式会社(本社: 東京都港区、カントリーマネージャ キース・マーティン)は、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 田中 孝司)の法人のお客さま向けに提供するクラウドパッケージサービス「ベーシックパックプラス」に、エフセキュアの法人向けクラウド型セキュリティサービス「F-Secure Freedome(エフセキュア・フリーダム)」が採用されたことを発表します。
KDDIの「ベーシックパックプラス」は、従業員1,000名規模までの中小企業を主なターゲットとして、メールやファイルストレージ、セキュリティサービスなどのビジネス向け必須アプリケーションを低価格で利用可能にするサービスで、2016年11月28日から提供開始されています。同サービスにおいて、「F-Secure Freedome」は、スマートデバイス(Android、iOS)を含むマルチデバイスに対応し、アンチウイルスやプライバシーデータ保護、Wi-Fiセキュリティ、ブラウザ保護、盗難対策などの充実したセキュリティ機能を提供します。

KDDIは、中小企業ユーザーのビジネスに必要なアプリケーションを、クラウドで利用可能なお得なパッケージとして、「ベーシックパック」を2012年から提供し、以来、利用者数を順調に拡大し、契約は数千社、利用ID数は数十万IDにのぼります。今回新しく提供開始する「ベーシックパックプラス」は、パソコンやスマートデバイスから、「Google Apps for Business 」や「Office 365 with KDDI」 をはじめとするクラウドサービスに1つのIDで安全・簡単にログイン可能なIDaaS(Identity as a Service)である「KDDI Business ID」を基本サービスとして、各種サービスを選択可能にしたものです。
従来の「ベーシックパック」で提供したアプリケーションを見直し、充実するに当たり、ビジネスユーザーに最適なクラウド型セキュリティサービスとして「F-Secure Freedome」が選択されました。特に、企業においてスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスの導入・活用が増加するにつれて、情報漏洩やウィルス感染などのセキュリティに対する懸念が高まっていることから、KDDIは、「F-Secure Freedome」のAndroid、iOSなどのスマートフォンのセキュリティ機能に期待しています。

※KDDIの「ベーシックパックプラス」の詳細は以下をご参照ください。
リンク


◆「F-Secure Freedome」の機能
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・ウィルス検査
ファイルダウンロード時のウィルス検査、および、インストールされているアプリの検査をリアルタイムで実行。
・追跡情報収集防止(トラッキング対策)
Webおよびアプリのトラッキング動作をブロックし、広告主などへのユーザー情報の送信を防止。
・危険なURLへの接続防止(ブラウザ保護)
フィッシングサイトやマルウェア配布サイトなど、ユーザーが被害を受けるサイトへの接続を防止。
・通信暗号化
エフセキュアのクラウドVPNアクセスポイントに接続して通信を暗号化し、盗聴や改ざんなどからユーザーを保護。
・仮想ロケーション
デバイスのIPアドレスをエフセキュアのクラウドVPNノードのIPアドレスで隠蔽し、位置情報の流出を防止。また、特定の国からしか利用できないサービスを利用可能に(GeoIPによる制限の回避)。
・パスワードポリシー設定
文字数や複雑さ、期間などでパスワードポリシーを指定。
・盗難対策
紛失、盗難されたデバイスに対してリモートからロックやデータ削除などの処理を実施。
・端末ステータス監視
「F-Secure Freedome」の設定のオン/オフ確認や、これまでにブロックした攻撃の数を確認可能。

※製品詳細は以下をご参照ください。
リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■エフセキュアについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク
エフセキュアは、オンラインセキュリティおよびプライバシー保護を提供するフィンランドの企業です。エフセキュアの製品は数多くの受賞実績があり、クライムウェアから企業へのサイバー攻撃にいたる全ての脅威から人々と企業を守ってきました。現在、世界40か国以上、6,000以上のパートナーが販売しており、また、200以上のクラウドサービスでも提供されています。「Switch on freedom」をスローガンに掲げ、全世界の人々が安全に“つながる”ことができるよう支援することを使命としています。エフセキュアは、1988年に創業し、NASDAQ OMX Helsinki Ltdに上場しています。エフセキュア株式会社は、エフセキュア社100%出資の現地法人として1999年に設立され、以降、増収を続けながら順調に企業規模を拡大しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。