logo

TBMとキングソフトが販売取次店契約を締結

TBM 2016年11月28日 13時00分
From PR TIMES

名刺のデータ管理からオーダーまでを一貫させたトータル名刺サービスを提供

 石灰石を主原料とし、原料に水や木材パルプを使用せず、紙やプラスチックの代替となる新素材「LIMEX(ライメックス)」を開発・製造・販売する株式会社TBM(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山崎敦義、以下TBM)は、キングソフト株式会社(取締役社長:馮達 本社:東京都港区 以下キングソフト)と販売取次店契約を締結致しました。



[画像1: リンク ]


 本日11月28日(月)より、キングソフトが販売するクラウド名刺管理「CAMCARD BUSINESS(キャムカードビジネス)」のユーザーが、CAMCARD BUSINESSの名刺データ管理画面から、特別プロモーションページに遷移し、CAMCAMRD BUISNESSユーザー向けプロモーション価格で「LIMEX名刺」を購入できるようになりました。これにより両社は、CAMCARD BUSINESSユーザーが、名刺のデータ管理からオーダーまでを一貫して行えるトータル名刺サービスを提供して参ります。
LIMEX名刺 製品紹介: リンク
CAMCARD BUSINESS 製品紹介: リンク


■ 提携の目的と背景
 今回のキングソフトとの提携は、キングソフトが提供するCAMCARD BUSINESSユーザーに、名刺のデータ管理からオーダーまでを一貫して行えるトータル名刺サービスを提供することによって、LIMEX名刺をより多くの企業に活用いただき、世界の水問題への貢献、ならびに企業のCSR/サステナビリティのサポートをさらに進めることを目的にしています。
 2015年ダボス会議で、「今後10年間のあらゆる社会問題の中で最も影響が大きいリスク」として「水危機」が1位であると発表されました*1。また、2050年には世界人口の40%の人が水ストレス(1人当たり年間使用可能水量が1700トンを下回り、日常生活に不便を感じる状態)に陥るとされています*2。TBMは、このような水や木、石油等の地球環境資源問題に貢献すべく、世界にほぼ無尽蔵にし、日本においても100%自給可能な石灰石を主原料とした新素材「LIMEX」の開発・製造・販売に着手して参りました。当社は、経産省による日本の革新的な技術の実用化を支援するためのイノベーション拠点立地推進事業「先端技術実証・評価設備整備費等補助金」を受け、2015年2月に宮城県白石市に年産6,000トンの第1号プラントを建設。その後、2016年6月からLIMEX名刺をはじめとする各種印刷物の販売を行って参りました。
 LIMEX名刺は、普通紙で作られた名刺と比較し、1箱(100枚)で約10リットルの水を節水でき、世界で大きなリスクとなっている水問題に貢献できます。また、エコロジーなだけでなく、埋蔵量豊富な石灰石を主原料としているため、普通紙と同程度の価格水準を実現しています。さらに、耐久性、耐水性に優れ、普通紙で起こりやすい手切れや指切れがしにくいといった機能性も兼ね備えています。企業のCSR/サステナビリティに対する意識が高まる中、LIMEX名刺は600社*3を越える企業に導入されています(2016年10月末時点)。
*1: 世界経済フォーラム「グローバルリスク報告書2015年版」
*2: ユネスコ・世界水アセスメント「世界水発展報告書2014」
*3: 順次名刺の切り替えを進めている企業(団体)、企業(団体)内の一部の方が使用されている企業も掲載しています。


■ UI/UX
1. CAMCARD BUSINESSユーザー画面にある「LIMEX名刺申込」ボタンをクリック(赤枠箇所)
[画像2: リンク ]


2. CAMCARD BUSINESSユーザー様向け 特別プロモーションページに遷移
[画像3: リンク ]


3. LIMEX名刺オーダーフォームに必要情報を入力し、見積を依頼
*CAMCARD BUSINESSユーザー様向けプロモーションコードが自動入力されます
[画像4: リンク ]



■ LIMEX(ライメックス)」について
[ LIMEXとは ]
・LIMEXは石灰石を主原料に紙やプラスチックの代替となる、エコノミーかつエコロジーな革命的な新素材。
・2013年、経済産業省のイノベーション拠点立地推進事業「先端技術実証・評価設備整備費等補助金」に採択。
・2014年、国内特許を取得。現在、米国や欧州など世界43カ国にて特許を取得・申請中。
・2015年、宮城県白石市に年産6,000トンのLIMEXを製造する第一工場を建設。
[ 紙の代替として ]
・通常、普通紙1トン生産する場合、樹木を約20本、水を約100トン使うが、LIMEXは原料に木や水を使用せず、石灰石約0.6~0.8トンとポリオレフィン樹脂約0.2~0.4トンからLIMEXの紙1トンを生産可能。
・「耐水性」が高く、屋外や水回り、水中での利用が可能。経年劣化に強く、半永久的にリサイクル可能。
[ プラスチックの代替として ]
・従来のプラスチックの原料は石油由来樹脂100%であるが、LIMEXは主原料が石灰石であり、石油由来樹脂の使用量を大きく削減可能。
・単価の安い石灰石を主原料とすることで価格競争力を有する。
・リサイクルされたLIMEXペーパー から、LIMEXプラスチックを作れ、環境負荷軽減に貢献できる。
[ 資源としての石灰石の埋蔵量 ]
・日本でも100%自給自足できる資源。世界各地の埋蔵量も豊富で、ほぼ無尽蔵。
[ LCA(ライフサイクルアセスメント) ]
・2016年4月から国立大学法人東京大学 生産技術研究所 沖研究室と共同研究を実施し、ライフサイクルアセスメント手法を用いて、LIMEXペーパーおよび、LIMEXプラスチックの原材料から製造までのウォーターフットプリント(水消費量)および、CO2排出量を算定。
・LIMEXペーパーのウォーターフットプリント(「原材料調達」から「製造」工程)は、洋紙の各産地における平均消費量と比較し、約98%少ない。
・LIMEXペーパーの温室効果ガス排出量(「原材料調達」から「製造」工程)は、印刷用紙の平均値CO2と比較し、約20%少ない。
・LIMEXプラスチックの温室効果ガス排出量(「原材料調達」から「製造」工程)は、ポリプロピレン製の従来プラスチックと比較し、約57%少ない。
・今後、原材料選定や製造プロセスの見直しなど、ウォーターフットプリントや温室効果ガス排出量をさらに低める活動を継続的に行っていく。


■ 株式会社TBM

代表取締役社長:山崎 敦義
本社     :東京都中央区銀座2-7-17-6F
設立     :2011年
資本金    :40億6,920万円(資本準備金を含みます)/ 2016年1月時点
事業内容   :LIMEX及びLIMEX製品の開発・製造・販売
URL     :リンク



■ キングソフト株式会社

代表取締役会長 :翁 永飆
取締役社長   :馮 達
本社      :東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ4F
設立      :2005年3月
資本金     :6億1920万円(資本準備金含む)
従業員数    :106名(2016年4月現在)
URL      :リンク               



■ この件に関するお問い合わせ先
株式会社TBM コーポレート・コミュニケーション室 中島圭祐
TEL: 03-3538-6777 FAX: 03-3538-6778 Email: infomail@tb-m.com
キングソフト株式会社 広報担当 松山
TEL: 03-3582-8230 FAX: 03-3582-8231 E-Mail: press@kingsoft.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事