logo

機械学習やチャットボットを簡単に使えるクラウドを動画で学んで実践!2016年に流行った技術でアプリ開発

teratailが日本IBM監修のアドベントカレンダーを開始

レバレジーズは、エンジニアの問題解決プラットフォーム「teratail(テラテイル)」( リンク )にて、日本IBM監修の下、機械学習やチャットボットといった2016年に流行った技術を学習、実践、アウトプットできるアドベントカレンダーを11月28日より開始します。



[画像1: リンク ]

  ※画像はイメージです

■イベント概要 イベントページURL:リンク

 日本IBMが提供するアプリケーションを構築、管理、実行するためのオープン・スタンダードとクラウドをベースとしたプラットフォーム「Bluemix(ブルーミックス)」(リンク )を使って、オリジナル動画やチュートリアルを参考に機械学習やチャットボットといった今年流行った技術でアプリを開発します。12月1日~25日のアドベントカレンダーへの参加を通じて開発したアプリを発表。優秀投稿者にはオリジナル賞品を贈呈します。


■イベントの特徴

1.オリジナル動画やチュートリアルで今年流行った技術を手早く学ぶ
5分間のオリジナル動画やBluemixを使って実際に開発したアプリの記事チュートリアル(「画像認識でPPAPを識別する」など)を参考に、初めての方でも簡単に機械学習やチャットボットを利用したアプリを作ることができます。

2.Bluemixアドベントカレンダーに参加して学びをアウトプット
イエス・キリストの降誕を待ち望むアドベント期間に窓を毎日ひとつずつ開けていくアドベントカレンダーの風習に習い、チュートリアルなどを通じて得た学びや実際に開発したアプリを12月1日~25日に1日1人ずつサイト上で発表します。

3.優秀な投稿をしたユーザーに特別賞品をプレゼント
本イベント参加者全員にteratail上で使えるバッジをプレゼントする他、下記3つの賞を用意しています。
[画像2: リンク ]



1.Bluemix優秀賞(1名):アドベントカレンダーの投稿へのNice数が最も多い投稿者に青汁1年分を贈呈
2.IBM賞(1名):日本IBMがBluemixの可能性を最も拡げたと認定した投稿者にBluemixTシャツを贈呈
3.teratail賞(1名):teratailチームが最も面白いと感じた投稿をした方にteratailTシャツを贈呈


■イベント実施の背景

 2016年はAI元年とも言われ、機械学習や深層学習がIT業界のトレンドとなりました。同様にSlack BOTやLINE BOTといったチャットボットを活用したサービスが次々と誕生し、ChatOpsにも注目が集まった1年でした。ところが、ゼロから新しい技術を学ぶのはハードルが高いと感じ、なかなか挑戦するきっかけが掴めなかったエンジニアも少なくありません。そこで、エンジニアの問題解決プラットフォーム「teratail(テラテイル)」では、これらの今年流行った技術をしっかり触ってもらう機会を提供し、エンジニアの新しい技術への挑戦をサポートします。


■teratailとは

[画像3: リンク ]

 「teratail(テラテイル)」は、2014 年7 月にオープンしたエンジニアの問題解決プラットフォームです。プログラミング時に抱える問題や課題を質問すると、全国のユーザーが自身の知見を活かして回答します。オープンからわずか2年で国内エンジニアのほぼ100%が月に1度は訪れるメディアへ成長(※1)。1ヶ月に2万件を超える投稿(質問、回答、コメントの合計)があり、回答率は92.58%を実現。言語ユーザー界の代表や技術本の著者など技術発展に貢献されているエキスパートも多数参画しており、学生やプログラミング初心者から第一線で活躍する方々まで、幅広いエンジニアの技術問題の解決をサポートしています。

(※1)参考:IT人材白書2016( リンク )より、IT人材85万4,000人のうち、「インフラ系技術者」(87,962人)、「アプリ系技術者」(298,900人)、「運用系サービス技術者」(119,560人)の合計値を算出


■ レバレジーズ株式会社について( リンク

インターネットメディアを軸に、IT、医療、その他新規分野で事業を展開。業界最大手となるWebエンジニア/クリエイターの人材紹介サービス「レバテック」や看護師の人材紹介サービス「看護のお仕事」、フリーター就職支援サイト「ハタラクティブ」、エンジニアの問題解決プラットフォーム「teratail(テラテイル)」などを手掛ける。

本社所在地: 〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ17F
代表取締役: 岩槻知秀
設立: 2005年4月
事業内容: 自社メディア事業、システムエンジニアリング事業、メディカル事業、人材紹介事業

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事