logo

IIJとブレインズテクノロジーが機械学習を活用した障害予兆検知ソリューションを共同開発

ブレインズテクノロジー 2016年11月28日 11時00分
From PR TIMES

~ ネットワークのサイレント障害やシステム障害の予兆検知を可能にする監視システムを開発し、IT設備やIoTデバイスの予防保全を支援するソリューションを提供 ~

ブレインズテクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:濱中佐和子)と株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部、以下IIJ)は、機械学習を活用してシステム障害を予兆検知する監視システムを共同で開発し、IT設備やIoTデバイスの障害予兆検知ソリューションとして、主に通信事業者やIoTビジネスを展開する企業をターゲットに販売していくことを発表いたします。

現在、人工知能(AI)技術の業務への導入が進む中、機械学習における応用分野が広がりつつあります。データの入力を通して反復的に学習を行い、そこに潜むパターンを見つけ出すことで将来の予測を可能とする機械学習の技術は、従来人手で行っていた業務を代替することによる工数削減につながるとともに、人間が行うよりも高精度な予測が可能となることから、今後、ビジネスへの活用がますます進むと見込まれています。

こうした中、ブレインズテクノロジーが提供するデータ分析プラットフォーム「Impulse(インパルス)」は、機械学習による高度な予測・分析機能を搭載し、すでに多くの企業で導入されています。ブレインズテクノロジーはこの度、IIJとインテグレーションパートナー契約を締結し、Impulseを組み込んだシステム構築、およびIIJのクラウドサービス「IIJ GIO(ジオ)サービス」上に実装したサービス・ソリューションを提供してまいります。両者は、技術開発およびマーケティング、営業活動での協業体制を構築し、機械学習を活用したシステム障害の予兆検知や設備予防保全のニーズに対応いたします。

具体的には、以下のサービス・ソリューションの提供を予定しています。

◆IT設備監視ソリューション
IT設備における通常のネットワークトラフィック、サーバリソースを機械学習で解析し、通常と異なる傾向をリアルタイムに検知することで、システムのサイレント障害の発見や障害の予兆を検知します。これにより障害の未然防止が可能となり、コストや運用負荷の大幅な削減を実現します。本ソリューションは、すでにお客様への導入を進めています。

◆IoT向けソリューション
大量のセンサーデバイスデータ(ビッグデータ)を解析し、リアルタイムでの故障予兆を行います。属人的な閾値監視・目視監視の運用では実現不可能な、高精度でシステマチックなデバイスの監視や管理・制御が可能となります。本ソリューションは2017年度中の提供を目指し、開発を進めていきます。また、2016年11月末より提供開始予定の「IIJ IoTサービス」の機能として実装することも予定しています。
本取り組みにより、IT設備を保有するISPやケーブルテレビ事業者、製造業をターゲットに、2年間で50社への導入を目指します。

今後、ブレインズテクノロジーとIIJは障害予兆検知にとどまらず、将来インターネットにつながる数百億とも言われる膨大な数のデバイスの通信と、それにともなう大規模なデータ処理が求められるIoT環境を見据え、機械学習やAIを活用したシステムやデバイス管理・制御の自動化、そしてこれらの仕組みを支える次世代のクラウドコンピューティング・ネットワークを実現してまいります。


Impulseについて

Impulseは、様々なデータを収集・構造化して集計・異常検知まで繋げるリアルタイムの予測分析プラットフォームで、膨大な量のログデータ、センサーデータ等に対して機械学習で自動的に状態を識別し、実効性の高いデータの予測分析・異常検知を実現しています。従来の閾値ベースの管理の仕組みでは発見できない障害の検知や、不良品の検出など、これまで対応困難であった諸問題に対し、新たなアプローチで現実解を導いており、Interop Tokyo 2016「Best of Show Award」クラウドサービス部門の特別賞も受賞しています。


ブレインズテクノロジー株式会社について

ブレインズテクノロジー株式会社はAI(Artificial Intelligence:人工知能)分野の技術を軸に、先端オープンテクノロジーを活用したITサービス(機械学習技術を活用したリアルタイム予測分析プラットフォーム「Impulse」、エンタープライズサーチ「Neuron」)を企業向けに提供しています。企業知の創造を支援する想いを込めて、2012年3月に「Enterprise Intelligence(エンタープライズ・インテリジェンス)」を商標登録(第5472937号)しています。ブレインズテクノロジーに関する詳細はリンクをご覧ください。


株式会社インターネットイニシアティブについて

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、東証第一部 3774)は、1992 年、日本企業として初めての商用インターネットサービスプロバイダとして設立されました。現在では、IIJグループとして 8,500社を超える法人顧客に対して、インターネット接続、アウトソーシングサービス、WANサービス、クラウド等の各種ネットワークサービスから、システム構築、運用管理などのシステムインテグレーションまで、総合的なネットワーク・ソリューションを提供しています。IIJに関する詳細はリンクをご覧ください。

※本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事