logo

シンガーソングライター小西寛子が、自身の経験やSNSいじめ問題、弱い立場の人々を代弁するメッセージソング『She may be here』を12月24 日(土)デジタルシングルでリリース

オフィススクワレル合同会社 2016年11月25日 16時00分
From Digital PR Platform


[プレスリリース]

シンガーソングライター小西寛子が、純ジャパニーズ・フォーク風楽曲を作詞・作曲。
40代から70代までの幅広い層をターゲットにした「懐かし乙女系フォーク」。
自身の経験やSNSいじめ、自死問題、弱い立場の人々を代弁するメッセージ
ソング『She may be here』を12月24日(土)シングルリリース。

 海辺の伝説がテーマ『Her name was Ka leo』(英詞)以来3ヶ月ぶりの『She may
be here 邦題 ”シーメイビーヒア゛』は、シンガーソングライター小西寛子として「純
ジャパニーズ・フォークソング」スタイルの曲を作詞・作曲。対象を40代以上70代
団塊の世代をターゲットにした「懐かしの乙女系フォークソング」に仕上げました。


●作詞・作曲、セルフプロデュースとミキシングもほとんど自身で手がけた作品。ジャ
ケット写真は愛用のギターを抱えたデザイン。

 ”伝説といわれた演技派声優としての声を武器に、楽曲で少女を演じ、心から弾き
語っている。生まれつき歩くことに障がいを持ったティーンエイジャーの女の子がテ
ーマ。この楽曲製作のテーマや過程をツイッターで紹介したところ海外から多数の反
応があり、詞曲のイメージから、世界中で問題視されているSNSいじめ問題や、弱い
立場におかれた人々を代弁する強烈なメッセージソングと化している。”


●本人メッセージ
  「この曲She may be here では、ある10代の少女の姿をテーマにしました。自分
  が受けた「いじめや嫌がらせ」、自ら体験した悲しみも混ぜて曲にしました。私で
  あって私でない、飾らない、ほとんど素に近い声で歌ってますので是非聴いて欲し
  い曲です。そして、懐古主義?・・・純粋に、すべてに一途な女の子の「甘い青春
  とせつない気持ち」を感じてもらいたいです。世間の感覚について行けない、古い
  タイプの私ですが、「まだ見ぬ恋に憧れたまま、どこかへいった女の子」の物語を
  感じて欲しい・・・。私も色々なことがあり頑張っています。歌は男性などの別パ
  ートがありますので、皆さんで弾き語りをしたり、ハーモニーを歌ったりしてくだ
  さい。宜しくお願いします。」
                          2016.11.20小西寛子

●リリース情報
 アーティスト:小西寛子(Hiroko Konishi)
 タイトル: シーメイビーヒア(She may be here)
 品番:DSQI-12016〔Digital Music〕
 価格:オープン
 仕様:<Amazon,iTunes/Apple Music, Google play 他デジタル音楽ストア各店>
 発売日:2016年12月24日(土)
 BLOG:リンク
 TWITTER:リンク

●オフィススクワレル合同会社について
オフィススクワレル合同会社(www.acousticguitar.live)は、所属する小西寛子や
LITTLE CUREなどの音楽関連における企画製作、マネージメントオフィスです。
作詞・作曲からレコーディング、管理、映像作品製作まで幅広く対応し、各種メデ
ィア媒体への広告宣伝、PRまでおこなっております。特に独自の海外ネットワーク
を活用した音楽プロモーションで、各海外番組内楽曲取り扱いなどおこなっています。

●本件に関するお問合せは
オフィススクワレル合同会社 広報担当 高橋望 TEL:050-3699-0110
FAX:050-5846-5044  info@acousticguitar.live

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事