logo

「キリン 午後の紅茶」初のドリップティー!「午後の紅茶 THE DRIP TEA(ザ・ドリップティー)」12月1日(木)発売!~本格紅茶のおいしさをご家庭でもお気軽に~

キリン株式会社 2016年11月25日 14時00分
From Digital PR Platform


キリンビバレッジ株式会社(代表取締役社長:堀口英樹、以下、キリンビバレッジ)と 株式会社ドトールコーヒー(代表取締役社長:鳥羽豊、以下、ドトールコーヒー)とは、両社初となる紅茶のドリップ製品「午後の紅茶 THE DRIP TEA」を12月1日(木)より発売いたします。

■商品概要

1.商品名 : 「午後の紅茶 THE DRIP TEA」
2.発売地域: 通信販売(Amazon、楽天クーポン等)で展開。販路は順次拡大予定。
3.内容量 : 40g(20袋入)/ダージリン2g×10袋、ディンブラ2g×10袋
4.価格  : 925円(消費税抜き希望小売価格)
当商品は、ドトールコーヒーが今までに培ったドリップ製品のノウハウを活かし、キリンビバレッジが茶葉の選定や香味設計を監修した本格紅茶「午後の紅茶」初のドリップティーです。

今回、ドリップティーの共同開発が実現した背景には、両社に共通する“ものづくりへのこだわり”があります。既成概念にとらわれず、常に進化を続ける両社のコラボレーションが生んだ、 “本格紅茶のおいしさを家庭で気軽に楽しめるドリップティー”をどうぞご賞味ください。

■使用茶葉と味わいの特長
(1)ダージリン
「キリン 午後の紅茶 おいしい無糖」での使用茶種。「紅茶のシャンパン」と呼ばれ、グリーンで爽やかな香りと、引き締まった渋みが特長です。雑味のないすっきりとした味わいで、普段のお食事と一緒にお楽しみいただけます。
(2)ディンブラ
「キリン 午後の紅茶 ストレートティー」での使用茶種。
「セイロン紅茶の女王」と呼ばれ、バラのような華やかな香りと、程よい渋みが特長です。リラックスしたいティータイムなど、ケーキやお菓子と一緒にお楽しみください。
■ドリップのこだわり 
当商品の開発にあたり、紅茶の特長を活かせる“漬けおき型”のドリップタイプのフィルターを採用しました。漬けおき型のフィルターにすることで、茶葉1枚1枚がゆっくり、じっくり開き、紅茶本来の香り・味わいを引き出すことができます。また、漬けおき時間によって紅茶の濃度をお客様の好みで自由に調整いただくことも可能です。さらに、ドリップタイプにすることで、お湯を注ぐ際に立ちのぼる豊かな“茶葉の香り”をお楽しみいただけます。

■茶葉のこだわり
当商品(ダージリン、ディンブラ)は、クオリティーシーズン※1の茶葉を100%使用しております。また、抽出の早さと風味のバランスがよいとされるBOP(ブロークン・オレンジ・ペコ)※2を採用。これにより、茶葉の特長と味わいを最大限引き出しました。

※1<クオリティーシーズンについて>
紅茶は一年に何度も収穫されます。その中で、最もその紅茶の特長が出る収穫期は〈クオリティーシーズン〉と呼ばれています。
「ダージリン」のクオリティーシーズンは、3月~4月に摘まれるフルーティーな香りのファーストフラッシュ、5月~6月に摘まれる強い香りのセカンドフラッシュ、10月~11月に摘まれる強い渋みのオータムナルなどがあります。当商品はその3種をよりおいしさを感じていただけるようにブレンドしています。
「ディンブラ」のクオリティーシーズンは、1~2月で、ディンブラの特長であるバラを思わせる華やかな香りと強い渋みを感じられる茶葉が生まれます。

※2<茶葉のグレードとBOPについて>
紅茶のグレードは品質とは別物であり、茶葉の形状を区別する基準です。通常ティーバッグ製品にはファニングスやダストと呼ばれる、より細かいサイズのグレードの茶葉を使用しますが、当商品では、本格的な紅茶を楽しむために、抽出の早さと風味のバランスがよいとされるBOPを採用しました。当商品のダージリンのサイズは2~3mm、ディンブラのサイズは1~2mmです。抽出成分が、早く濃く出るのが特長で、短時間に抽出できるわりに濃厚さも、刺激的な快い渋味もしっかり持っていて、香りも備わっています。

■パッケージデザインについて
ビンテージフラワーをモチーフにし、キッチンやダイニングテーブルなどに置いておきたくなるような、暮らしに馴染むデザインを採用しました。気持ちが華やかになるおしゃれで上品なパッケージです。
個包装なので、友人や同僚へのプチギフトにも最適です。  
以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事