logo

TIS、与信管理ソリューション『SCORE LINK』の海外対応版を提供開始

TISインテックグループ 2016年11月24日 14時00分
From PR TIMES

~ 「英字決算書 読取機能」で、英字決算書入力の事務リスク軽減と入力時間短縮を実現 ~

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑野 徹、以下 TIS)は、与信管理ソリューション『SCORE LINK(スコアリンク)』の海外対応版として、英字決算書をOCR(Optical Character Reader:光学的文字認識)処理でデータ化する「英字決算書 読取機能」を持つ「SCORE LINK 海外版」を2017年1月より提供開始することを発表します。



 『SCORE LINK』は、国内の金融機関を中心に240社以上の導入実績がある与信管理ソリューションです。財務諸表入力業務を支援する「scoreENTRY(スコアエントリ)」、財務診断業務を支援する「scoreNAVI(スコアナビ)」の2つのパッケージで構成され、与信管理業務における財務登録業務の効率化、事務作業の軽減、紙による授受廃止によるペーパーレス化やセキュリティリスクの軽減を実現します。

 「SCORE LINK 海外版」では、「英字決算書 読取機能」により英字決算書の入力誤りによる事務リスクの軽減と入力時間短縮による作業効率の改善を実現します。

<「SCORE LINK 海外版」による英字決算書のデータ化フロー>
[画像1: リンク ]

 TISでは、「SCORE LINK 海外版」を、海外企業への融資業務を行う国内の金融機関や、海外企業との取引のある国内の商社や製造業、海外の金融機関などを中心に拡販していき、2020年までに15社、10か国への導入を目指します。

 また、「SCORE LINK 海外版」では「英字決算書 読取機能」を第1弾とし、利用シーンの拡大と精度向上のため、今後は決算書スキャン機能の中国語など多言語対応や、勘定科目の自動仕分け対応などの機能も随時強化していく予定です。

■「SCORE LINK 海外版」提供の背景
 日本企業のグローバル化を背景に、金融機関や商社、製造業を中心に海外企業への融資や取引は、拡大傾向にあります。しかし、海外企業への融資や取引の際には、自社の格付管理や与信管理システムに海外企業の英字決算書をデータ登録しなければならず、その作業負荷に課題がありました。また、海外企業の英字決算書では、日本語の決算書と表記が異なるため、手入力の場合、誤入力リスクが高いという問題もありました。

 そこで、TISでは、英字決算書のデータ化を可能とし、作業効率を改善する「SCORE LINK 海外版」を提供することで、これらの課題を解決します。

■「SCORE LINK 海外版」の概要
「SCORE LINK 海外版」は以下3つの特長を持つパッケージです。

1)OCRによるデータ解析で効率化と誤入力の回避
 英字決算書読取用のOCRエンジンを搭載し、科目領域(アルファベット読取モード)、金額領域(数字読取モード)でOCR読取時のモードを分け、自動でデータ化。これにより、英字決算書のOCR読取精度を向上させ、英字決算書データ登録の効率化や誤入力の回避を支援します。OCRの読取対象は、「損益計算書(Income statement)」「貸借対照表(Balance sheet)」「キャッシュフロー計算書(Cash flow statement)」「注記(Footnote)」などです。

2)システム画面も英語表記のため、現地スタッフでも使用可能
 システム画面や操作アシスト機能(各画面に操作方法を記載)の英語表記対応により、海外の現地スタッフでも利用可能です。

3)簡単な導入
 パッケージによる提供で、付属のインストーラにより簡単にインストールすることが可能です。導入対象のシステム要件は以下のとおりです。

[OS]
Windows 7 Professional SP1 アーキテクチャ:32-bit、言語:英語
[必要なソフトウェア]
1. .NET Framework 3.5 SP1
2. Windows Installer3.1
3. Adobe Acrobat Standard DC
※1、2については本システムのインストーラに同梱。

<「SCORE LINK 海外版」提供の参考価格>(税別)
システム導入費用 :1千万円~
パッケージ費用 :数百万円~
ランニング費用/年 :パッケージ費用の25%程度

■『SCORE LINK』について
 『SCORE LINK』は、財務諸表入力業務を支援する「scoreENTRY(スコアエントリ)」、財務診断業務を支援する「scoreNAVI(スコアナビ)」の2つのパッケージで構成された、与信管理ソリューションです。財務登録業務の効率化、事務作業の軽減、審査業務の標準化、紙資料の授受廃止によるペーパーレス化、セキュリティリスクの軽減、取引先とのコミュニケーション強化などを実現します。1997年の提供開始から、銀行、信金、保険などの金融機関を中心に240以上の企業に導入実績があります。

<『SCORE LINK』のカバー業務領域>
[画像2: リンク ]


『SCORE LINK』の詳細は以下URLをご参照ください。
リンク


TIS株式会社について
 TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。リンク

TISインテックグループについて
 TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。